Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Noriko Suzukiさんのログブック(旅行記)「バンクーバー一人旅」

バンクーバー一人旅

2015-06-22 - 2015-06-2515 Episodes
Noriko Suzuki
Travel Collector
Noriko Suzuki
  • 20s / female
  • Canada
Places visited
Canada

ロブソンストリート周辺は銀座かと思うくらいごちゃごちゃしているのに、ガスタウンやイェールタウンは洗練されていて、グランビルアイランドは南国のよう。おもちゃ箱のようなところだなと思った。いたるところにカフェがあり、珈琲とパンがおいしい。わたしと肌があっていたのか、日本より気楽に過ごせた。

  • 2Favorite
  • 5339view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/06/22

Robson Street British Columbia, Canada

Robson Street(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん)

日本の銀座みたいなかんじで有名なお店がギュッと集まってる。日本人とすれ違う率が高かった。あとよくわからないイケメンお兄さんに絡まれたからPoor at Englishで逃れてきた。

Carmana Plaza British Columbia, Canada

Carmana Plaza(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん)

これで夜の9時半くらい。ちょうどいま日照時間が長くて5:00〜22:00は明るい。ちなみに右のビルはバンクーバーで一番高いなんとかってビルらしい。

Day 22015/06/23

Granville Island British Columbia, Canada

グランビル アイランド(Granville Island)(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん)

元工場地帯の再開発エリア。橋の下にあって陸続きなのにアイランド。乗るバスと乗り方と降りるバス停を間違え近くにいた女性とドライバーにお世話になった。よく考えるとバスの全部間違えてたのによくたどり着けたな。

Granville Island British Columbia, Canada

グランビル アイランド(Granville Island)(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん) - 05

ヨット乗りが多い土地らしい。ここまでの疲労度合の関係でアクアバスには乗らなかった。ポンポン言うからポンポン船って愛称みたい。

Granville Island British Columbia, Canada

グランビル アイランド(Granville Island)(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん) - 03

目当てのギャラリーが土日のみって書いてあった。ガイドブックのバカ。

Granville Island British Columbia, Canada

グランビル アイランド(Granville Island)(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん) - 02

エミリー・カー美術学校。ここだけ空気がピンとしてて中に入る勇気はなかった。

Gastown British Columbia, Canada

Gastown(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん) - 02

起業家たちが夢見る一等地みたい。ヨーロッパ調でうわあってなるけど、チャイナタウン側は少し治安が不安でザワザワ。そそくさ退散。ウォーターフロント駅で路上ライブやってたイケメンお兄さんの歌が素敵で癒された。

Gastown British Columbia, Canada

Gastown(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん)

蒸気時計。学校のチャイムみたいな鐘が鳴る。15分に一回のペースで鳴るのに、そのたびみんなワォってなってて平和。

Vancouver Art Gallery British Columbia, Canada

Vancouver Art Gallery(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん)

前を横切ってきただけ。食指が動かなかったし拝観料が高い。

Vancouver Art Gallery British Columbia, Canada

Vancouver Art Gallery(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん) - 02

こちらは美術館と続きのショップ。よく考えると美術館の入り口がわからない。

Day 32015/06/24

Vancouver Public Library British Columbia, Canada

Vancouver Public Library(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん)

コロッセオばりの外観だけど図書館。熱心にPC使ってるおじさんはだいたいゲームか映画観てた。湿度の低さやばい。

JJ Bean British Columbia, Canada

JJ Bean(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん)

バンクーバーで愛されるカフェ。前を通るといつもシナモンぽい薫りするからお腹が減る。ハトとかスズメが人懐こくてかわいい。

ブリティッシュコロンビア(カナダ)|「Breka Bakery&Cafe。24時間空いてるというネカフェ状態のカフェ。ケーキがホールで売ってる。隣の席の中国人女性の声がうるさくて、同じ外国語でも英語は耳馴染みいいのになと思った。」バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん)

Breka Bakery&Cafe。24時間空いてるというネカフェ状態のカフェ。ケーキがホールで売ってる。隣の席の中国人女性の声がうるさくて、同じ外国語でも英語は耳馴染みいいのになと思った。

Day 42015/06/25

Carmana Plaza British Columbia, Canada

Carmana Plaza(ブリティッシュコロンビア, カナダ)|バンクーバー一人旅(Noriko Suzukiさん) - 02

出国の朝。おそらく滞在中で一番天気がいい。チッ

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 5339view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

一人旅
地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

2010-10-18 - 2010-10-19

Read more

  • 8Episodes
  • Masayuki Takahashi
2カ国目、カナダの首都、オタワに着いた。飛行機ではあるが国境を越えた。 国境を越えたからと言ってこの時点では何の変化も見られない。 カナダというと自然が豊かというイメージが先行しているが、実際に中心部に来てそのイメージが正しかったことを実感した。 その佇まいは田舎町のような静けさとその静けさの中に川、紅葉がかった木々、小動物の多さで、本当に一国の首都なのかと思ってしまうほど美しい町だった。 川を境にオタワが属するオンタリオ州、反対側はケベック州。対岸のガディノーという都市を含めた周辺都市とを合わせて都市圏を形成しているという事だが、面白いのは、ケベック州では公用語がフランス語だという事。 ただひたすら歩いた。 夜、宿では世界地図を広げ、次の目的地を考えた。 この旅にはガイドブックも持ってきていなければ、電子機器もない。唯一の情報源と言えば世界地図のみ。 その世界地図も安物だ。当然日本で発行されたものには書かれていない土地だってある。とりあえず地図を広げ目を通す。 東のモントリオールか。南のトロントか。 北アメリカ大陸東側での最終目的地はアメリカはフロリダ州のマイアミ。ここまで陸路で行くことになる。 物価の高い北アメリカでは余分に使える金がない。トロントに向かうことにした。ここまでくれば後はアメリカだ。 宿のドミトリーに同泊していたインド系イギリス人の彼がトロント行のミニバスを予約してくれた。彼曰く、最安値だと。 次の日、朝になって問題発生。同じ名前の待ち合わせ場所がもう一つあるという事が発覚した。前日に場所を確認しておいたのだが、そこではなく、もう一か所同じ名前の、6キロくらい離れたところだった。 バックパックを背負って2時間くらい歩いてようやく到着。 いざトロントへ。これから陸路での北アメリカ東エリア南下の旅が始まる。

Travel Collector: Masayuki Takahashi

  • 1
  • 349 views
地球一周の旅 カナダ―アメリカ合衆国・ナイアガラフォールズ

一人旅
地球一周の旅 カナダ―アメリカ合衆国・ナイアガラフォールズ

2010-10-24 - 2010-10-24

Read more

  • 16Episodes
  • Masayuki Takahashi
国境に近づいていくにつれ、その音は激しさを増していく。下には川が流れている。この川に沿って伸びる道路を進めば国境だ。再びアメリカへ入国する。 この国境の町、カナダ側をナイアガラフォールズと呼べば、アメリカ側も同じくナイアガラフォールズと呼ぶ。 カナダ側から見るナイアガラの滝は、その全体像を見ることが可能なのだが、いかんせん世界三大瀑布の一つ。滝壺から昇ってくる霧状になった水しぶきがその視界を遮る。 滝壺からは何メートルも高いところにあるにもかかわらず、水で濡れてしまう。 ナイアガラの滝を見るように架かる橋を渡るとアメリカ合衆国だ。 アメリカ側から見るナイアガラの滝もカナダ側から見るナイアガラの滝も大して差はないものの、より激しさを見たいのであればアメリカ側からみればいいし、全体を楽しみたいならカナダに行けばいい。 しかし、どちら側から見ようと自然の力というものを、大げさに言えば地球のエネルギーというものを感じる事には変わりない。 人間は絶対に自然に勝つことはできない。 アメリカに再入国し、もう少し滝を見たかったが、ここに留まることはできなかった。すべては懐事情による。 インフォメーションで確認すると、すぐ近くのバス停から近くの町に行くバスがあるという。その町の名は「バッファロー」。何て力強い名前なのだろう。 私以外に旅人と思われる人は一人もいなく、皆が皆その町へ向かう。やがて道路の先には高層ビル群が見えてきた。 隣のおばちゃんに聞くと、「そう、あれがバッファロー」と答えてくれた。

Travel Collector: Masayuki Takahashi

  • 0
  • 251 views
バンクーバー一人旅 バンクーバー一人旅

Back to Top of バンクーバー一人旅