Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Akira Naitoさんのログブック(旅行記)「内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】」

内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】

2008-06-22 - 2008-06-25 53 1504 64

いつぞやテレビか何かで見てからその名にも街の景色にも惹かれていきたいと願っていた場所【鳳凰】
豊かな川沿いに建ち並ぶ古い町並みはそれこそ歴史の只中に紛れ込んだかのようなノスタルジックな雰囲気。
エアーでひとっ飛びとかできないのでそれなりに時間がないと訪れることもできなさそうなのがこの景観を守ってくれてたのかもしれない。

ちょうど一年ほど前の2014年7月16日。
この街が大水害に見舞われたとのニュースが飛び込んできた。

とてもとても悲しく辛い出来事。
被災された人々、復旧に向けて今なお懸命に生きている人々。
そんな人々への祈りを込めて。

1日でも早くかつての賑わいが戻りますように。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2008/06/22

怀化客运站 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

怀化客运站(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 02

バスで現地に向かいます!
が、
今まで乗ってきた中でもかなりちっちゃい!

そんなに道が狭いのかな?

怀化客运站 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

怀化客运站(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん)

とりあえず荷物を抱えて乗り込むも、一向に出る気配なし...

出発時間関係なしで
満席になるまで粘ってからやっとの出発。
久しぶりのアジア感。

このとき、
隣に座った女の子が色々と話しかけてきてくれた。
今は香港に住んでるらしく
久しぶりの帰省らしい。

名前は满(マン)ちゃん。
しかーも、この子ったらなんと苗族なんだとか。

まさか少数民族の友達ができるとは!

「鳳凰に着いたら私についてきて!」
という満ちゃんの言葉に甘えることに。

怀化→凤凰
約2時間40分
31元

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん)

満ちゃんに宿まで紹介してもらう。

川沿いの素晴らしい立地なので
もちろんかなりのお値段。

さすがに高いなぁ...
でも、せっかく紹介してもらったしと
悩んでたら、
なんと少しおやすくしてくれたので
思い切って泊まることに。

そんなやりとりをした自分の心が小さく感じるほど
とっても素晴らしい景色!

思い切ってよかった。

宿代80元/日

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 03

部屋の外にはベランダがあって、
小さなテーブルと椅子も付いている。

これは日がな一日いても飽きないこと請け合い!

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 02

満ちゃんから誘われお昼ご飯へ。

なんと、満ちゃんの家族とご一緒させていただくことに。

これは青椒肉絲。

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 06

こちらはメモから察すると
「叫化鸡」という鳥の包み焼き。
今にして思えば相当なごちそういただいてる気がしてきた。

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 14

はい、と渡されたこれは
「酸萝卜」
大根の酢漬け。

これに唐辛子を振りかけて食べる。

お漬物がおやつになるとは...

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 17

満ちゃんと別れ、一旦昼寝。
起きるとすっかり夜になっていた。

城壁の外に出てみると
路上にはたくさんの露店が立ち並んでた。

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 18

夜にはライトアップまでされている。

個人的には派手すぎるのでどうかと思うんだけど
観光客にはこういうのが受けるに違いない。

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 21

こちらの橋はもっとすごいことに...
建築物としては橋に屋根がかかっていて
ホイアンの日本橋を思わせるけど全然趣違うわ(笑)

2日目2008/06/23

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 28

と、いうことで
今日はベランダにて昨日満ちゃんに買ってもらったキウイのドライフルーツをかじりながら
満ちゃんや出会った友達にもらったメールをひたすら書き写し訳していくという作業に没頭。

湖南省(中華人民共和国 (中国))|「これが昨日も頼んだ「血粑」」内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん)

これが昨日も頼んだ「血粑」

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 32

そして、こんにゃくの炒め物
「魔芋」

鳳凰のある湖南省は、
四川よりも辛いとのこと。

確かに辛い。

ただ大きく違うのは
四川が唐辛子と山椒の二つの辛さに対して、
湖南は唐辛子の辛さとお酢の酸っぱさが特徴なこと。

この炒め物も辛かったけどとっても美味しかった!

3日目2008/06/24

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 36

実は、宿からも川に降りられるらしく訪ねてみたら
下に降りる階段を教えてもらった。

なんだか秘密基地みたいでかっこいい!

湖南省(中華人民共和国 (中国))|「今日は一人で夕飯。
これは「酸肉」」内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん)

今日は一人で夕飯。
これは「酸肉」

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 48

こちらは「清炒苦瓜」ニガウリの炒め物。

これが鳳凰での最後の晩餐。
残念ながら、
満ちゃんが家に招待してくれてたんだけど
彼氏がものすごい嫉妬して揉めたらしく
お母さんからも外出禁止令が出たとのことで
お宅訪問は叶わず。

でも、そんな事情ならしょうがないかな。

4日目2008/06/25

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

凤凰 (Fenghuang/Phoenix City)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】(Akira Naitoさん) - 49

バイバイ鳳凰。

後ろ髪引かれる思いでバス乗り場へ。

街ももちろん素敵だったけど、
満ちゃんとの出会いがさらに街との距離を縮めてくれて
とても思い出深い場所の一つとなりました。

さぁ、次は思いっきり南下。
一気に雲南省昆明まで!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

すごくディープな中国の友人の結婚式へ行ってみた。

ローカル
すごくディープな中国の友人の結婚式へ行ってみた。

2014-10-03 - 2014-10-07

  • 83
  • Jun
仕事を通じて知り合った中国の友人が結婚するというので、彼の地元で行われるローカルな結婚式に、たった一人の日本人として混ざってきました。普通の旅行では体験できない、色々な地元の人たちとの暖かいふれあいが出来た旅でした。

作者: Jun

  • 1
  • 1292

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 11
  • 5460

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 5035

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2926

船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

一人旅
船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

2008-04-14 - 2008-04-17

  • 9
  • Akira Naito
今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

作者: Akira Naito

  • 5
  • 3251

中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

一人旅
中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

2014-07-16 - 2014-07-26

  • 30
  • Seki
今回は、甘粛省の蘭州から新疆の伊寧まで12日間旅をしました。 2日に1回は移動していたので、結構あっという間でした。 今回の主な目的は「絶景」「国境」「名物料理」でしたが、すべて達成できて内容の濃い旅となりました。 新疆地区の料理は、また行ってはしごしたいです。笑

作者: Seki

  • 6
  • 3510

大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

一人旅
大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

2004-03-01 - 2004-03-01

  • 3
  • Akira Naito
「中国にもマチュピチュがある!」そんな情報を聞いて目指したその場所。 雲南省の世界遺産にもなっている少数民族納西(ナシ)族自治州の麗江からさらにさらに道の奥。

作者: Akira Naito

  • 3
  • 1668

その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

一人旅
その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

2002-03-14 - 2002-03-15

  • 8
  • Akira Naito
顔に刺青を施す風習が残るという独龍族に会えたらなと思い向かったものの会えずじまいだった貢山からの帰り道。六庫という町で大理行きのバスに乗り換えようとした僕に客引きの声が耳に留まる。それは、貢山へ向かう直前大理のバス停で出会った強者パッカーが「あそこはいいとこだったよ」と言っていた町の名前だった。『片马?』その言葉に、僕は身体を屈めながらその町行きのワンボックスに乗り込んだ。

作者: Akira Naito

  • 6
  • 1046

内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】 内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】

内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】 トップへ