Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Yurie Maria Rosa Adachiさんのログブック(旅行記)「【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅」

【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅

2014-07-07 - 2014-07-0911 Episodes
Yurie Maria Rosa Adachi
Travel Collector
Yurie Maria Rosa Adachi
  • 20s / female
  • Italy
Places visited
Italy

イタリアのブーツのかかと部分に位置するプーリア州のUNESCO世界遺産、とんがり帽子の白い壁の家「アルベルベッロ」とフェデリコ2世が建てた不思議一杯な「カステルデルモンテ」の魅力を探しにレッツゴー!

  • 2Favorite
  • 3475view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/07/07

Castel del Monte Apulia, Italy

Castel del Monte(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん)

ようこそ、プーリア州へ!世界遺産カステルデルモンテ(丘の上の城)です。フェデリコ2世(日本では、フリードリヒ2世と呼ばれてますね!)が建てたお城です。不思議が一杯のお城なんです!

入場料:5ユーロ
行き方:アンドリア駅からカステルデルモンテ行きのバス(20分ぐらい)

  • Loved to be there!

Castel del Monte Apulia, Italy

Castel del Monte(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん) - 02

カステルデルモンテの謎その1、それは全てが「8」という数字に纏わるものなんです。8つの塔、8つの部屋、装飾(8枚のブドウの葉、8枚のひまわりの葉など)などなど。フェデリコ2世は、天文学や自然科学などに長け、イスラム教にも興味があったということもあり、キリスト教では8はイエスの復活の日、イスラム教では天国を表す吉数なのだそうです。
謎その2、ここには誰も住んでいませんでした。居城ではなく、戦争用の砦でもなく、何に使っていたかがまだ解明されていないお城なのです。
謎その3、入り口から入って出口に出るまで、必ず全ての部屋を通らないといけない、なんていうプライバシーゼロのお城。なーぜー?

  • Loved to be there!

Parco Nazionale Dell'alta Murgia Apulia, Italy

Parco Nazionale Dell'alta Murgia(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん)

カステルデルモンテはその名の通り、丘の上にあるのですが、お城の周りはアルタムルジャ国立公園となっていて、写真の通り、何もありません。広がるのは公園と、ブドウとオリーブ畑です。とても見晴らしの良い場所で、15キロ先の私の家からも見えますよ!週末になると、サイクリングやピクニックなどをしている家族もいます。

  • Loved to be there!

Day 22014/07/08

Polignano a Mare Apulia, Italy

Polignano a Mare(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん)

カステルデルモンテからアルベルベッロへ行く間に、ポリニャーノで休憩。ここは写真のように、崖と崖に挟まれたビーチです。夏になると、ここは海水浴客で一杯になってしまうのですが、観光客というよりローカルのスポットですね!このポリニャーノから南になると、海がさらに綺麗になってきます!それは次のログで。

  • Loved to be there!

Polignano a Mare Apulia, Italy

Polignano a Mare(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん) - 02

ここでランチ一休み。買ったブラータチーズというアンドリア市が発祥のチーズを食べます。割いたモッツァレラと生クリームが、モッツァレラの中に入っていて、割るととろーーーーっと(写真参照)。最近は日本にも輸入されているみたいです!是非お試しあれ!

  • Loved to be there!

Day 32014/07/09

Fasano Apulia, Italy

Fasano(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん)

ポリニャーノから南に下がっていくと、こんな大きなオリーブの樹々が見えるようになります。樹齢300年、400年とか、もうオリーブは作れなかったり品質はあまり良くなかったり。でも3人がかりで腕を回すぐらいの巨木を見ていると、圧巻!

  • Loved to be there!

Alberobello Apulia, Italy

アルベロベッロ(Alberobello)(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん) - 04

世界遺産のトゥルッリがあるアルベルベッロです!白川郷の姉妹都市なんですよ。イトリアの谷にあります。白い外壁にとんがり屋根。モルタル材などの接合材を使わない伝統的な建物です。実は、住居税に苦しめられていた住民が、石を積み上げるだけで簡単に解体できるように作られたものなんです。今はホテルやお店にもなっていますが、改装してまだ住んでいる人もいるんですよ。この写真は、アルベルベッロにあるミュージアムです。プーリアの暮らしなどがわかるようになっています〜!

電車:アルベロベッロ駅まではバーリ(州都)駅から私鉄FSE SUD-EST線
時間:1時間半
料金:片道4.90ユーロ

  • Loved to be there!

Alberobello Apulia, Italy

アルベロベッロ(Alberobello)(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん) - 05

これは、ミュージアムの中です。昔プーリアで使われていたキッチン用具や保存容器などが飾られています。よく見てみると、日本の古民家で使われているものに近い道具もあったり!

  • Loved to be there!

Alberobello Apulia, Italy

アルベロベッロ(Alberobello)(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん)

アルベロベッロは、モンティ地区とアイア・ピッコラ地区に分かれているので、反対側とこちら側で写真をパチリ

  • Loved to be there!

Alberobello Apulia, Italy

アルベロベッロ(Alberobello)(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん) - 02

トゥルッリの上のシンボル、気付きましたか?町の中を歩いていると、このシンボルによく出会いますし、お土産やさんでも、シンボルのネックレスや商品がたくさんあります。これって宗教的な意味合いや魔除けの意味があるそうです。いろいろなシンボルがあるので、全て意味がわかったら楽しいですよね!

  • Loved to be there!

Alberobello Apulia, Italy

アルベロベッロ(Alberobello)(プッリャ, イタリア)|【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅(Yurie Maria Rosa Adachiさん) - 03

帰ろうと思っていた、その時、ベルの音が聞こえたので見てみると、ちょうど、結婚式が始まる前でした!トゥルッリでの挙式、いい思い出になりますね!

この夏はプーリアの世界遺産を旅してみては?おいしいご飯も付いてきます!

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 3475view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅 【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅

Back to Top of 【世界遺産】イタリアプーリア州の世界遺産を巡る旅