Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「中国遼寧省 旅順を訪ねる旅」

中国遼寧省 旅順を訪ねる旅

2010-04-15 - 2010-04-18 16 911 1
Yuichi Kudo
Travel Collector
Yuichi Kudo
  • 30s / male
  • China
Places visited
China

今回の旅は私の大好きな中国です。
さらに!なかなかふつうのツアーではいかないようなディープなところ。かつての軍港旅順です。以前は観光客には解放されていなかったのですが近年訪問が可能となったのです。町並みは素朴でどこか懐かしく古き良き日本がそこにはあった気がします。

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12010/04/15

Dalian Liaoning, China

Dalian(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん)

千歳空港を出発しCZ652(中国南方航空)にて大連へ。大連を出発し旅順北路を通りホテルへ。大連から旅順までの道のりはバスで約1時間半。大都会大連を離れるとすぐに田舎道となりました。大連は大都会でしたが、旅順に近づくにつれどんどん田舎になっていきます。

  • Budget:0USD

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん)

旅順に到着です。ホテルにチェックイン。ホテルで少し休憩し夕食まで時間があったので周辺の散歩へ。旅順駅へ行きました。旅順軍港のすぐそばにあり、ロシア風の木造建築の駅です。大連駅より1日2往復の列車の運行があります。見学後ホテルに戻りました。

  • Budget:0USD

Day 22010/04/16

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 02

ホテルにて朝食後、まだ誰もいない旅順博物館へ。世界最大級の探検隊として三次にわたってシルクロードを旅した大谷光瑞コレクションで有名です。新疆の高昌古城アスターナ古墳から出土したミイラをはじめ、陶磁器、それらをいれる木造のケースも見事でした。約2時間かけて見学。

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 06

博物館向かいの旧関東司令部へ。満鉄線警備という目的で発足しましたが、その後1919年4月に独立した関東軍として編成され、ここに司令部を設置。その後、張作霖爆殺事件や満州事変、上海事変から日中全面戦争へと関東軍は深くからんでいきました。中は入れませんでしたので、外から写真撮影。

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 03

水師営会見所へ。乃木大将とステッセル将軍が旅順開城規約に調印したところで、歌にも歌われています。会見所の向かえにはトイレ&おみあげ屋があり中国らしい玉やら木製品やらがたくさん売っていました。レストランもあり昼食はここで食べました。

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 04

午後、203高地へ。標高が203mなので203高地なんですね。日露戦争の際、日本とロシアが旅順の争奪戦を行い激戦地となった場所です。緩やかな坂をのんびりと30分くらい上ると頂上へ着きました。結構な急こう配で良い運動になりました。

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 09

203高地のビューポイントからみた旅順の町並みです。ポートアーサーとかつては呼ばれ日露戦争の激戦地となった場所。その後の日本が悲惨な運命を辿る始まりとなった場所とも言えると思います。少し霧がでてはっきりと町並みは見れませんでしたが貴重な体験となりました。

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 07

203高地を見学後、引き続き旅順の市内見学です。午後は安重根の裁判が行われた高等法院を見学し、白玉山へ。2人乗りのリフトで標高175mの白玉山頂上へ。写真は表忠塔です。日露戦争後、戦死者を悼むため乃木大将らの提案で建てられました。

  • Budget:1000USD

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 08

一度ホテルに戻り少し休憩。その後ホテルから徒歩にて歴史あるヤマトホテルへ。夏目漱石、ラストエンペラー溥儀も宿泊し、川島芳子が蒙古の将軍の息子と結婚式を挙げたホテルです。内部も少しですが見学させてもらえました。今は古びたホテルなのですが、かつては著名人が泊まるところだったんですね。

Day 32010/04/17

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 11

朝の散歩。再び旅順の駅へ。駅近辺は、旅順の旧市街地であり、多くの歴史的建造物があり散策にはもってこいです。旅順駅は2009年6月、外国人立入制限区域ではなくなったが、旅順軍港に隣接することから近隣に多数の軍関連施設が所在するため、降車して付近を不用意に歩くことは難しいとされていた。しかし今はそれもかなり緩和され自由に歩くことができるのです。

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 05

早朝、ホテル周辺をのんびり散策しました。当時の日本軍の住居等を見ました。その後、大連に戻ります。大連に戻る途中、大連近郊の港に立ち寄りました。小さなフィッシュマーケットもありナマコ、干しアワビ等が売っていました。面白い。

旅顺口区 Liaoning, China

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 10

ナマコです。1つ300元。日本円にして1500円くらい。結構高いのですね。それにしてもどうやって食べるのでしょう。ギザギザしてますね。日本でも食べるのでしょうが、残念ながら私は食べたことがありません。今度トライしてみようかな。

Dalian Liaoning, China

Dalian(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 03

アジア号を正面から。各客車の車体長は当時の満鉄客車標準の全長24.67mで各車の自重は約57tとされたが、従来の工法・材質で製造すれば10t以上の自重増が見込まれており、軸受のローラーベアリング化と併せて走行抵抗の軽減に当時の技術で可能な限りの努力が払われていたことがわかるとの説明あり。

Dalian Liaoning, China

Dalian(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 02

大連到着。軽く市内観光へ。満鉄が誇るアジア号をを見に行きました。巨大な鉄の塊という印象です。こんなものが当時は動いていたのですね。1935年には大連・ハルピン間を1日1往復していました。当時に日本の力が表れているような印象。

ホテル日航 大連 Liaoning, China

ホテル日航 大連(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん)

アジア号を見学後、ホテルにチェックイン。夕食まで時間があったので、路面電車に乗りました。そして市内のおみあげ店にて買い物をしホテルに戻りました。街中はすごい人でした。路面電車の中もすごい人。日本でいうところの東京の通勤ラッシュです。

  • Budget:1500USD

Day 42010/04/18

ホテル日航 大連 Liaoning, China

ホテル日航 大連(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|中国遼寧省 旅順を訪ねる旅(Yuichi Kudoさん) - 02

早朝、ホテルを出発し大連の空港へ。CZ651便にて帰国となりました。写真は前日の夕食時に撮影。中国で刺身が食べれるとは。コンビニでもアサヒビールが置いてあったし日本人が多いからか?大連はとても日本人が住みやすい街だと思いました。

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

Japan_Tokyo,Matsuyama,Hiroshima,Hakata

一人旅
Japan_Tokyo,Matsuyama,Hiroshima,Hakata

2014-09-28 - 2014-10-08

  • 52
  • Seki
現在海外在住のため、休暇を利用して日本に遊びに行ってきました。 私にとってはこれも立派な旅行なので、ログを残したいと思います。

Travel Collector: Seki

  • 2
  • 947

北京

アート
北京

2015-03-06 - 2015-03-06

  • 5
  • 冨田伸明
福岡→大連経由北京 久しぶりの北京 四川料理 美味しい

Travel Collector: 冨田伸明

  • 0
  • 608

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

Travel Collector: Akira Naito

  • 13
  • 8081

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

Travel Collector: Daisuke Taniwaki

  • 17
  • 6708

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

Travel Collector: Yusuke Kon

  • 11
  • 4772

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 14
  • 3824

初めての広州。


初めての広州。

2014-04-15 - 2014-04-19

  • 62
  • Jun
広州で大規模な見本市が行われるので、行ってきました。深圳は良く行きますが、広州まで行くのは初めてなのでワクワクしました。

Travel Collector: Jun

  • 4
  • 4009

船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

一人旅
船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

2008-04-14 - 2008-04-17

  • 9
  • Akira Naito
今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

Travel Collector: Akira Naito

  • 7
  • 4385

中国遼寧省 旅順を訪ねる旅 中国遼寧省 旅順を訪ねる旅

Back to Top of 中国遼寧省 旅順を訪ねる旅