Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区」

中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区

2012-09-23 - 2012-09-27 17 883 1

今回の旅は中国湖南省、武陵源風景区へ。有名な映画アバターの撮影地としても知られ、その絶景はまさに中国山水画の世界でした。風景区に近いホテルでゆったりと連泊し2日間に分けて風景区内を堪能しました。大小さまざまな奇岩群が目の前に次から次へと現れ中国の自然の広大さを思い知らされました。やはり中国のスケールはすごい。また行きたい。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2012/09/23

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん)

千歳から中国東方航空(MU280便)にて上海経由で武陵源風景区の入口張家界へ。夜遅くにホテルにチェックイン。航空機の遅れ等がありやれやれという感じで疲れました。しかし明日からは絶景見学!しっかりと楽しむためにもすぐに休みました。

2日目2012/09/24

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 04

朝、ホテルを出発し武陵源風景区へ。入口は観光客でいっぱいです。極力並ばないで観光地を散策しましょうというガイドのはからいで、まずはミニトレインを利用し十里画廊へ。文字通り、山水画に描かれたような景色が画廊のように十里(約5km)続くことから名づけられました。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 09

ミニトレインでの観光が終わったら一度専用バスに戻り、次の絶景スポットへ。タイミングがいいのかちょうど霞がかかり幻想的な光景です。奇岩群が眼前に次から次へと現れます。中国には本当に素晴らしい景色があるといつもびっくりさせられます。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 10

その後、金鞭渓という散策コースへ。中国一のマイナスイオン濃度を誇るといわれております。約1時間の散策。道は歩道が整備されておりアップダウンもなく快適に散策できました。森林の中を散策するのはとても気持ちが良いものです。中国は広い。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 05

金鞭渓の散策後、風景区内のレストランにて昼食。お世辞にも綺麗なレストランとはいえず、まさに田舎の食堂という感じ。料理もとても素朴。しかし!味は最高!中国はこういうところがおいしいんです!午後は黄石寨へ。ロープウェイに5分ほど乗りどんどん上がっていきました。それにしてもすごい人でした。おそらく30分は並んだでしょう。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 02

ロープウェイに乗り頂上に到着。かなり高いところまで上がってきました。歩いて絶景スポットへ。映画アバターの撮影で使われた景色は絶景。少し曇っていますが、それがまた幻想的で素晴らしかった。まさに中国山水画の世界。自然の力恐るべし。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 03

風景区内は様々なところにビューポイントがあります。ここもそのうちの一つ。中国人は写真のポーズにすごく拘るため一枚の撮影にとても時間がかかります。なので、ビューポイントはいつも混雑。。しかし各スポット毎に必ず見学地名が書いた看板があるのが助かります。

3日目2012/09/25

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 11

さすが中国武陵源。広大な規模を誇ります。昨日たっぷりと見学したにも関わらずまだまだ見どころがあります。この日は天子山風景区へ。午前、高速エレベーターに乗り山頂へ。さすが中国、絶景の風景区に高速エレベーターがあるとは。ドイツ製のようです。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 08

昨日に比べ天気も良かった。奇岩群をより鮮明に見ることができました。霧がかかった景色もそれはそれで山水画みたいで素晴らしいが、奇岩がはっきりと見える景色もまた絵になる。写真は仙女が花を捧げる姿を連想させる仙女献花が真ん中らへんに見えます。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 12

昼食は天子山頂上にあるレストランにて田舎料理を食べました。素朴でしたが山菜などがたくさん使われておりおいしかったです。昨日に引き続きお世辞にも綺麗なレストランではありませんでしたが、今日の料理もうまい。山ならではの山菜は最高の鮮度でした。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 06

昼食後、専用バスに揺られながら午後は袁家界風景区へ。引き続き奇岩の見学です。午後は若干霧が発生してきました。その場所場所によって不思議と奇岩の形、色等が違うのが面白い。このあたりは魂が迷ってしまうといわれる迷魂台。すごい絶景です。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 07

これも絶景。長年かけてこうなったのでしょう。それにしても広大な規模に圧巻です。仙人が住んでいそう。アメリカのグランドキャニオン国立公園を連想するのは私だけでしょうか。まさかグランドキャニオンにも勝るとも劣らない広大な規模の絶景を中国でみられるとは。感激です。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 13

まるで水墨画の世界そのままの武陵源風景区ですが、実は映画アバターの撮影場所になっています。現地にはこんなものがありました。この看板を見て帰国後絶対にアバターを見ようと思ったのですが、いまだ見れていない。近いうちに見ます。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 14

武陵源風景区内の見学は終了しました。夕方、穴場スポットに行きました。知る人ぞ知る宝峰湖です。坂道に階段とかなり苦労しましたが、到着したら素晴らしい景色が待っていました。実はここは武陵源風景区でも穴場スポットとなっているところです。

4日目2012/09/26

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 15

この日はホテルをチェックアウトし索渓峪風景区へ。巨大な鍾乳洞「黄龍洞」を見学しました。内部はボートに乗っての見学。スロヴェニアのポストエナの鍾乳洞を思い出しました。昨日までとは異なった景色に満足。約2時間かけて巨大な鍾乳洞を堪能しました。

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area) 湖南省, 中華人民共和国 (中国)

武陵源の自然景観と歴史地域(Wulingyuan Scenic and Historic Interest Area)(湖南省, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん) - 16

午後、張家界の街へ戻ります。張家界では天門山風景区へ。世界一の長さを誇るロープウェイ(全長7455m、高低差1279m)に乗り約30分かけて天門山へ。自然にできた風穴は神秘的でした。見学後、張家界の空港へ。その後上海へ移動し1泊となりました。

5日目2012/09/27

puton 上海, 中華人民共和国 (中国)

puton(上海, 中華人民共和国 (中国))|中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区(Yuichi Kudoさん)

昨日は飛行機が遅れて深夜のホテル到着となりました。しかし飛行機は待ってくれません。約3時間の仮眠をとり、早朝ホテルを出発。上海浦東国際空港へ。MU便にて千歳空港へ。帰国となりました。帰りの機内では機内食も食べずに爆睡をしてこの旅は終わりました。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

すごくディープな中国の友人の結婚式へ行ってみた。

ローカル
すごくディープな中国の友人の結婚式へ行ってみた。

2014-10-03 - 2014-10-07

  • 83
  • Jun
仕事を通じて知り合った中国の友人が結婚するというので、彼の地元で行われるローカルな結婚式に、たった一人の日本人として混ざってきました。普通の旅行では体験できない、色々な地元の人たちとの暖かいふれあいが出来た旅でした。

作者: Jun

  • 1
  • 1227

内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】

一人旅
内陸に残る古き趣きを残す古城【凤凰】

2008-06-22 - 2008-06-25

  • 53
  • Akira Naito
いつぞやテレビか何かで見てからその名にも街の景色にも惹かれていきたいと願っていた場所【鳳凰】 豊かな川沿いに建ち並ぶ古い町並みはそれこそ歴史の只中に紛れ込んだかのようなノスタルジックな雰囲気。 エアーでひとっ飛びとかできないのでそれなりに時間がないと訪れることもできなさそうなのがこの景観を守ってくれてたのかもしれない。 ちょうど一年ほど前の2014年7月16日。 この街が大水害に見舞われたとのニュースが飛び込んできた。 とてもとても悲しく辛い出来事。 被災された人々、復旧に向けて今なお懸命に生きている人々。 そんな人々への祈りを込めて。 1日でも早くかつての賑わいが戻りますように。

作者: Akira Naito

  • 3
  • 1380

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 10
  • 5311

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 4798

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

作者: Yusuke Kon

  • 7
  • 3711

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2846

初めての広州。


初めての広州。

2014-04-15 - 2014-04-19

  • 62
  • Jun
広州で大規模な見本市が行われるので、行ってきました。深圳は良く行きますが、広州まで行くのは初めてなのでワクワクしました。

作者: Jun

  • 4
  • 2429

中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区 中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区

中国 湖南省 絶景世界遺産武陵源風景区 トップへ