Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Saki Suzukiさんのログブック(旅行記)「トルクメニスタン旅行-2」

トルクメニスタン旅行-2

2015-04-27 - 2015-04-2714 Episodes
Saki Suzuki
Travel Collector
Saki Suzuki
  • female
  • Turkmenistan
Places visited
Turkmenistan

中東の北朝鮮、と言われる鎖国国家、トルクメニスタン。
そこは、近代化と広大な自然が混在する不思議な国です。
この不思議な国に行ってみたい!

  • 0Favorite
  • 686view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/04/27

asgabat Ahal, Turkmenistan

asgabat(Ahal, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん)

昨夜のうちに、首都アシガバードから国内線で東の都、マリ(マル)へ。
本日は4WDでカラクム砂漠にあるマルグッシュ遺跡へ向かいます!
そうそう。
トルクメニスタンには日本車があふれています。
中でも人気はNISSANとTOYOTA。砂漠を走る4WDの性能の高さが買われているのだそうです。

  • Loved to be there!

Mary Mary, Turkmenistan

Mary(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん)

マルグッシュ遺跡までは車で砂漠を約3時間半。ブッシュのある場所でトイレストップ(もちろん青空トイレです!)した岩砂漠のど真ん中は、砂漠とは思えない鮮やかな花が咲き乱れていました。
砂漠に咲く花、なんだか生命の強さを感じます。

  • Loved to be there!

Mary Mary, Turkmenistan

Mary(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん) - 02

砂漠を悠々と歩くラクダの群れ。
かなり接近できますが、ツバ吐かれると大変なのであまりオススメはできません^^;
トルクメニスタンのラクダはヒトコブラクダだそうです。
ラクダ、今は野生のラクダはいないって知っていましたか?この子たちも、飼育されているラクダだそうです。
草花を食べるラクダ、愛らしさいっぱいです!

  • Loved to be there!

Mary Mary, Turkmenistan

Mary(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん) - 03

世界最古の文明が誕生した地(とされる)、マルグッシュ遺跡へ。
メソポタミアとかチグリス・ユーフラテスとかに並ぶ文明だ、とかガイドさんがいろいろ言ってたけど、西洋史(なのか?)苦手なので割愛。
とにかく広いです、この遺跡。

  • Loved to be there!

Mary Mary, Turkmenistan

Mary(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん) - 04

この遺跡、とにかく保存状態が悪い。
砂漠一面に、家の基礎に見える盛り土で区画整理されている。
これ、昔の家の壁、らしい。
そう言いながら、ガイド(発掘調査している人)さんガンガンその盛り土の上を歩く。
そして私たちも、ガンガン歩く(笑)。
私の前を歩いていたお姉さん、ガッツリ盛り土を崩す!!!
……保存の仕方…ちょっと考えたほうがいいんじゃないかなあ…(苦笑)

  • Loved to be there!

Mary Mary, Turkmenistan

Mary(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん) - 05

これはカマドの遺跡。
マルグッシュ遺跡のあちこちに、この竈の遺跡があります。
土が緑色に変色しているのは、高熱によって溶けた跡だそうです。確かによく見ると、土が溶けて流れたような跡。それがそのまま残っているなんて、不思議な感じ。

  • Loved to be there!

Mary Mary, Turkmenistan

Mary(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん) - 06

パンフレットによく出てくる、馬(?)の化石。
このマルグッシュ遺跡からはお墓も多く発見されています。この動物の化石も、大属とともに埋葬されたものだそうです。
このほかにも、犬やロバの化石も見ることができます。

  • Loved to be there!

merv Mary, Turkmenistan

merv(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん) - 02

マルグッシュを堪能した後はまた4WDで揺られ、次の中央アジア最大の遺跡、メルブ遺跡へ。
ここは遺跡同士が離れているので、遺跡間移動も車で。
遺跡の入り口に案内所があって、遺跡全体の模型を見ることができます。

  • Loved to be there!

merv Mary, Turkmenistan

merv(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん)

大キズカラ・小キズカラ(城塞)は有名。
大キズカラは数年前に世界遺産に登録されて、柵が張り巡らされて中に入れなくなってしまっていた…残念。
この大キズカラ、壁が2重構造になっています。外側の壁は、内側に向かって傾斜があり、内側の壁は垂直に。こうすることによって、断熱効果があったのだそうです。

  • Loved to be there!

Merv Mary, Turkmenistan

Merv(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん)

しかし何より残念だったのは!

添乗員さんの悲鳴。
「小キズカラがなくなってる!!!!!私が7年前に添乗した時はちゃんと壁だったのに!!」

添乗員さんの視線の先には、かろうじて城壁だったのかな?と思わせる、土の山。
たった7年で、城壁が土山に変化しちゃったの…?
やばい。世界の遺跡、どんどん消えていくぞ…!!早いとこあちこち見に行かなきゃ!!!

  • Loved to be there!

Merv Mary, Turkmenistan

Merv(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん) - 03

遺跡の中にあるモスクのそばで、トルクメニスタンの女性たちと。
トルクメニスタンは戒律はさほど厳しくないもののイスラム圏。女性にカメラを向けるのはご法度です。この時も、「お願い!」と頼んで、一緒に写真を撮ってもらいました!
女性がかぶっているスカーフは、既婚者の印なんだそうです。スカーフの中は、上手に髪を盛っています。

  • Loved to be there!

Merv Mary, Turkmenistan

Merv(Mary, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん) - 02

セルジューク朝最後の王様の霊廟、スルタン・サンジャール廟。
遺跡の中でひときわ目立つ、ドームを掲げた遺跡ですが、いかんせん外側の修復がきれいすぎ…。

  • Loved to be there!

Ahal(トルクメニスタン)|「ムハンマド・イブン・ゼイド廟。
メルブ遺跡の中には廟がいくつかあり、聖地としていまでも巡礼者が訪れます。
この廟の向かいには一般人が家を構えて住んでいました!
遺跡の中に住めるんだ!!」トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん)

ムハンマド・イブン・ゼイド廟。
メルブ遺跡の中には廟がいくつかあり、聖地としていまでも巡礼者が訪れます。
この廟の向かいには一般人が家を構えて住んでいました!
遺跡の中に住めるんだ!!

asgabat Ahal, Turkmenistan

asgabat(Ahal, トルクメニスタン)|トルクメニスタン旅行-2(Saki Suzukiさん) - 02

夜の便で、マリから首都・アシガバードへ戻ります。
海外旅行はとにかく移動、移動、移動。トルクメニスタンももれなく移動、移動、移動です。が、飛行機での移動がとにかく多かったように感じます。
アシガバードに戻ったら、翌日はダルワザへ。いよいよハイライトの地獄の門へ行きます!

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 686view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

トルクメニスタン旅行-2 トルクメニスタン旅行-2

Back to Top of トルクメニスタン旅行-2