Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Takuo Shikataさんのログブック(旅行記)「世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ」

世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ

2015-03-04 - 2015-03-0930 Episodes
Takuo Shikata
Travel Collector
Takuo Shikata
  • male
  • Brazil
Places visited
Brazil

世界一の流域面積を誇る南米・アマゾン川。
その雄大さを思う存分味わうべく、クルージングに。
でも、そこは豪華な船旅ではなく、持参のハンモックで寝るスタイル。

ブラジル北部の都市ベレン~マナウスまでの一生の思い出に残る5泊6日のエキサイティングな船旅

  • 2Favorite
  • 1393view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/03/04

Porto de Belém Pará, Brazil

Porto de Belém(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん)

ブラジル・ベレン~マナウスまでの5泊6日 アマゾン川クルーズの始まり

出港予定時刻19:00を過ぎても船は動きださず、結局1時間遅れでベレン港を後に

  • Loved to be there!

Porto de Belém Pará, Brazil

Porto de Belém(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 02

この船旅の醍醐味はなんといってもハンモックで寝泊まりするところ 乗船後、まずは場所取りとハンモックをかける作業に取りかかる乗客

もちろんベッドが備え付けられた個室完備

ハンモック旅はベレン~マナウスまで180レアル(約7,000円)

  • Loved to be there!

Porto de Belém Pará, Brazil

Porto de Belém(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 03

ハンモックの取り付けが終わると船内はとってもカラフル

場所取りのポイントは、夜には風で寒く感じるため、デッキの内側でトイレから離れたところがおすすめ

ハンモックはベレンの市場で1000円程度から購入できる

  • Loved to be there!

Porto de Belém Pará, Brazil

Porto de Belém(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 04

遠ざかるベレンの街並み

現地在住の日本人によると、近年ベレンも不動産バブルに沸いており、湾岸エリアには次々と新しいマンションが立ち並び、高級住宅街に変貌しつつあるよう

  • Loved to be there!

Day 22015/03/05

Almeirim (Río Amazonas) Pará, Brazil

Almeirim (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん)

人生初の船上でのハンモック就寝でしたが、リバークルージングのため大きな揺れもなく、ぐっすり眠ることができた

目が覚めると、どこまでも続く川の景色 ほとんど風景は変わらず、アマゾン川の雄大さを実感!

  • Loved to be there!

Almeirim (Río Amazonas) Pará, Brazil

Almeirim (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 02

ぼーっと川を眺めていると、何やら船の周りに小さいボートが集まってくる

何かと思えば、船から次々とビニール袋が投げ込まれ、ボートがそれを回収していく

なんでもその袋の中には洋服などが入っており、アマゾン川流域に住む人々への支援物資なのだ

  • Loved to be there!

Almeirim (Río Amazonas) Pará, Brazil

Almeirim (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 03

川の両岸には、ところどころに家が立ち並んでる

アマゾンの民にとっては、ボートが生活の足となっていて、小さな子どもでも、モーターボートを運転している姿を時々見かける

  • Loved to be there!

Almeirim (Río Amazonas) Pará, Brazil

Almeirim (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 04

船内の探検

こちらはシャワー室 男女は別々

残念ながらお湯は出ないが、日中シャワーを浴びる分には水でも全く問題なし。

  • Loved to be there!

Almeirim (Río Amazonas) Pará, Brazil

Almeirim (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 06

食堂

朝はパンとコーヒ
昼と夜はお弁当のようなセットが販売される

ブラジルは肉食文化なので、メニューも牛or鶏・ご飯・豆・パスタ

6日間大きな変化はなく、3日も過ぎればさすがに飽きてしまう

  • Loved to be there!

Almeirim (Río Amazonas) Pará, Brazil

Almeirim (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 07

食事をするには、まずは船内の売店で食券を買わないといけない

昼食・夕食ともに10レアル(約400円)

  • Loved to be there!

Almeirim (Río Amazonas) Pará, Brazil

Almeirim (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 08

肉食大国ブラジルらしい豪快な食事

女性にはすこし量が多いかもしれない

さすがにこれを食べた後は胃が重く、ハンモックで休憩zzz

  • Loved to be there!

Almeirim (Río Amazonas) Pará, Brazil

Almeirim (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 05

トイレ 

乗組員が定期的にトイレットペーパの補充をしてくれるので、船に持ち込まなくても問題はなし

流れる水は濁っていて、最初は少し抵抗感があったけれど、2日もすれば目も慣れてくる

  • Loved to be there!

Almeirim (Río Amazonas) Pará, Brazil

Almeirim (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 10

洗面台

残念ながらこの蛇口から流れる水は茶色
でもブラジル人の乗客はそんなことお構いなしと
歯磨きの後、その水で口をゆすいでいた

近くにウォータークーラーがあるので、飲料用は
すべてそちらから

  • Loved to be there!

Almeirim (Río Amazonas) Pará, Brazil

Almeirim (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 09

デッキで携帯電話とにらめっこをしているフランス人観光客を発見

何をしているのか尋ねてみるとGPSで現在地を確認している最中で、ベレン出港から24時間ほど ようやくアマゾン川に突入

ここまでの川はアマゾンではなかったのか。それは知らなかった

Welcome to Amazon といった標識があるわけでもないので、分岐点は定かではなかったが、さすがは世界一の流域面積を誇るだけあって、川幅が一気に広くなった

  • Loved to be there!

Day 32015/03/06

Santarém (Río Amazonas) Pará, Brazil

Santarém (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん)

船旅も3日目を迎えるとだんだんやる事もなくなって退屈になってくる

他の乗客はどのように時間を過ごしているのか 一番多いのはやっぱりカードでの賭け事 表情は真剣そのもの

  • Loved to be there!

Santarém (Río Amazonas) Pará, Brazil

Santarém (Río Amazonas)(Pará, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 02

夜の時間潰しはメロドラマ

その人気は万国共通。乗客も食い入るように毎晩テレビに見入っていた

  • Loved to be there!

Day 42015/03/07

Paritins (Rio Amazonas) Amazonas, Brazil

Paritins (Rio Amazonas)(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 03

4日目 船旅も半分を過ぎ 残りの航路の方が短くなってきたはずなのに、周りの景色は一向に変化なし 

アマゾン川の偉大さを改めて実感

サンデッキにて読書タイム 川からの風が心地よい

  • Loved to be there!

Pará(ブラジル)|「昼寝は乗客みんなの日課

ゆらゆら揺れるハンモックはちょうどいい具合に眠気を誘ってくれる

日中は気温も上がるが、ハンモックの上なら涼しく快適に眠れる」世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん)

昼寝は乗客みんなの日課

ゆらゆら揺れるハンモックはちょうどいい具合に眠気を誘ってくれる

日中は気温も上がるが、ハンモックの上なら涼しく快適に眠れる

  • Loved to be there!

Paritins (Rio Amazonas) Amazonas, Brazil

Paritins (Rio Amazonas)(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん)

突然小型ボートが接近

まさか海賊?と一瞬頭をよぎったが、よくみてみると船にロープをくくりつけて併走 ガソリン切れ?

気になって観察していると、彼らは行商ではないか
さすがに船の上で毎日同じようなものを食べていたので、飽きてきたころだ

  • Loved to be there!

Paritins (Rio Amazonas) Amazonas, Brazil

Paritins (Rio Amazonas)(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 02

行商が残していってくれたのはなんとエビ

さすがに肉ばかりに胃が疲れていたところに、待ってましたぞとばかりにシーフード 

小ぶりだけど、食べ出したら止まらない!

  • Loved to be there!

Day 52015/03/08

Itacoatiara (Río Amazonas) Amazonas, Brazil

Itacoatiara (Río Amazonas)(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 02

途中いくつかの港で停泊したものの、最終目的地マナウスまでの道のりはまだまだ

船旅も後半に入って天気がよくなってきた

  • Loved to be there!

Itacoatiara (Río Amazonas) Amazonas, Brazil

Itacoatiara (Río Amazonas)(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん)

時折停泊する港には行商の姿

期待して買ったお昼ご飯も、中身は肉・米・スパゲティと船内の食事と大差なしでがっくり

少しだけ値段が安かったのが唯一の救い

  • Loved to be there!

Itacoatiara (Río Amazonas) Amazonas, Brazil

Itacoatiara (Río Amazonas)(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 03

到着地マナウスは100万都市
5日も航行しているが、周りの景色はいっこうに変わらず
本当に目的地に向かっているのか?操縦室のキャプテンに尋ねてみる

「概ね予定通りだ」 ラテンタイムは当てにできないが、少なくともトラブルはなさそうだ

船長はカラオケで熱唱♪しながら上機嫌で舵を操作している 

ラテンらしい雰囲気

  • Loved to be there!

Day 62015/03/09

Manaus (Río Amazonas) Amazonas, Brazil

Manaus (Río Amazonas)(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 03

誰が持ってきたのかたこ足配線で携帯の充電

意外に準備をしっかりしたブラジル人 ゲームをしたり音楽を聴いたり 彼らにとっても携帯は欠かせないアイテム

  • Loved to be there!

Manaus (Río Amazonas) Amazonas, Brazil

Manaus (Río Amazonas)(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん)

雨が降り出すと船内も水浸しに

荷物はすのこがあり、その上に置いていれば濡れる心配もなし ハンモックの上にいれば特に気にもならない

後は乗務員が水切りで作業してくれるのを待つのみ

  • Loved to be there!

Manaus (Río Amazonas) Amazonas, Brazil

Manaus (Río Amazonas)(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 02

船着き場しかないようなところは、船が寄港できないため、渡し舟がやってきて乗客を町まで運ぶ

見てるこちらが冷や冷やする移動だが、現地の人にとっては慣れっこ みんな軽々と荷物を抱えて渡し船に乗り換えていく

  • Loved to be there!

Porto de Manaus Amazonas, Brazil

Porto de Manaus(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん)

日没を迎え辺りが暗くなると、遠くにようやくまばゆいばかりに輝くマナウスの街が見えてきた

この5日間、これほどの明かりを見てこなかったせいか、まぶしいくらいに感じてしまう

  • Loved to be there!

Porto de Manaus Amazonas, Brazil

Porto de Manaus(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 02

にわかに下船準備に慌ただしくなる船内

6日間一緒に旅をしてきたハンモックもお別れの時

“近所”のハンモックで寝泊まりした地元の人とも挨拶を交わす

乗客の9割以上はブラジル人のため、外国人は珍しがられ、いろいろ声をかけてもらえる

朝はいろいろなグループに誘われ、何杯もコーヒーを飲んで一日が始まっていたが、そうした日々ももう終わりを迎える

  • Loved to be there!

Porto de Manaus Amazonas, Brazil

Porto de Manaus(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 03

150時間近いリバークルージングを経て ようやくマナウスに到着

乗客の家族やタクシーの呼び込みが港に集まり、再会の時を待ちきれない様子

  • Loved to be there!

Porto de Manaus Amazonas, Brazil

Porto de Manaus(Amazonas, ブラジル)|世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ(Takuo Shikataさん) - 04

ベレン~マナウスまでアマゾン川をクルージングしてくれた船ともお別れ

今回は21時頃に到着しましたが、深夜に到着した場合は、船の中のハンモックで朝が来るまで待機してもよいとのこと

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 1393view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

マ~クドワ~ルド!!プロギャンブラーが届ける世界のマックMMM


マ~クドワ~ルド!!プロギャンブラーが届ける世界のマックMMM

2008-06-11 - 2012-03-17

Read more

  • 45Episodes
  • Nobuki Arai
新しい目的地へ着いたら、僕はまずマックへ入ることが多い。 どこでもできることをあえてすることで、世界を比較でき、その国を把握してく。 マックはその国の多くを物語ってくれる。 ①オープン時間で治安を把握/何時までこの街は人の動きがあるのか?オープンしてる時間はその付近なら安全と知れる。24時間営業のとこがあったら、その街の治安はかなり良好。警備員がいるかもポイント。夜に開いてるけど警備員もいる場合は、治安が良い訳でもないと認識。 ②オープン時間で街タイプを把握/各店舗の営業時間をチェック。閉店の早いとこはビジネス街とかで、昼間に散歩する場所。他店舗より遅くまで営業してるとこは、夜もにぎやかな街なので、夜に散歩する場所。 ③どのあたりにマックがあるのか?マックがある所は、街の中心地が多い。中心地を把握することは、街の散歩に必須。目印にもなるし。 ④各国コスト比較/よくハンバーガーの値段が言われる。僕はビックマックセットやコーヒーで比較するのがベストって考えてる。ハンバーガーだけ安い国もあるので。コーヒーは僕がどの国でもオーダーするので。 ビックマックセット⇒カナダ500円/アメリカ730円/スイス1000円/デンマーク1200円/ノルウェイ1400円/日本600円⇒ちなみに世界どこでも同じ味と量だと思ってる。 コーラ&コーヒー⇒日本&北米100~170円/ヨーロッパ平均280円 ⑤紙ナプキン/世界の半数以上では、設置されてない。盗まれる可能性が高いからかも?紙ナプキンが設置されてたら「まあ悪い国でもないのかな?」なんて思ってる。 ⑥客層による国の貧富さ⇒中国では、マックへファミリーで行くのがちょっとしたステータスっぽかった。/マケドニアでは、サラリーマンや裕福そうな人が多め。/インドネシアでは、正装した紳士淑女がテーブルを縦一列に並べ、豪邸のダイニングルームと化してたことも。/アメリカでは、リッチ層は少なめで貧乏層が多め。 ⑦汚さ/今まででダントツに汚かったオーストラリア。ゴミ箱同然だった。ポテトの投げ合いを2日連続で見たのはここのみ。床には投げられたケチャップ付きポテトまで散乱。オーストラリアは性犯罪率も、先進国では最低レベル。汚い国は汚い人間が多い可能性も。 ⑧自分で片付けるか?/ゴミ箱はどこにでも設置してある。食べ終わったあと、自分でゴミ箱へ入れる人の割合は?自分がテーブルに着くとき、キレイなほうがいい。自己中度合いが見えてくるとこ。豪のテーブルの上はビックリするほどゴミの山。自分で片付ける人はごくわずか。欧も片付けない自己中率が高め。逆に自己中の多い米は、自分で片付ける人が多め。つまり米より、実は豪や欧のほうが自己中度が高いということかも。 ⑨給料比較/インドネシアでは深夜清掃の月給4000円、レジ打ちが月給8000円 スイスの時給2000円。 ⇒同じ仕事してるのに生じる資本主義『お金』の矛盾さ。 僕が「世界のゆがみ」&「お金の矛盾」を一番勉強し悟れたところがマック。 そんで注文は常にコーヒーのみ。 食事はマックでせずに、「歩き方」を読んでおいしそうな街や店を考える。 といってもアメリカは食事がまずいので、マックで食べるほうがおいしいことに、数年かかって気付いたけど。 なので現在、食文化が低い国や長期滞在のアメリカでは、マックでも食べてる。 安いし、早いし、長居できるし、深夜までやってるし。 まあコーヒー飲みながら、旅のプラン/予算/日記/予習するのにとても便利。 Ⅰ’m love it. (マックが各国に複数あるため、場所を示す為にほかの場所をマッピングしている国があります!)

Travel Collector: Nobuki Arai

  • 4
  • 3411 views
世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ 世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ

Back to Top of 世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ