Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Hiromi Yamashitaさんのログブック(旅行記)「コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅」

コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅

2013-11-14 - 2013-11-1610 Episodes
Hiromi Yamashita
Travel Collector
Hiromi Yamashita
  • female

タイは敬虔な仏教徒の国として知られています。男の子は、一生のうち一度は出家生活を経験するとも。そんなタイで、寺院をめぐる一人旅に出てみました。お寺に参拝しながらしみじみとし、コムローイの美しさに息を呑んだ3日間でした。

  • 1Favorite
  • 787view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12013/11/14

Suvarnabhumi Airport (BKK) ท่าอากาศยานสุวรรณภูมิ Samut Prakan, Thailand

スワンナプーム国際空港c/Suvarnabhumi Airport (BKK)(サムットプラーカーン, タイ)|コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅(Hiromi Yamashitaさん)

「黄金の土地」という意味を持つスワンナプーム国際空港。ドイツ人建築家のヘルムート・ヤーンが設計した斬新なデザインで知られています。
タイはバンコクの玄関口として、世界中から人が集まります。
そして、今日は私もその一人。

  • Loved to be there!

พระบรมมหาราชวัง (The Grand Palace) Bangkok, Thailand

王宮(The Grand Palace)(バンコク, タイ)|コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅(Hiromi Yamashitaさん)

バンコク観光の最大の目玉スポットが、ここワット・プラケオ。
タイで最高の地位と格式を誇り、王室の守護寺でもある由緒正しき寺院です。
ここを訪れずにバンコクは語れない、といっても大げさではないでしょう。
それほど圧倒される豪華さと規模です。

  • Loved to be there!

พระบรมมหาราชวัง (The Grand Palace) Bangkok, Thailand

王宮(The Grand Palace)(バンコク, タイ)|コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅(Hiromi Yamashitaさん) - 02

白く巨大な塀に囲まれています。
「王宮」と呼ばれたり、「グランドパレス」と呼ばれたりもします。
ラーマ1世が2世紀前(1782年)ラタナコシン王朝を始める際、国王が住む「王宮」と国家の行事をする、お寺である「ワット」を同じ場所に作ったためにいろいろな呼び名があるそうです。

  • Loved to be there!

พระบรมมหาราชวัง (The Grand Palace) Bangkok, Thailand

王宮(The Grand Palace)(バンコク, タイ)|コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅(Hiromi Yamashitaさん) - 03

絢爛豪華な建築物に、それを守るかのようにこちらも豪勢な彫像が立ち並んでいます。
広大な敷地の中にある仏塔には、仏陀の遺骨が収められており、タイはもとより世界中から仏教との人々が訪れています。

  • Loved to be there!

MBK Center (เอ็ม บี เค เซ็นเตอร์) Bangkok, Thailand

マーブンクロンセンター(MBK Center)(バンコク, タイ)|コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅(Hiromi Yamashitaさん)

地上7階の巨大モールがMBK(マーブンクロンセンター)。
民芸品、衣類、お菓子に電化製品など、まるで巨大ドンキホーテを思わせる内容。
アミューズメントパークの気分で買い物が楽しめます。マーケット感覚で値切ってみるのも一興。

  • Loved to be there!

Dhammakaya cetiya Pathum Thani, Thailand

Dhammakaya cetiya(パトゥムターニー, タイ)|コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅(Hiromi Yamashitaさん)

バンコクの北、パトゥムターニー県にあるワット・タンマンガーイ。
タイはもとより世界各国から仏教徒が瞑想のために訪れています。
寺院の中心部には、30万体の金の仏像によって屋根が覆われている施設があります。
Dhammakaya Cetiyaと呼ばれているらしいけど、ちょっとびっくり。

  • Loved to be there!

Day 22013/11/15

วัดอรุณราชวรารามฯ (Wat Arun Rajwararam) Bangkok, Thailand

ワット・アルン(Wat Arun)/暁の寺(バンコク, タイ)|コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅(Hiromi Yamashitaさん)

「暁の寺」を意味するワット・アルン。
歴史を辿っていくと、時はいにしえのアユタヤ王朝までさかのぼります。
バンコク「トンブリー地区」にあり、目の前にチャオプラヤ川が流れてます。

  • Loved to be there!

วัดอรุณราชวรารามฯ (Wat Arun Rajwararam) Bangkok, Thailand

ワット・アルン(Wat Arun)/暁の寺(バンコク, タイ)|コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅(Hiromi Yamashitaさん) - 02

タイで最も有名な寺院のひとつ。
色鮮やかな陶器片のモザイクで飾られていて、きれいなお寺です。
ヒンドゥー教色のかなり強いお寺でもあります。
階段で大仏塔に昇ると、バンコク市内を一望できます。これは絶景!!

  • Loved to be there!

วัดพระเชตุพนวิมลมังคลารามฯ (Wat Pho) Bangkok, Thailand

ワット・ポー(Wat Pho)/涅槃寺(バンコク, タイ)|コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅(Hiromi Yamashitaさん)

「大きな寝てる大仏があるところ」として有名なワット・ポー。
バンコク三大寺院のひとつです。
実際にみた大寝釈迦仏は、写真で見るよりもはるかに迫力があります。
バンコク最古の寺院ですが、王朝のラーマ3世が涅槃像を祀る本堂とその回廊、礼拝堂や仏塔などを建立させました。
同時にタイ初の古典医療の拠点として発展した歴史があり、19世紀タイの知の殿堂という側面も持っています。

  • Loved to be there!

Day 32013/11/16

Mae Jo University Chiang Mai, Thailand

メージョー大学(Mae Jo University)(チェンマイ, タイ)|コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅(Hiromi Yamashitaさん)

今日はタイ北部のチェンマイに向かいます。
目的は、仏教徒のお祭りコムローイ祭り。
仏陀への感謝を込めて、みなで一斉にランタンを打ち上げます。
夜空をバックに漂うランタンは、息を呑む美しさ。
タイ各地で行われますが、一番有名なのはチェンマイのメージョー大学のもの。
初めてなら、日本からのツアーで行くのが一番簡単。ややお高めだけど、場所取りの心配もいりません。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 1Favorite
  • 787view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅 コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅

Back to Top of コムローイに出会う――タイ寺院めぐりの旅