Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Arikawa Satokoさんのログブック(旅行記)「フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所」

フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所

2014-07-30 - 2014-07-3012 Episodes
Arikawa Satoko
Travel Collector
Arikawa Satoko
  • female
  • France
Places visited
France

パリから日帰りできるフォンテーヌブロー宮殿。一部改修中。歴代のフランス国王の痕跡の他に、ナポレオンのコートや遠征の時に使った道具を見ることができます。お城の中も素敵ですが、花壇から見る大運河の眺めが好きです。

  • 0Favorite
  • 334view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/07/30

Jardin de Diane Île-de-France, France

Jardin de Diane(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん)

入り口を間違えてしまい、ディアヌの庭園に迷い込んでしまいました。近隣の人が休めるように解放されている庭園。案内板を頼りに宮殿入口まで行くことに。

  • Loved to be there!

Château de Fontainebleau Île-de-France, France

Château de Fontainebleau(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん)

宮殿内、サン・サテュルナン礼拝堂。天窓と内陣の窓から光が注いで美しい礼拝堂。細かいけれど、天井装飾がひとつひとつ施されている。Mのイニシアルはマリー・ド・メディシスのM。

  • Loved to be there!

Château de Fontainebleau Île-de-France, France

Château de Fontainebleau(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん) - 03

ディアナの回廊。廊下まるまる突き当りまで本棚!手前にあるのは地球儀。ナポレオン三世が今の状態に改築。上が王政のフランスならこちらは帝政のフランスがうかがえる。

  • Loved to be there!

Château de Fontainebleau Île-de-France, France

Château de Fontainebleau(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん) - 02

トリニテ礼拝堂。コンサートにも使われているのかな?ピアノの練習をしている人がいました。音の反響がすごいので下で弾いているはずなのに、音が上から降ってくるように聞こえました。

  • Loved to be there!

Le Grand Parterre Île-de-France, France

Le Grand Parterre(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん) - 03

お城の中を見終わったらお庭へ。フランス式の花壇から鯉の池越しにお城を振り返ると、水に浮かんでいるように見える。風で小波が立っていますが、水面が静かな時はきれいにお城が映り込みます。

  • Loved to be there!

Le Grand Parterre Île-de-France, France

Le Grand Parterre(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん) - 04

フランス式花壇。芝がきっちり四角形をしています。花の植え込みも直線で芝の中に四角を描くように植え込まれています。夏なのでいろんな花がいっせいに咲いていてきれいでした。

  • Loved to be there!

Le Grand Parterre Île-de-France, France

Le Grand Parterre(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん)

花壇が結構広いので、ぐるりと回れるように二頭立ての馬車がいました。レースを被っていますが夏の日差しがすごく眩しそうにしている馬さん

  • Loved to be there!

Le Grand Parterre Île-de-France, France

Le Grand Parterre(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん) - 02

フォンテーヌブローで一番好きなのが大運河。お城の中で微細な装飾を見た後に見るこのダイナミックさのギャップが好き。ヴェルサイユとはおもむきは異なりますが「治水技術」が権力の証の一つだと思える場所。

  • Loved to be there!

Étang des Carpes Île-de-France, France

Étang des Carpes(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん)

鯉の池のあずま屋。池に浮かんでいるように立っていて見ているだけでロマンチック。

  • Loved to be there!

Cour d'Honneur Île-de-France, France

Cour d'Honneur(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん) - 02

宮殿の正面に当たる場所。フォンテーヌブロー宮殿で一番有名だと思う、馬蹄型の階段。いろんな人が入れ代わり立ち代わりここで記念写真を撮るスポットでもあります。

  • Loved to be there!

Cour d'Honneur Île-de-France, France

Cour d'Honneur(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん)

正面の門。NのマークはナポレオンのN。宮殿の中にはNのマークの施された部屋や家具がたくさんあります。コルシカ出身で皇帝まで上り詰めたナポレオンがここから流刑地に行ったのかと思うと、盛者必衰云々を思い出す。

  • Loved to be there!

Gare SNCF de Fontainebleau-Avon Île-de-France, France

Gare SNCF de Fontainebleau-Avon(Île-de-France, フランス)|フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所(Arikawa Satokoさん)

フォンテーヌブロー・アヴォン駅。宮殿へはここからバスで。パリから日帰りならモビリス(メトロ・郊外線・バス乗り放題)を使うと便利です。駅前広場のカフェに売ってたテリーヌのサンドイッチがすごくおいしかった。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 334view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

サン・ドニ聖堂、フランス王家の墓所を訪ね、パリにしばしの別れを告げる。

歴史
サン・ドニ聖堂、フランス王家の墓所を訪ね、パリにしばしの別れを告げる。

2013-07-31 - 2013-07-31

  • 11Episodes
  • Arikawa Satoko
ベルサイユやロワール古城などの華やかな場所には行っていたけれど、パリのすぐ北にあるにも関わらず、訪れたことのなかったサン・ドニ聖堂。いつもはシャルルドゴール空港に行く道で見えるだけだったですが、歴代王の戴冠式を行ったランスにも行ったことですし、今回が行くタイミングかと思い行ってきました。本来は学生街なのですが、バカンスで人がいなかったせいか、昼間でも正直あまり治安のよい印象は受けなかったので、サン・ドニ聖堂だけ見て午後はパリで好きな場所を見おさめすることにしました。帰りは夜行便。また来ると誓いつつ、しばしの別れ。

Travel Collector: Arikawa Satoko

  • 0
  • 233 views

シャンパンのメゾンの並ぶレンヌ。フランス歴代王のゆかり大聖堂のある地で中世から現代までの歴史を感じた一日。

歴史
シャンパンのメゾンの並ぶレンヌ。フランス歴代王のゆかり大聖堂のある地で中世から現代までの歴史を感じた一日。

2013-07-28 - 2013-07-28

  • 16Episodes
  • Arikawa Satoko
レンヌと言えばシャンパンで有名な街。駅を出てすぐ左にある観光案内所ではシャンパンメゾンの見学案内も行っています。ここ、シャンパーニュ地方で作られたのは正真正銘シャンパン。まだ午前中なのに、大聖堂に行くメインストリートのカフェでシャンパンを飲んでいる方がいました。そんなレンヌですが、歴代のフランス王が戴冠式を行ったノートルダム聖堂があります。また、サン・レミ聖堂ではちょうど幼児洗礼が行われている最中でした。もう一つ、ここではフジタという日本人画家が終の棲家としたことで有名です。彼が作った小柄なチャペルがシャンパンのメゾンの中にあります。(レンヌ美術館とチャペルは共通券になっています)

Travel Collector: Arikawa Satoko

  • 0
  • 530 views

ルーアン、モネの描いた大聖堂とジャンヌ・ダルク終焉の地をたどる。

歴史
ルーアン、モネの描いた大聖堂とジャンヌ・ダルク終焉の地をたどる。

2009-07-21 - 2009-07-21

  • 13Episodes
  • Arikawa Satoko
モネの描いた大聖堂が見たくてルーアンへ。駅から旧市街地に入ると城下町と言う感じがまだ残っています。(城下に入る時に通る大きな時計はいかにもな感じがして面白いです)そして、この旅のもう一つの目的、ルーアンがジャンヌ・ダルクの終焉の地である事もあり、彼女の関係する場所をいくつか周ることにしました。最後幽閉塔は当時の城壁の端にあり、今は中を登ることができます。入場の際に国籍を聞かれます。

Travel Collector: Arikawa Satoko

  • 0
  • 356 views

年跨ぎパリ旅行ちょっとランス


年跨ぎパリ旅行ちょっとランス

2013-12-31 - 2014-01-05

  • 52Episodes
  • トモテラ
夏から手配してキャンセル待ちしていたエアチケットが、結局キャンセルが出ず、あわや中止かと諦めかけていた年越旅行。直前にネットで何とか確保できて一安心。諦めずに毎日ネット検索して良かった!!諦めないって大切ですね。今回は観光以外に、食の充実も旅のテーマです。

Travel Collector: トモテラ

  • 8
  • 6388 views

アメリのロケ地を巡る、フランス・パリ、モンマルトルの旅

パリ
アメリのロケ地を巡る、フランス・パリ、モンマルトルの旅

2014-08-01 - 2014-08-05

  • 12Episodes
  • 大西桜子
ジャン=ピエール・ジュネ監督作品【アメリ】好きな筆者が、物語に多く登場するアベス駅から実際のロケ地や実在のお店を辿り、物語の舞台であるカフェ、ドゥ・ムーランに至るまでをご紹介します。

Travel Collector: 大西桜子

  • 8
  • 6621 views

フランスの旅

世界遺産
フランスの旅

2013-11-27 - 2014-03-30

  • 62Episodes
  • Hiroshi Sasaya
友人に会いに初めての一人海外旅行。パリのアパルトマンで合流して行きたかったところはほとんど行く事が出来大満足の旅となりました。2回目のパリも一人で別の友人とパリ市内で合流して一緒に観光をしました。どうしても2回のフランス旅行をまとめてアップしたかったので最初の13日間の旅、二回目の4日間の旅がまとめてアップしてあります。

Travel Collector: Hiroshi Sasaya

  • 5
  • 5798 views

パリ、迷ったらここでゴハンを

女子旅
パリ、迷ったらここでゴハンを

2010-12-31 - 2011-01-02

  • 23Episodes
  • Saera Jin
元Vogueフォトジャーナリストがお勧めする、美味しい店。レストランの詳細も書いてあります。スマホからアクセスして旅のお供に!

Travel Collector: Saera Jin

  • 14
  • 5681 views

まめじょの豆な旅


まめじょの豆な旅

2014-03-11 - 2014-03-21

  • 70Episodes
  • Shiori Kudo
"豆"を通した出会いを求め、豆を軸に海外旅行をしてみることにしました。 食材から調味料まで大豆の食文化を幅広く築き上げてきた日本は、 世界でどう受け入れられているんだろう? そんな疑問に対するヒントを見つけるために、 各地でお豆腐づくりワークショップを開きました。 そして各国では、豆はどのようにお店に並び、食卓にあがるのだろう? 現地のお豆腐を食べ比べ、お店を周りながら、各国の"豆事情"を調査。 私が垣間見た世界は、とってもとっても狭いものですが、 大好きな豆を通して、たくさんの人々との交流が生まれました。

Travel Collector: Shiori Kudo

  • 13
  • 4256 views

フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所 フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所

Back to Top of フォンテーヌブロー、歴代フランス国王とナポレオンに愛された場所