Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Kaori Nishiyamaさんのログブック(旅行記)「MILANO」

MILANO

2013-01-10 - 2013-01-14 18 227 2

2度目のイタリアへ。今回は留学中の友だちに会いに弾丸で行って来ました!

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

2日目2013/01/11

ロンバルディア(イタリア)|「やっぱり感動する。この堂々たる建築物よ。
また、やってきたよドゥオモさん。」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

やっぱり感動する。この堂々たる建築物よ。
また、やってきたよドゥオモさん。

ロンバルディア(イタリア)|「晴れ女が2人揃った割には、どんより空。
でもどこを撮っても絵になっちゃう。」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

晴れ女が2人揃った割には、どんより空。
でもどこを撮っても絵になっちゃう。

ロンバルディア(イタリア)|「ガッレリア散歩。
GUCCIカフェを横目に見ながら〜
」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

ガッレリア散歩。
GUCCIカフェを横目に見ながら〜

ロンバルディア(イタリア)|「これ、とても美味しい。」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

これ、とても美味しい。

ロンバルディア(イタリア)|「夜のお散歩。」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

夜のお散歩。

ロンバルディア(イタリア)|「出ました。1枚まるまる私のもの!満腹とはこのことね。」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

出ました。1枚まるまる私のもの!満腹とはこのことね。

3日目2013/01/12

ロンバルディア(イタリア)|「FIATの多いこと。可愛い奴め。」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

FIATの多いこと。可愛い奴め。

ロンバルディア(イタリア)|「ジェラート。チョコとやっぱりピスタチオ。本場ーっ」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

ジェラート。チョコとやっぱりピスタチオ。本場ーっ

4日目2013/01/13

ロンバルディア(イタリア)|「装飾が美しい教会。」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

装飾が美しい教会。

ロンバルディア(イタリア)|「ミラノに戻ってきたら、パンツ集団に遭遇!!

なんか写真撮るの気が引けたけど、これは撮らずにはいられない。。」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

ミラノに戻ってきたら、パンツ集団に遭遇!!

なんか写真撮るの気が引けたけど、これは撮らずにはいられない。。

ロンバルディア(イタリア)|「ドゥオモの前でパンツたち。

一体何やったんやろうか…」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

ドゥオモの前でパンツたち。

一体何やったんやろうか…

ロンバルディア(イタリア)|「夜のガッレリア」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

夜のガッレリア

ロンバルディア(イタリア)|「やっぱり、可愛い奴。」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

やっぱり、可愛い奴。

5日目2013/01/14

ロンバルディア(イタリア)|「ここの窪みにかかとを入れて、くるっと3回回ると願いが叶うらしい。

もちろん、また絶対戻って来れますよーに!とお願い。」MILANO(Kaori Nishiyamaさん)

ここの窪みにかかとを入れて、くるっと3回回ると願いが叶うらしい。

もちろん、また絶対戻って来れますよーに!とお願い。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

ミラノ

街歩き
ミラノ

2015-03-15 - 2015-04-17

  • 10
  • Yuya Nakano
出張の合間に、ミラノの街をちょっとだけ散歩

作者: Yuya Nakano

  • 0
  • 215

ベネチアの庶民が住む住宅地ジュデッカ島

街歩き
ベネチアの庶民が住む住宅地ジュデッカ島

2015-01-03 - 2015-01-03

  • 16
  • トモテラ
ジュデッカ運河を挟みベネチア本島に寄り添うように佇むジュデッカ島です。ぜひランチをしたいお店があったので行ってみました。 島内に見る物は特にありませんが、世界最古のユダヤ人ゲットーがあった場所として有名らしいです。ユースホステルやヒルトンホテルがあるのでこの島に宿泊する人も多いようですね。 喧騒著しい本島から目と鼻の先であるにも係わらず、とてもゆったりした時間が流れ、まるで別の街に来たようです。観光客は殆ど見かけず、ローカルな住人が日常を送っている感じでした。

作者: トモテラ

  • 3
  • 2787

街全体が遺跡のようなローマ散策 ハネムーンクルーズ

街歩き
街全体が遺跡のようなローマ散策 ハネムーンクルーズ

2011-09-16 - 2011-09-16

  • 27
  • Hazuki Ikeda
ハネムーンクルーズ3つ目の寄港地はイタリアの代表的都市ローマです。 見所は沢山あって1日じゃ足りなかったのですがなんとか行きたい所には行けました! 有名どころではないですが中でも衝撃を受けたのが骸骨寺という場所です。 全て人間の骨でできているのです。 完全撮影禁止だったので一つも残していませんがスペイン広場の近くにあるのでこれからローマ観光行かれる方は是非立ち寄ってほしいです。 そしてバチカン市国は素晴らしい建築でこれまた感動。フォロロマーノなどの遺跡も街中に点在しすべての道はローマに通じるという言葉がある通りやはりローマはすごい都市だと実感しました。

作者: Hazuki Ikeda

  • 0
  • 573

芸術の都フィレンツェ散策 ハネムーンクルーズ

街歩き
芸術の都フィレンツェ散策 ハネムーンクルーズ

2011-09-15 - 2011-09-15

  • 25
  • Hazuki Ikeda
ハネムーンクルーズ2つ目の寄港地! イタリアのフィレンツェに行ってきました! オレンジ色の街と美しい建築が素晴らしかったです! それにしてもイタリアのピザは安くて美味しい…! クオリティの高いピザをコンビニのオニギリ感覚で食べれちゃいます!

作者: Hazuki Ikeda

  • 0
  • 385

イタリア・アブルッツォ州 タリアコッツォ散策 美食と自然と街歩き

街歩き
イタリア・アブルッツォ州 タリアコッツォ散策 美食と自然と街歩き

2015-07-19 - 2015-07-19

  • 30
  • Edicolante
標高740mなので、夏はローマ人も避暑に来るほど過ごしやすい。この日もローマは38度位の猛暑でしたが、ここは比較的涼しく感じました。 ローマから車で1時間10分ほど。鉄道駅もあり中心街まで近いので個人旅行もできそうです。Roma Tiburtina駅より2時間14分、片道たった6.20ユーロです! 【私のブログ】 http://ameblo.jp/edicola 【私のHP】 https://edicola.amebaownd.com

作者: Edicolante

  • 1
  • 1725

イタリアの港町 ナポリ散策 ハネムーンクルーズ

街歩き
イタリアの港町 ナポリ散策 ハネムーンクルーズ

2011-09-17 - 2011-09-17

  • 22
  • Hazuki Ikeda
イタリアの中でも少し治安が悪いと言われているナポリへ行ってきました。 ノープランでしたので港から見えたサンタンジェロ城というお城を目指して街を散策。 少し街は汚い印象を受けました。 ですが途中で食べたピザもパスタも絶品の美味しさです。 やっぱりイタリアはご飯が美味しい!

作者: Hazuki Ikeda

  • 0
  • 962

イタロに乗ってボローニャ日帰りした

街歩き
イタロに乗ってボローニャ日帰りした

2015-01-05 - 2015-01-05

  • 42
  • トモテラ
ベネチアからボローニャへ日帰りで行ってみました。イタロに初乗車。イタロはかっこいいしサービスもなかなかだし、とても気に入りました。 ボローニャは、さすが学生の街なだけあって若い人が多く、とても活気ある所でした。これぞイタリアだ!!って感じの赤茶色の屋根が広がる光景は圧巻です。至る所に食材屋さんやレストランがあり、食いしん坊には堪らない街ですね。

作者: トモテラ

  • 0
  • 1247

【イタリア】崖上の町オルヴィエートと水上の都市ヴェネツィア

街歩き
【イタリア】崖上の町オルヴィエートと水上の都市ヴェネツィア

2006-07-15 - 2006-07-16

  • 10
  • 安田 咲
ローマで出会った人に地下洞窟があると聞いて興味を持ったオルヴィエート。正直聞いたことのない町だったけど、ローマから程近いし一人でノープランな旅だったので行ってみることにしました。地下洞窟はもちろんですが、丘の上の町の美しい景観、中世の面影を残す街並み等、行ってよかったと思わせてくれる町でした。 そして出発前から絶対に行くと決めていた水の都ヴェネツィア。それまで運河のある町に行ったことがなかったので、純粋に感動しました。

作者: 安田 咲

  • 0
  • 1010

MILANO MILANO

MILANO トップへ