Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
kitajima yukoさんのログブック(旅行記)「美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜」

美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜

2009-01-20 - 2009-01-24 10 333 0

インドの文化を知りながら、最終地点のガンジス河を目指す旅。
白と赤が織りなす美しい光景を見ながらの旅行は、心洗われる素敵な旅路でした。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2009/01/20

クトゥブ・ミナール(Qutub Minar) デリー, インド

クトゥブ・ミナール(Qutub Minar)(デリー, インド)|美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜(kitajima yukoさん)

クトゥブミナールと建築物
インドの首都ニューデリー郊外にあり、世界遺産にも登録されています。
クトゥブミナールとは、ミナレット(礼拝時刻の告知等に使われる塔)の事で、世界で一番高い事で有名です。
高さ70メートルと超えるクトゥブ ミナールは「圧巻」の一言!
全体像がきちんと収まらなくて、ここまで離れて、ようやく撮影できました。

  • 行ってよかった!

2日目2009/01/21

agra fort デリー, インド

agra fort(デリー, インド)|美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜(kitajima yukoさん) - 02

アーグラ城塞のアクバル門
アーグラ城は、周囲2.5キロメートルにも及ぶ広大な城塞です。
16世紀から300年間ほど、インドで繁栄を誇ったイスラム勢力のムガル帝国皇帝の城で、帝国の強大な力と栄華を今に伝えています。
赤砂岩で作られている重厚な城壁で囲まれ、別名「赤い城」と呼ばれています。
赤い色は、帝国の力強さの象徴でした。力強さを前面に押し出した城壁、その入り口であるアクバル門は、威圧感を感じる程の壮麗な門でした。

  • 行ってよかった!

agra fort デリー, インド

agra fort(デリー, インド)|美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜(kitajima yukoさん)

アーグラ城塞のチャトリ(小塔)
アーグラ城塞の城内に入ると、不思議な建物が。
アクバル式の建物で、チャトリと呼ばれる小塔でした。見張りの塔として使用されていたようです。
城内は、城壁の赤一色とは対照的に、純白の建物が多く、太陽の光に反射して、神々しい光を放っていました。

  • 行ってよかった!

アーグラ城塞(Agra Fort) ウッタル・プラデーシュ, インド

アーグラ城塞(Agra Fort)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜(kitajima yukoさん)

アーグラ城塞のジャハーンギール殿
長い間、皇子に恵まれなかったムガール王朝第3代皇帝・アクバル帝が、皇子ジャハーンギールの誕生を機に、皇子の名前を拝して造った豪華絢爛な宮殿です。
大理石で造られているいくつもの柱に、このような相性が施されていました。

  • 行ってよかった!

3日目2009/01/22

Fatehpur Sīkri ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatehpur Sīkri(ウッタル・プラデーシュ, インド)|美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜(kitajima yukoさん)

ファテープル・シークリー
ムガール王朝第3代皇帝であるアクバルが、子宝に恵まれないことを案じて聖者サリーム・チシュティーに相談し、実際に子供を授かったことからシークリーに都を移転に建造した建物。
1571年に完成しましたが、水源の確保の困難などの理由で、14年間でその役目を終えました。

  • 行ってよかった!

4日目2009/01/23

タージ・マハル(Taj Mahal) ウッタル・プラデーシュ, インド

タージ・マハル(Taj Mahal)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜(kitajima yukoさん) - 02

タージマハルの大楼門
タージマハルは、インド北部アーグラに位置し、ムガル帝国第5代皇帝であるシャー・ジャハーンが1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルの為に建設した総大理石の墓廟です。
この大楼門は、赤砂岩で造られており、高さは約30メートルあります。
赤砂岩と大理石の対比が非常に美しかったです。

  • 行ってよかった!

タージ・マハル(Taj Mahal) ウッタル・プラデーシュ, インド

タージ・マハル(Taj Mahal)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜(kitajima yukoさん)

タージマハル
厳しいセキュリティチェックを抜けて、ついにタージマハルへ!
美しい白亜の廟が左右対称にそびえ立つ様は言葉を失うほど…。
建物は大理石で造られているほか、宝石なども装飾に使われているそうで、内心時価にするといくら位になるのか気になるところ(笑)

  • 行ってよかった!

タージ・マハル(Taj Mahal) ウッタル・プラデーシュ, インド

タージ・マハル(Taj Mahal)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜(kitajima yukoさん) - 04

タージマハルのミナレット
ミナレット(礼拝時刻の告知等に使われる塔)も大理石で出来ています。塔の造りも美しいですし、床の文様も幾何学的でとても綺麗です。

  • 行ってよかった!

タージ・マハル(Taj Mahal) ウッタル・プラデーシュ, インド

タージ・マハル(Taj Mahal)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜(kitajima yukoさん) - 03

タージマハル
遠くから見ると真っ白な建物だったのが、近くで見るとただの白ではない事に気付きます。少しずつ色の違う大理石を上手く組み合わせると共に、細やかな装飾を見ることができました。
ここまで細かいと、いかにムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが愛妃ムムターズ・マハルを愛していたのかが分かります。

  • 行ってよかった!

5日目2009/01/24

ガンジス川(Ganga River) ウッタル・プラデーシュ, インド

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜(kitajima yukoさん)

ガンジス河
全長2506キロメートルの河そのものが女神として崇められているガンジス河。
ヒンドゥー教徒はこの聖なる河で沐浴し、現世の罪を洗い流し、来世の幸福を祈ります。
川岸にはガートとよばれる階段状の沐浴場が100か所以上あり、夜明け前から熱心に祈りを捧げる人々の姿を見ることができます。
テレビやパンフレットで見たことのあるこの河ですが、教徒達が一斉に沐浴する光景は、興味深いものでした。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

インド放浪記

一人旅
インド放浪記

2013-02-14 - 2013-03-02

  • 12
  • Daisuke Takishima
”ヒト”の生きる力を感じられた国インド。 3週間のインド1人旅をしてきた。 旅のきっかけは、勤めてた会社が倒産した。 急に今まで忙しかった日常から、急に何もすることがなくなると かえって何をしていいか分からなくなった。 それだけ忙しい日常生活に馴れてしまっていた。。 そんな時、家でテレビを見ているとインド特集の番組が流れていた。 それを見た瞬間、、この国に行こう!と決意し 5日後に日本を旅立った。

作者: Daisuke Takishima

  • 11
  • 7271

神秘の国インド旅  Dive in ガンガー ~すべての始まりはピンクブラからの巻(・∀・)♡

一人旅
神秘の国インド旅 Dive in ガンガー ~すべての始まりはピンクブラからの巻(・∀・)♡

2012-02-01 - 2012-02-13

  • 35
  • Toyo  Serizawa
旅の始まりはたった一つの思いからだった。 「ピンクブラをつけて、インドのガンジス川に飛び込みたい。」 思い立った翌月僕は… "聖なるガンガー"に"ピンクブラ"をつけて、立っていたのだった(iДi)♡笑

作者: Toyo Serizawa

  • 11
  • 6261

インド:美しい人々が住む国

世界遺産
インド:美しい人々が住む国

2008-07-26 - 2008-08-01

  • 17
  • Hideki Tanaka
尊敬する写真家スティーブ・マッカリーが写したインドを見て、混沌とした色鮮やかな世界とそこに住む人々に興味を持った。そしてインドの人々への興味は、旅が進むにつれてさらに増していった。親切な人、騙そうとする人、物乞いをする人、祈る人、無邪気な子供達。インドの人々は美しい。

作者: Hideki Tanaka

  • 22
  • 6780

神秘の国インド16人旅 ~グラマラスな超大作編:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♡笑~    仲間と作り上げた思い出17日間


神秘の国インド16人旅 ~グラマラスな超大作編:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♡笑~ 仲間と作り上げた思い出17日間

2013-03-15 - 2013-03-31

  • 123
  • Toyo  Serizawa
人生がすべて自由なことと同じように、 旅にも正解不正解は存在しない。 100人いれば100通りの旅のスタイルがあり、 そして仲間とともに造る旅もその一つ。 一人旅しか知らなかった僕に、 "みんなでいく旅"の楽しさを教えてくれた旅。 大切なことを教えてくれた、忘れられない旅。 そんな人生を変えてくれた旅をとくとご覧いただきたいっ!!! グラマラスな超大作が始まるよぉぉおおお:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♡笑

作者: Toyo Serizawa

  • 6
  • 2982

2012.11 濃いするインド ~Jaipur~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Jaipur~

2012-11-23 - 2012-11-23

  • 26
  • tabitabi parsley
初めてのアジア一人旅はインドへ。。。 1に命2に命???あれに気をつけこれに気をつけて・・・と 緊張感いっぱいの旅は、楽しむ余裕はなかったものの、なんとも濃く、誰かに話したくなるような後味の濃い旅に ジャイプールでは、アンベール城の他はドライバーAliに勝手に観光スポットへ案内されるという、、、ほぼ想定外の旅になってしまった!! リクシャーを運転させてもらったり、あまりツアーで行かないようなところも連れてってくれ、想定していたお土産屋さん廻りも、お土産より、出された本場のチャイが美味しくって感動!! ツアーにすべきだった??もっと廻れたんじゃ、、、勿体無い??ジャンタルマンタルとかシティパレスとか、、、他にも有名なところが、、、 いやいや、こんな珍道トラベルもアリか・・・面白かったからよかったってことで^^;

作者: tabitabi parsley

  • 8
  • 2133

北インド


北インド

2011-03-04 - 2011-03-12

  • 12
  • Eika Akasaki
ずっと行きたかったインド。自分の知っていた常識が全て覆されるようなことばかりでインドが大好きになった。

作者: Eika Akasaki

  • 3
  • 3764

チャンディーガル/Love Architecture! 愛と哀しみのル・コルビュジェ

建築
チャンディーガル/Love Architecture! 愛と哀しみのル・コルビュジェ

2011-09-10 - 2011-09-12

  • 36
  • Shino Ichimiya
近代建築の巨匠ル・コルビュジェが1950年代に都市計画をしたチャンディーガル。「愛と哀しみのル・コルビュジェ」これはある本の題名だが、それを感じ取る事ができたような気がしたチャンディーガルでの数日。

作者: Shino Ichimiya

  • 3
  • 3652

2012.11 濃いするインド ~Delhi~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Delhi~

2012-11-22 - 2012-11-25

  • 30
  • tabitabi parsley
ニューデリーのメインバザールに1泊目と3泊目に宿泊 最終日にデリーを観光しました 最後の最後、最悪のリクシャを捕まえてしまって、やっぱり予定よりアチコチ観光できなかった。仕舞いにリクシャドライバーに怒りをぶつけてしまいました。アハハ・・・。 思ったこと&反省点・・・なるべくメトロを使ったほうがよかった メトロのニューデリー駅は、ここから乗降しないほうがいいことがわかりました そして、3泊5日の弾丸インド旅行は、弾丸では終わらず、最悪な後味を残してくれました 帰国後、やっぱりお腹を壊しました。それだけではありません、、、よくなったかと思いましたら、それから40度前後の高熱が1週間前後続く×3セット。抗生物質もあまり効かず、、、ぶり返し。1セット目は肝機能障害で入院寸前の絶対安静と言われ、3セット目になると薬やら何やらで胃腸もボロボロになり、大学病院で大量の薬をもらう羽目に。。。 結果、帰国後2ヶ月で7キロの減量。 職場にも迷惑をかけてしまいましたし、、、、しばらく?二度と?インド、インド近隣は行くなということですね、、、衛生面での危機管理が足らんということですね。 インドはもう1度行きたかった、ダージリンに行きたかったなぁ・・・。

作者: tabitabi parsley

  • 8
  • 2709

美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜 美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜

美しき対比〜デリーとアーグラをゆく〜 トップへ