Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
安田 咲さんのログブック(旅行記)「インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~」

インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~

2007-10-10 - 2007-10-14 10 588 6

小学生の頃に社会の授業で習ってから世界四大文明が大好き❤
インドは憧れの国のひとつでした。
調べれば調べるほど魅力的な場所いっぱいのインド。行き先に悩みましたが、今回はピンク好きには外せないピンクシティと、憧れのタージ・マハルに行ってきました!

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2007/10/10

City Palace ラージャスターン, インド

City Palace(ラージャスターン, インド)|インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~(安田 咲さん)

ジャイプール旧市街の中心にあるシティ・パレス

ジャイプールは18世紀にマハラジャと呼ばれる藩王によって造られた街ですが、このシティ・パレスには今でもそのマハラジャの子孫が暮らしています。マハラジャの在、不在は建物に掲げられる旗によって示されるそうです。

敷地の一部が宮殿博物館として一般公開されています。豪華な建物、博物館は見応えがあり、上品で優雅な気分が味わえました。

  • 行ってよかった!

ハワー・マハル 風の宮殿(Hawa Mahal | हवा महल | Palace of Winds | Palace of the Breeze | 風の宮殿) ラージャスターン, インド

ハワー・マハル 風の宮殿(Hawa Mahal |  हवा महल | Palace of Winds | Palace of the Breeze | 風の宮殿)(ラージャスターン, インド)|インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~(安田 咲さん)

ハワー・マハル(風の宮殿)

宮殿の女性たちが男性の目を気にすることなく通りを眺められるようにと作られた小窓がたくさん。風通しをよくするその特殊な構造から風の宮殿と言われたようです。
その佇まいはピンクシティの代表的建造物に相応しい美しさでした!

  • 行ってよかった!

ジャイプル ピンクシティ(Jaipur | जयपुर | جے پور : The Pink City) ラージャスターン, インド

ジャイプル ピンクシティ(Jaipur | जयपुर | جے پور : The Pink City)(ラージャスターン, インド)|インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~(安田 咲さん) - 02

ピンクシティにて

ゆっくり散策しながら好きなだけ現地の人と交流できるのがひとり旅の醍醐味❤
ピンクの建物を見るたびに「さすがピンクシティ!」と一人で興奮してました(笑)

  • 行ってよかった!

2日目2007/10/11

アンベール城(Amber Fort) ラージャスターン, インド

アンベール城(Amber Fort)(ラージャスターン, インド)|インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~(安田 咲さん)

ジャイプール郊外のアンベール城
2013年に世界文化遺産に登録されたそうです。

名物の象のタクシーに乗りたくて午前中に訪れました。
イスラム様式の影響を受けた建築様式は美しく、特にガネーシャ門、鏡の間の豪華さには感動しました。
アンベール城から望む景色も絶景でした!

  • 行ってよかった!

ジャル・マハル(Jal Mahal) ラージャスターン, インド

ジャル・マハル(Jal Mahal)(ラージャスターン, インド)|インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~(安田 咲さん)

ジャル・マハル(水の宮殿)

18世紀にマハラジャが夏の避暑地として造らせた宮殿で、湖の上に浮かんでいるように見えます。雨期と乾期では印象もガラリと変わるそうですが、湖上にたたずむその姿はまさに避暑地にピッタリな景観でした!

遠くから眺めるだけでしたが、幻想的な風景を楽しめました。

  • 行ってよかった!

3日目2007/10/12

Nahargarh Fort ラージャスターン, インド

Nahargarh Fort(ラージャスターン, インド)|インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~(安田 咲さん)

ナハーガーフォート

高台にあり360度パノラマビューが望める要塞。観光客も少なめで、ゆったりと絶景を楽しめました。

  • 行ってよかった!

ジャイプル ピンクシティ(Jaipur | जयपुर | جے پور : The Pink City) ラージャスターン, インド

ジャイプル ピンクシティ(Jaipur | जयपुर | جے پور : The Pink City)(ラージャスターン, インド)|インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~(安田 咲さん)

ナハーガーフォートからはジャイプールの町も一望できます。

ピンクシティと言われるジャイプールですが、ここからの眺めは意外にもピンクじゃない...でも景色はとてもキレイでした。

  • 行ってよかった!

4日目2007/10/13

ジャンタル・マンタル(Jantar Mantar) ラージャスターン, インド

ジャンタル・マンタル(Jantar Mantar)(ラージャスターン, インド)|インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~(安田 咲さん)

ジャンタル・マンタル
ジャイプールにある天文台です。

屋外に設置された様々な観測器はとてもユニークで、まるで野外美術館のようでした。18世紀の天文技術はかなり精密だったとか。

  • 行ってよかった!

ジャンタル・マンタル(Jantar Mantar) ラージャスターン, インド

ジャンタル・マンタル(Jantar Mantar)(ラージャスターン, インド)|インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~(安田 咲さん) - 02

まるで現代アートのようですが、日時計や星座の観測機なのだそうです。天文台としてでなくてもユニークな建造物の数々は見ていて面白かったです。
この天文台も2010年にユネスコの世界遺産に登録されたそうです。

  • 行ってよかった!

5日目2007/10/14

タージ・マハル(Taj Mahal) ウッタル・プラデーシュ, インド

タージ・マハル(Taj Mahal)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~(安田 咲さん)

世界でもっとも美しい霊廟と称されている世界遺産タージ・マハル

インドに行ってここに行かないわけにはいきません!よね!?
写真では何度も見たことがありましたが、実際に目にするとその美しさは圧巻としか言いようがありませんでした!とにかく感動しました。

亡くなった王妃のために22年もの歳月をかけてこれだけのものを造るなんて...愛の深さとともに悲哀を感じてしまいました。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

2012.11 濃いするインド ~Bharatpur~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Bharatpur~

2012-11-23 - 2012-11-24

  • 38
  • tabitabi parsley
『バーラトプル』に行くってかネエチャン!?ナンデあんなとこ?!クレイジーだね!!!鳥しかいないド田舎だぜ。超つまんないぜ・・・とジャイプールの人々。 ここバーラトプルは、ジャイプールとアグラの間にあり、かなり大きな野鳥国立公園(ケオラデオ国立公園)があります。世界遺産です。歴史的建造物ばかり観るのも飽きちゃうので、野鳥に癒されに訪れてみました。日本の情報誌には載ってません、、、情報はほぼネットです。日本人にはほとんど逢わず。 朝、鳥のさえずりで起こされるなんて、意外なインドの朝。ちょっと笑っちゃいました。 ホテルに行くまでにちょっとしたアクシデント発生! 夜10時過ぎ。駅に着いたのが1時間遅れたため、頼んでいた送迎車がいない!スマホは充電不具合で電池・・・。ドーシヨー。。。ここでインド人にいろいろ助けてもらいました。語ると長くなる、、、笑。とにかく感謝です。ただ、ホテルまでの道はガッタガタで荷物も私もドッカ飛んでいきそうになるくらいで。。。痔になるかと思いました。 詳しくはコチラ⇒ http://4travel.jp/travelogue/10731729

作者: tabitabi parsley

  • 3
  • 1509

インド放浪記

一人旅
インド放浪記

2013-02-14 - 2013-03-02

  • 12
  • Daisuke Takishima
”ヒト”の生きる力を感じられた国インド。 3週間のインド1人旅をしてきた。 旅のきっかけは、勤めてた会社が倒産した。 急に今まで忙しかった日常から、急に何もすることがなくなると かえって何をしていいか分からなくなった。 それだけ忙しい日常生活に馴れてしまっていた。。 そんな時、家でテレビを見ているとインド特集の番組が流れていた。 それを見た瞬間、、この国に行こう!と決意し 5日後に日本を旅立った。

作者: Daisuke Takishima

  • 11
  • 7396

神秘の国インド旅  Dive in ガンガー ~すべての始まりはピンクブラからの巻(・∀・)♡

一人旅
神秘の国インド旅 Dive in ガンガー ~すべての始まりはピンクブラからの巻(・∀・)♡

2012-02-01 - 2012-02-13

  • 35
  • Toyo  Serizawa
旅の始まりはたった一つの思いからだった。 「ピンクブラをつけて、インドのガンジス川に飛び込みたい。」 思い立った翌月僕は… "聖なるガンガー"に"ピンクブラ"をつけて、立っていたのだった(iДi)♡笑

作者: Toyo Serizawa

  • 11
  • 6522

私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ

一人旅
私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ

2011-09-14 - 2011-09-24

  • 60
  • Shino Ichimiya
憧れの地、ラダックを目指したインド一人旅。 チベットよりもチベット仏教が深く根付くというヒマラヤの奥地、旧ラダック王国へ。シャンティは「平和」の意味。ゆったり穏やかに。そんなシャンティな旅でした。 \チャンディーガール/ https://www.compathy.net/tripnotes/2147 \カシミール〜ダラムシャラ/ https://www.compathy.net/tripnotes/13339

作者: Shino Ichimiya

  • 13
  • 4536

2012.11 濃いするインド ~Jaipur~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Jaipur~

2012-11-23 - 2012-11-23

  • 26
  • tabitabi parsley
初めてのアジア一人旅はインドへ。。。 1に命2に命???あれに気をつけこれに気をつけて・・・と 緊張感いっぱいの旅は、楽しむ余裕はなかったものの、なんとも濃く、誰かに話したくなるような後味の濃い旅に ジャイプールでは、アンベール城の他はドライバーAliに勝手に観光スポットへ案内されるという、、、ほぼ想定外の旅になってしまった!! リクシャーを運転させてもらったり、あまりツアーで行かないようなところも連れてってくれ、想定していたお土産屋さん廻りも、お土産より、出された本場のチャイが美味しくって感動!! ツアーにすべきだった??もっと廻れたんじゃ、、、勿体無い??ジャンタルマンタルとかシティパレスとか、、、他にも有名なところが、、、 いやいや、こんな珍道トラベルもアリか・・・面白かったからよかったってことで^^;

作者: tabitabi parsley

  • 8
  • 2191

2012.11 濃いするインド ~Delhi~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Delhi~

2012-11-22 - 2012-11-25

  • 30
  • tabitabi parsley
ニューデリーのメインバザールに1泊目と3泊目に宿泊 最終日にデリーを観光しました 最後の最後、最悪のリクシャを捕まえてしまって、やっぱり予定よりアチコチ観光できなかった。仕舞いにリクシャドライバーに怒りをぶつけてしまいました。アハハ・・・。 思ったこと&反省点・・・なるべくメトロを使ったほうがよかった メトロのニューデリー駅は、ここから乗降しないほうがいいことがわかりました そして、3泊5日の弾丸インド旅行は、弾丸では終わらず、最悪な後味を残してくれました 帰国後、やっぱりお腹を壊しました。それだけではありません、、、よくなったかと思いましたら、それから40度前後の高熱が1週間前後続く×3セット。抗生物質もあまり効かず、、、ぶり返し。1セット目は肝機能障害で入院寸前の絶対安静と言われ、3セット目になると薬やら何やらで胃腸もボロボロになり、大学病院で大量の薬をもらう羽目に。。。 結果、帰国後2ヶ月で7キロの減量。 職場にも迷惑をかけてしまいましたし、、、、しばらく?二度と?インド、インド近隣は行くなということですね、、、衛生面での危機管理が足らんということですね。 インドはもう1度行きたかった、ダージリンに行きたかったなぁ・・・。

作者: tabitabi parsley

  • 8
  • 2781

2010年のインド旅行

一人旅
2010年のインド旅行

2010-09-24 - 2010-12-10

  • 25
  • Masaki Takehara
2010年、会社を退職し、貯金していた給料を握りしめ、半年間のアジアカレー旅へ行きました。 3ヶ月は東南アジア全域、 残り3ヶ月でインドへ行きました。 コルカタから海に沿って南下し、南端まできたら北上してムンバイを目指すというルートです。

作者: Masaki Takehara

  • 5
  • 2567

カルカッタ

一人旅
カルカッタ

2007-12-28 - 2007-12-28

  • 16
  • Keisuke Asami
マザーテレサが立ち上げた施設、マザーハウス。その本部がインドのカルカッタにあります。そこは貧困と優しさが混じり合った施設でした。

作者: Keisuke Asami

  • 5
  • 2138

インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~ インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~

インド女子旅♪~ピンクの町とタージ・マハルと~ トップへ