Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Toyotaka Naritaさんのログブック(旅行記)「熟年 中国旅行(上海周辺)」

熟年 中国旅行(上海周辺)

2011-05-16 - 2011-05-16 8 389 0

退職後初めて家内と二人で中国から旅をスタートしました。湖や都市の規模の大きさから、大陸的風土を感じるとともに湖や公共場所の汚れ更には、都市に建つ無人高層アパートを随所に見るにつけ、現在の中国の現状を見たように思います。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2011/05/16

mushaku 江蘇省, 中華人民共和国 (中国)

mushaku(江蘇省, 中華人民共和国 (中国))|熟年 中国旅行(上海周辺)(Toyotaka Naritaさん)

上海周辺の観光は、まず無錫からスタート。中国のTVで放映されたロケ地の建つ無錫影視城を見た後、近くの太湖(写真)で船の遊覧。遊覧船は、箱根の遊覧船を一回り小さくした船だが、乗る人数も多かったが、乗船後入口が狭かったせいもあるが、中国人たちは、われ先にとばかり窓から入り、座席を確保する始末。後で訪問する上海万博会場でも同じだった。中国人の公共場所でのマナーには、要注意!

shishirin 江蘇省, 中華人民共和国 (中国)

shishirin(江蘇省, 中華人民共和国 (中国))|熟年 中国旅行(上海周辺)(Toyotaka Naritaさん)

蘇州の獅子林を見学。穴ぼこだらけの太湖石が見もの。奇岩の類は、海岸や山地にあると思うのだが、比較的都市部の中にあるのは、珍しいのではないか?

shishirin 江蘇省, 中華人民共和国 (中国)

shishirin(江蘇省, 中華人民共和国 (中国))|熟年 中国旅行(上海周辺)(Toyotaka Naritaさん) - 02

同じく蘇州にある寒山寺を観光。禅宗の古刹ということで、釈迦牟尼仏が祭られている。そういえば、我が家は禅宗の曹洞宗「南無釈迦牟尼仏」と念じるのだがなんとなく似ているので、取りあえず手を合わせた。

shishirin 江蘇省, 中華人民共和国 (中国)

shishirin(江蘇省, 中華人民共和国 (中国))|熟年 中国旅行(上海周辺)(Toyotaka Naritaさん) - 03

夕刻蘇州の運河をクルージング。橋は、電球でコーディングされ、町の明かりも提灯の灯りで中国らしい雰囲気だった。

shoukou Zhejiang, 中華人民共和国 (中国)

shoukou(Zhejiang, 中華人民共和国 (中国))|熟年 中国旅行(上海周辺)(Toyotaka Naritaさん)

魯迅の生前の活動をまとめた博物館(故里)。日本での生活も展示されており、理解しやすかった様に思う。

saiko Zhejiang, 中華人民共和国 (中国)

saiko(Zhejiang, 中華人民共和国 (中国))|熟年 中国旅行(上海周辺)(Toyotaka Naritaさん)

場所は、杭州の西湖。湖は広く観光船が行き交っている。湖の色は澄んではなく濁っている。鯉が泳いでいた。湖の周辺は、散歩道になっており、観光客が散策していた。

saiko Zhejiang, 中華人民共和国 (中国)

saiko(Zhejiang, 中華人民共和国 (中国))|熟年 中国旅行(上海周辺)(Toyotaka Naritaさん) - 02

西湖のほとりにある印鑑屋。4文字の印鑑を千円で作ってくれるので、お土産に様かもしれない。

Shanhai (山海) Livehouse 上海, 中華人民共和国 (中国)

Shanhai (山海) Livehouse(上海, 中華人民共和国 (中国))|熟年 中国旅行(上海周辺)(Toyotaka Naritaさん)

今回の中国観光の最終は、上海。昼間、豫園、茶店等市内観光をした後、上海を流れる黄浦江を遊覧船でクルージング。中国随一の金融都市だけあって、川の両岸に高いビルが林立している。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

中国常熟を街歩き


中国常熟を街歩き

2012-12-02 - 2012-12-02

  • 20
  • Ryo Kaga
上海から高速バスで2時間ほど内陸に入った先にある中国江蘇省の常熟。常熟は、長江デルタ区域の中心部に位置し、市内のいたるところに河川が流れ、その肥沃な大地による毎年の豊作から「常に熟している」と名付けられた自然豊かな街。そんな常熟で、この街のシンボルといえる山,湖、そして古き好き時代の面影が残る市街地を楽しみながら街歩きをしてきました。

作者: Ryo Kaga

  • 3
  • 4258

三国志の世界を歩く@中国無錫三国城


三国志の世界を歩く@中国無錫三国城

2012-12-31 - 2012-12-31

  • 13
  • Ryo Kaga
三国志のテーマパークに行ってきました。三国志のテレビドラマの撮影に使われる撮影所でもあって、劉張関が義兄弟の契りを交わした桃園、呉の水軍や劇中に出てくる兵器などが再現されてました。

作者: Ryo Kaga

  • 2
  • 964

南京

一人旅
南京

2008-04-26 - 2008-04-27

  • 9
  • Akira Naito
済南を出て向かったのは、南京。 日本人ならあれこれ思う場所だと思う。 色々な方から噂や情報は聞いていたけど、やっぱり自分の目で見てみなくちゃ、と。 ふたを開けてみたら、実は普通の地方都市でした。 旧満州エリアの時もそうだったけど、今回も嫌な思いは何一つ無し。

作者: Akira Naito

  • 2
  • 468

China - the great trip on July 2014

一人旅
China - the great trip on July 2014

2014-06-23 - 2014-07-05

  • 7
  • Adam Kijowski
Short term study in Nanjing and lots of time to see the country.

作者: Adam Kijowski

  • 1
  • 316

激安ツアーで、上海、蘇州をめぐる。


激安ツアーで、上海、蘇州をめぐる。

2005-12-16 - 2005-12-19

  • 29
  • Takashi Omura
普段個人旅行がほとんどですが、激安ツアーに惹かれて利用してみました。 ツアーなので現地手配など当然なくついていくだけなので、すごく楽で主要なところは全部回ってくれるので、たまにはツアーもいいかなぁとも思います。 蘇州は素朴な田舎町で、世界遺産の場所だけあり風情な町並みがなかなかいいです。

作者: Takashi Omura

  • 0
  • 888

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 11
  • 5495

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 5048

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

作者: Yusuke Kon

  • 7
  • 3851

熟年 中国旅行(上海周辺) 熟年 中国旅行(上海周辺)

熟年 中国旅行(上海周辺) トップへ