Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
安田 咲さんのログブック(旅行記)「【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー」

【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー

2014-07-09 - 2014-07-09 9 436 2

シアトルで泊まっていたホステルでおもしろそうなツアーを発見!
その名も『Famous Dead Guy Tour』...亡くなった有名人のツアー?!
一体どんなツアーなのか興味が湧いたので参加してみました!

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2014/07/09

The Green Tortoise ワシントン州, アメリカ合衆国

The Green Tortoise(ワシントン州, アメリカ合衆国)|【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー(安田 咲さん) - 02

宿泊していたのはここ、Green Tortoiseホステル

有名なパイクプレイスマーケットの向かいという好立地で、スタッフはみんなフレンドリーで親切でした!
世界中から来た旅行者と交流できます。

  • 行ってよかった!

The Green Tortoise ワシントン州, アメリカ合衆国

The Green Tortoise(ワシントン州, アメリカ合衆国)|【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー(安田 咲さん)

ホステルのフロント奥にいる看板ガイコツ!?
全然関係ないけど、今回参加するツアーにピッタリなキャラクター(笑)

  • 行ってよかった!

Kerry Park ワシントン州, アメリカ合衆国

Kerry Park(ワシントン州, アメリカ合衆国)|【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー(安田 咲さん)

クイーンアンヒルにあるケリーパーク

小さな公園ですが、シアトルが一望できる絶景ポイントです。たくさんの人がシアトルの景色を見に来ていました。
曇っていたのがちょっと残念。

  • 行ってよかった!

Lake View Cemetery ワシントン州, アメリカ合衆国

Lake View Cemetery(ワシントン州, アメリカ合衆国)|【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー(安田 咲さん)

ブルース・リーと、息子ブランドン・リーのお墓

広い墓地の中にあります。
世界的に有名なカンフースターのブルース・リーはシアトルに住んでいたんですね!
シアトルに来てまさかブルース・リーのお墓に行くとは思いませんでした。

  • 行ってよかった!

Lake Washington ワシントン州, アメリカ合衆国

Lake Washington(ワシントン州, アメリカ合衆国)|【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー(安田 咲さん)

ワシントン湖の眺めです。

次の目的地はワシントン湖の近く。この付近は車通りも少なくとても静かでした。
広い湖を眺めていると落ち着きます。

  • 行ってよかった!

Kurt Cobain's House ワシントン州, アメリカ合衆国

Kurt Cobain's House(ワシントン州, アメリカ合衆国)|【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー(安田 咲さん)

カート・コバーンの家

90年代を代表するシアトルの伝説的グランジロックバンド「ニルヴァーナ」のギター兼ボーカルだったカート・コバーン
この家のガレージで27歳という若さで自らこの世を去ってしまったそうです。

  • 行ってよかった!

Kurt Cobain Memorial Bench ワシントン州, アメリカ合衆国

Kurt Cobain Memorial Bench(ワシントン州, アメリカ合衆国)|【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー(安田 咲さん)

カート・コバーンのベンチ

カートがよく座っていたと言われるベンチ。家の隣の公園にあります。彼の遺灰が撒かれたそうで、お墓がないためこのベンチが墓標となっています。

実は私はカート・コバーンを知らなかったのですが、ベンチにはたくさんのメッセージ(消された痕跡あり)やお花が残されていて、偉大な人だったんだなとうかがい知れました。

  • 行ってよかった!

Jimi Hendrix Memorial ワシントン州, アメリカ合衆国

Jimi Hendrix Memorial(ワシントン州, アメリカ合衆国)|【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー(安田 咲さん) - 02

ジミ・ヘンドリックスのお墓

ロック史上最も偉大なギタリストと評されたジミ・ヘンドリックスが眠っている墓標。
シアトル郊外レントンのグリーンウッド・メモリアルパークにあります。

  • 行ってよかった!

Jimi Hendrix Memorial ワシントン州, アメリカ合衆国

Jimi Hendrix Memorial(ワシントン州, アメリカ合衆国)|【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー(安田 咲さん)

ジミ・ヘンドリックスもまた27歳の若さでこの世を去りました。
その壮大な墓標は彼の偉大さを体現しているようでした。

余談ですが、ツアーのガイドさんは以前ここでB’zの稲葉さんに会ったそうです。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

アメリカの田舎町スポケーンにて、素朴な生活を味わう旅

一人旅
アメリカの田舎町スポケーンにて、素朴な生活を味わう旅

2014-08-27 - 2014-09-10

  • 30
  • Saki Kondo
4年前に短期留学として訪れたホストファミリーに再び会いに行きました。 場所はアメリカ、ワシントン州の、市外からはとっても離れた”スポケーン”という田舎町です。 アメリカならではの生活、田舎ならではの生活を垣間見た、2週間あっという間の滞在記録です。

作者: Saki Kondo

  • 4
  • 7504

シアトル旅行

シアトル
シアトル旅行

2014-03-27 - 2014-04-04

  • 30
  • Shunsuke Nakayama
5年7ヶ月勤めた会社の最終出社日に出発し、念願のシアトルへ! 沢山の場所へ案内してもらい充実した旅になりました。

作者: Shunsuke Nakayama

  • 6
  • 2976

Seattle

usa
Seattle

2006-07-29 - 2006-07-31

  • 10
  • Katya Sondak
Seattle is America's Cinderella city. Founded 75 years after US independence and overlooked until the 1960s, it's been making up for lost time ever since.

作者: Katya Sondak

  • 24
  • 1347

Seattle in 2011

世界一周
Seattle in 2011

2011-01-15 - 2011-01-17

  • 14
  • Naoya Hata
  • Yumina Yamashita
  • Ayaka Haga
  • Hiromichi Suzuki
バンクーバーからバスでシアトルへ。当時留学していた友人がもう1人増えて、4人でワイワイ。洗練された感じで、サンフランシスコやニューヨークともまた違うアメリカの一面を見た気がする。

作者: Naoya Hata

  • 5
  • 752

シアトル Seattle

一人旅
シアトル Seattle

2012-06-23 - 2013-03-29

  • 10
  • Koichiro Albus Victor
自分はワシントン州の大学に在籍しているので、メジャーではないところの写真や情報などをアップしていきたいと思っています。一人旅で是非!

作者: Koichiro Albus Victor

  • 2
  • 1332

3日間で夏のシアトルを遊びつくす!

満喫
3日間で夏のシアトルを遊びつくす!

2014-07-10 - 2014-07-12

  • 13
  • 安田 咲
友達と合流して、女子3人で夏のシアトルを満喫♪ シアトルは雨が多いことで有名ですが、夏はカラッと晴れてとっても爽やか。しかも日没が21時以降なので一日が長く得した気分❤ 朝から晩まで3日間遊びつくしました!

作者: 安田 咲

  • 3
  • 6854

シアトルバイオリンキャンプ2014

家族旅行
シアトルバイオリンキャンプ2014

2014-08-03 - 2014-08-09

  • 23
  • VERSACE
中2の次女と、4才の長男でシアトル音楽キャンプに行きました。 シアトルのバイオリンキャンプは4回目なので、お友達もだんだんできました。

作者: VERSACE

  • 2
  • 742

アムトラックでアメリカ横断

一人旅
アムトラックでアメリカ横断

2013-04-25 - 2013-05-07

  • 14
  • Masaya Candy Matuoka
アムトラック、グレイハウンドバス。 子供の頃から憧れたアメリカ陸路横断。 今でも様々な風景を思い出す。

作者: Masaya Candy Matuoka

  • 1
  • 621

【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー 【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー

【シアトル】ホステル発!一風変わった日帰りツアー トップへ