Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
松尾佳紗寧さんのログブック(旅行記)「歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!」

歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!

2012-05-01 - 2012-05-0210 Episodes
松尾佳紗寧
Travel Collector
松尾佳紗寧
  • 30s / female
  • South Korea
Places visited
South Korea

時間さえあれば何度でも来れる、このご近所さ!
そして毎回の新しい発見。

故ふるきを温たずねて新あたらしきを知しる

まさに温故知新な旅を味わいましたよ♪

エステにグルメは今回封印^^
歴史を辿る目的だけのはずが・・
途中から大好きなドラマを追いかける旅になりました♪笑

これも必要よね~

  • 0Favorite
  • 754view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12012/05/01

changgyeonggung Seoul, South Korea

changgyeonggung(ソウル, 韓国)|歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!(松尾佳紗寧さん)

青い空に鮮やかに映える”昌慶宮”
とにかく綺麗の一言!!

王の祖母と生母と養母の3人の大妃を住まわせるために、3棟の大宮を改築、拡張と。

家族を大切にする心はいつの時代も一緒だねぇ・・・。
大宮としての威厳・風格がやはり違いますねぇ~

  • Loved to be there!

창덕궁 / Changdeokgung Seoul, South Korea

창덕궁 / Changdeokgung(ソウル, 韓国)|歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!(松尾佳紗寧さん)

日本との縁がとても深く、梨本宮家から嫁いだ方子(まさこ)さんもこの宮殿で暮らしていたんだって。

大韓帝国最後の皇太子、李 垠(り ぎん)の妃になられた人だよ。

  • Loved to be there!

창덕궁 / Changdeokgung Seoul, South Korea

창덕궁 / Changdeokgung(ソウル, 韓国)|歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!(松尾佳紗寧さん) - 02

昌徳宮は
9:30~17:30

日本語の案内は
09:30、10:30、12:30、14:30、16:30(冬季は無し)
個人自由観覧は断られるらしいです・・
上記の時間に合わせて行かれるのがベストです

料金は
3000ウォン

休館日は
毎週月曜日 です

  • Loved to be there!

경복궁 (Gyeongbokgung Palace/景福宮) Seoul, South Korea

景福宮(キョンボックン)/Gyeongbokgung Palace(ソウル, 韓国)|歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!(松尾佳紗寧さん)

ビルが立ち並ぶソウル中心部の一角に景福宮がありました。

朝鮮時代(1392~1910)の正宮として、王の政務の場、王の生活の場として建てられたそうです。

また、名園の慶会楼と香遠池もそのままの姿で残っており、四季折々の美しい景色を眺めることができるらしいので、色々な季節の様子を見に来たいなぁ・・と思いました♪

  • Loved to be there!

경복궁 (Gyeongbokgung Palace/景福宮) Seoul, South Korea

景福宮(キョンボックン)/Gyeongbokgung Palace(ソウル, 韓国)|歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!(松尾佳紗寧さん) - 02

地下鉄3号線、景福宮駅5番出口を出ると、興礼門と光化門の間に大きな広場が姿をあらわし、あっという間に過去にタイムスリップさせてくれました。

  • Loved to be there!

인사동길 (Insadong-gil) Seoul, South Korea

인사동길 (Insadong-gil)(ソウル, 韓国)|歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!(松尾佳紗寧さん)

お土産、お土産♪

お買い物のあとは伝統茶屋さんへ!
たくさんあって、どこにするか悩んだょ。

伝統茶は健康効果もそれぞれ沢山~。
伝統の雰囲気や味を楽しみながら、身体に休息を♪

さぁーまだまだ歩くぞ!!

  • Loved to be there!

흥인지문 / Heunginjimun / 興仁之門 South Korea

흥인지문 / Heunginjimun / 興仁之門(韓国)|歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!(松尾佳紗寧さん)

1398年に城郭都市ソウルの東西南北の入口の一つとして建設され、李朝末期の1869年に改築されました。

門の回りには屋台や露天が♪

あぁ・・。
後悔しながらも、満たされるお腹。。。

  • Loved to be there!

덕수궁 / Deoksugung Seoul, South Korea

徳寿宮(トクスグン)/Deoksugung(ソウル, 韓国)|歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!(松尾佳紗寧さん)

伝統的な韓国の建築様式ではなく、西洋の建築様式によって建てられたものでした。

19世紀以後、新しい西洋の文明が入り、朝鮮の国力は衰えるようになりました。そして、王朝の象徴であった徳寿宮も壊されてしまい、 現在は美しく整備された姿が残っています。

高層ビルがそびえ立つビジネス街にあるので、観光客だけでなく、昼休みは沢山のサラリーマンが散歩してるらしい♪

次はお茶タイムを早く切り上げねば・・・

  • Loved to be there!

N서울타워 / N Seoul Tower Seoul, South Korea

N서울타워 / N Seoul Tower(ソウル, 韓国)|歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!(松尾佳紗寧さん)

高所恐怖症な私。
でもどうしても、どうしても行きたかったの。
だってどのドラマでも登場してるでしょ??笑
でも、明るい時間に行く勇気は・・なかったの。
タワーに上る前に、ロープウェイでも悪戦苦闘しちゃった;;

高所が得意な方は、昼間に是非!!

テディベアミュージアムも行けたし、話題になっていたタワー内のおトイレも行けた?見れた??し♪頑張って良かった~

有料にはなるけれど、エレベーターも乗られた方は天井必見ですよ♪

  • Loved to be there!

Day 22012/05/02

한국민속촌 (Korean Folk Village) South Korea

韓国民俗村(Korean Folk Village)(韓国)|歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!(松尾佳紗寧さん)

うん。
日本の京都太秦村だ^^

30万坪の広い敷地に伝統家屋を260棟余りが復元され、3万点の民俗資料が展示されています。
また当時の生活様式をそのまま再現されています。

朝鮮時代の人々の姿を知ることが出来る、楽しい体験型のスポットでした♪

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 754view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

サムギョプサル名店巡り&明洞ショッピング。3泊ソウル女子旅

女子旅
サムギョプサル名店巡り&明洞ショッピング。3泊ソウル女子旅

2012-10-26 - 2012-10-29

Read more

  • 20Episodes
  • Kasumi Jou
美味しい韓国グルメ“サムギョプサル”の名店へ通いつめ、 ホテルは明洞にして、ひたすら韓国コスメショッピングに没頭してました。 グルメもショッピングも、韓国では安価で良いものが見つかるんです。 この「見つけた感」がたまらないというか何というか。 もう観光はいいや…となったので、夜もスパに行きのんびり〜。 いかにも韓国女子旅ってかんじに明洞を中心に過ごした3日間♪ ★今回の韓国旅★ ・仁川国際空港 ・宿泊:Ambassador(イビスアンバサダーホテル) ・FX KOREA(超お得な両替所) ・明洞(ミョンドン)ギル ・コスメショップめぐり ・韓国焼肉、サムギョプサルの名店めぐり ・ドラゴンヒルズスパでチムジルバン ・ロッテ百貨店本店 ・ダンキンドーナツ ★プチプラコスメおすすめ明洞周辺ショップ★ ・It`s SKIN(イッツスキン) ・MISSHA(ミシャ) ・ETUDE HOUSE(エチュードハウス) ・Shara Shara(シャラシャラ) ・BEAUTE'(ボーテ) ・Holika Holika(ホリカホリカ) ・innis free(イニスフリー) ★韓国焼肉・サムギョプサル名店★ ・サンボンファログイ(산봉화로구이) ・黒豚屋 明洞店

Travel Collector: Kasumi Jou

  • 4
  • 110057 views

歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!! 歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!

Back to Top of 歴史を辿ってソウルへ~!歴女・世界へ!!