Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Shino Ichimiyaさんのログブック(旅行記)「カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて」

カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて

2011-09-23 - 2011-10-0246 Episodes
Shino Ichimiya
Travel Collector
Shino Ichimiya
  • 30s / female
  • India
Places visited
India

インド北部のヒマラヤの奥地、乾いた大地が続くラダックを抜けて、スリナガルからダラムシャラまでの記録。レーで出会ったガネーシとのローカルな旅。
ラダック編:https://www.compathy.net/tripnotes/1925

  • 3Favorite
  • 800view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12011/09/23

suru river India

suru river(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん)

LAMAYULUからKARGILを経由してSRINAGARへ向かいます。

ラマユルで3時間待ってもバスが来ないので、
そこで待っていた皆でバンをシェアして。
Ganeshがドライバーに交渉してくれたお陰で安くいくことができました。

カルギル はパキスタンとの停戦ラインがすぐ側に迫っている土地です。
立ち入り禁止エリアが多く、たくさんの兵士がいます。

悠々と河が流れている美しい場所ですが、
人々は笑いかけても来ませんし、
じーっと外国人の私を見つめるのです。
今まで通って来た雰囲気とは明らかに違っていました。

あの大らかなラダックを過ぎたんだな…と感じた瞬間でした。

そして、宿も高い。。

  • Loved to be there!

Day 22011/09/24

Srinagar | श्रीनगर | سری نگر India

Srinagar | श्रीनगर | سری نگر(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん)

翌朝、同じバンに乗って、Srinagarへ向かいます。

乾いた山々の地域が終わり、山には緑が生い茂り始めます。

  • Loved to be there!

Dal Lake India

Dal Lake(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん)

Srinagar
シュリナガルは、そう、皆が言ういわゆるカシミールで、商売が上手く、
よく「気をつけて」と言われた場所です。
そしてイスラム文化圏。

  • Loved to be there!

Dal Lake India

Dal Lake(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 02

観光客を引きつけるのは、大きな湖に浮かぶハウスボート。
各々個性的にデコレーションしたボートの上で泊まることができるのです。

岸からは小さなボートに乗ってしか行けないのが、また魅力。

  • Loved to be there!

Dal Lake India

Dal Lake(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 03

ボートで湖を一周します。

  • Loved to be there!

Dal Lake India

Dal Lake(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 04

少し肌寒く、でもゆらゆらゆらゆら心地の良いボートの上。

  • Loved to be there!

Dal Lake India

Dal Lake(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 05

ボートのおっちゃん。楽しかったな。

「昔さ、ドイツの女の子と恋に落ちたんだけど、
 宗教の違いが理由で上手く行かなかったんだ。
 全ての宗教を尊敬しているし、神は結局同じでひとつだと信じていても、
 それが原因でライフスタイルも違って来る。
 相手は合わせるのを拒んだんだ。」

  • Loved to be there!

Day 32011/09/25

Dal Lake India

Dal Lake(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 06

お部屋から。

わたしたちのハウスボートは岸から奥まった場所にあるBOB-MARLEY (笑).
お陰でRs.300

  • Loved to be there!

Dal Lake India

Dal Lake(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 07

ガネーシ日本語勉強中。

僕が日本語を勉強したいと思ったのがふしぎでしょう?
 だってさ、日本人が好きなんだ。日本人で悪い人に会ったことがないよ。

 (五本の指が違うように人も...、ね。)

  • Loved to be there!

suru river India

suru river(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 02

シュリナガルもパキスタンからほど近い場所にあります。
ここは襲撃を受けたところなんだ、と教えてくれました。

それから、ニュースで言われる死傷者の数は、大体いつも嘘で
報道よりもずっとずっと大きな惨事だということも。

「フクシマのこと、ニュースを聞いて心が痛んだよ。
 でも日本は強い国だからまたすぐに復興できると信じてるよ。

 僕は500ルピーしか寄付出来なかったけど、
 心を痛めてたくさんのインド人が寄付したんだ。
 皆日本のために祈ってる。」

  • Loved to be there!

Day 42011/09/26

Dal Lake India

Dal Lake(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 08

ありがとう、って気持ち、
もっと強く伝わる方法はないのかな。

  • Loved to be there!

Day 52011/09/27

Jammu Tawi Railway Station India

Jammu Tawi Railway Station(インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん)

SRINAGARからDALHOUSIEダロージーに向かいます。

SRINAGARから乗り合いバンでJAMMUまで約10時間。

着いたのは21:00頃。暑い。

一人だったら夜には着きたくないと思ったジャンムー(めっちゃこっち見るし!)
でも物乞いの女の子と一緒にめちゃくちゃ笑った小一時間。

インディアン夫婦と車を4人でシェアしてJAMMUからPATHANKOTパタンコートへ。

ホテルでも金銭のことで一悶着ありつつ翌朝、DALHOSIE行きのバス乗り場へ。

  • Loved to be there!

Day 62011/09/28

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 02

お昼過ぎ、Ganeshのお兄さんのゲストハウスへ。

Ganeshがレーのレストランで会い、ダロージーを勧めたという、
スペイン人とフランス人のカップルが泊まりに来てました。

「フクシマは今はどう?当時ニュースで見ていたけれど、
 1週間もしたら全然情報が流れなくなったから。
 地震と津波のはずなのに大きな煙が出てるのを見て驚いたよ。」

「ありがとう。でも…
 たくさんの人が住むところも食べるものも、まだまだ困ってる。
 地震は自然災害だとしても、原発事故は人災だから、止めるべきだと私は思ってる。
 日本は原発に依存しているけれど、
 そんな事故を起こすような危険なもの必要ないし、
 そんなものに依存してまで電力が欲しいとは思わない。
 日本は電力を使い過ぎなんだと思う。
 例え放射能がもう漏れてないとしても、
 空気、土壌、海は汚染されたままなんだよ。」

「そうだよね。それでもフランス政府も未だに原発推進だよ。クソだよね。」

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 03

ゲストハウスで働いてる若い男の子たち。

友達も呼んでいつもわいのわいのと騒いでいました。
(ガネーシは良く思ってないみたいだったけど)

眼がきらきらしてとても可愛かった。

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 04

よくキッチンに遊びに行きました。

チュリチャンの嘔吐から、どうも何かのスパイスが悪いことに気づき、
お腹にやさしい卵スープつくってみたり、
チョーメン日本風(つまり焼きそば)を作ってみたり。

皆でわいわいチャパティ作りました。
(チャパティパン欲しい。)

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 05

ガネーシにカースト制度について聞いてみた。
「カーストがどうかしたの?何言ってるの?
 カーストが違ったって関係ないよ。
 僕は二番目で、あいつらも一人は二番目でもう一人は一番目の階級だけど、
 普通に喋るし仲いいでしょ?

 アウトカースト?何それ。ああ、清掃業の人とかのこと?
 僕、清掃業の友達もいるよ。」

「他の階級の人と結婚が出来ない?出来るよ!そんな人たちいっぱいいるよ。
 …低い階級の人とは…出来ないけど。

 でも、もしそんな人と恋に落ちたら僕は結婚するよ。
 両親にだって紹介できるし、親も絶対に反対しない。断言する。」

  • Loved to be there!

Day 72011/09/29

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 06

ここダロージーには、
もちろん牛さんも

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 07

ワンちゃんもいますが、

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 09

なんといっても…

・・・超巨大なめくじさんがいます。

もう一種、赤みがかった黄土色のなめくじさんの方がポピュラー。

・・・うっかり踏んでしまうんじゃないかと終始ハラハラして歩きます。
(なめくじ、大の大の大の苦手。)

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 10

車で近くの山へ。

生憎、ヒマラヤには雲がかかっていて、
白く連なる山脈をほとんど見る事ができませんでした。

  • Loved to be there!

Khajjiar Himachal Pradesh, India

Khajjiar(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん)

"インドのスモールスイス"と言われる場所。

標識には「スイスまで6194km」と書かれています。

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 11

ガネーシの友人がやってるゲストハウスにお茶をしに。

あまり英語が出来ず会話は出来なかったけれど、
とっても面白いひとでした。

やっぱり表情に現れるんですね。

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 12

チャイもスナックも出てくる出てくる。

「いやいやお金はいいよ!」「まあまあそう言わずに!」
「いいんだよ僕がサービスしたかっただけなんだから!」
「そんなに多くはないから取っておいてよ!」

…みたいなやりとりにも少し慣れました 笑

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 13

ここのゲストハウス、かなりお茶目でした。

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 15

私のここでの記憶は、ほんとに、笑った、ということ。

タクシーの運転手に怒って猛抗議したけれど(写真)。

怒ったあと、めちゃくちゃ笑いました。

  • Loved to be there!

Day 82011/09/30

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 16

私の具合が悪かったせいで結局飲まなかったビールを男の子にあげて、
いっぱいいっぱい笑ったダロージーを後にします。

いよいよ最終目的地、ダライラマ法王が来るダラムシャラへ。

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 17

まだ、霧の残る、しんと静まり返ったダロージーの町を
バス停まで歩きます。

宿にタムロしていた男の子3人が、今年初めてゴアで働くということで、
皆でダラムシャラまで一緒に行きました。

(一応、男の"子" です。)

  • Loved to be there!

Dalhousie Himachal Pradesh, India

ダルフージー(Dalhousie)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 18

バスの中はつかまってないと滑っちゃうのです。

  • Loved to be there!

McLeod Ganj Himachal Pradesh, India

マクロード・ガンジ(McLeod Ganj)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん)

ダラムシャラからバスを乗り換えてマクロードガンジーMCLEOD GANJへ。

ダライラマ法王の亡命先として知られるダラムシャラですが、
実際はダラムシャラから少し先の
マクロードガンジー(標高約2000m)という場所です。

  • Loved to be there!

McLeod Ganj Himachal Pradesh, India

マクロード・ガンジ(McLeod Ganj)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 02

私は町をすぐに自分の居場所にできるくらいの小さな町が好きですが、
マクロードガンジーも、とてもコンパクトな佇まいで
すぐに好きになりました。

翌日からダライラマ法王のティーチングがあるということもあってか、
このインド旅行こんなに外国人みたことない!
というくらいの人の多さを除けばですが…。

「あの人○○で見たよね?」という人を何人も見かけましたし
バンで一緒だったアイルランド人のおじさんにも再会しました。

  • Loved to be there!

Dalai Lama Temple Himachal Pradesh, India

Dalai Lama Temple(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん)

ダライラマ寺院。

翌朝、ここでダライラマ法王のティーチングがあるのです。

修行僧たちが、一人の僧侶の顔の前でパン!
と手を叩く、ということを繰り返していました。
(正直ゲームなのか修行なのか良く分かりませんでした)

内部にはそれはそれは見事な仏像があります。

やはり時計廻りに参拝。

  • Loved to be there!

Day 92011/10/01

McLeod Ganj Himachal Pradesh, India

マクロード・ガンジ(McLeod Ganj)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 04

翌朝。

・・・晴れた…!

ダライラマ寺院へ。

インド人ガネーシはすぐに寺院に入れたようですが、
外国人の列は先の見えない行列。

時間がどんどん過ぎていく…!!
始まってしまう…!!

そんな冷や汗をかくような長い行列のあとでも、
VIP席以外の階下では
法王の姿を見られるのはほんの一瞬にすぎませんでしたが。

インダス河で拾った小さな石がお守り代わり。
ぎゅっと握り続けました。

  • Loved to be there!

McLeod Ganj Himachal Pradesh, India

マクロード・ガンジ(McLeod Ganj)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 05

坂の上の方に向かってお散歩。

  • Loved to be there!

McLeod Ganj Himachal Pradesh, India

マクロード・ガンジ(McLeod Ganj)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 06

町中はすごい人でごった返していますが、山の中にあるこのカフェレストランは昼の間はがらん。

居心地が良いので通っていました。

  • Loved to be there!

McLeod Ganj Himachal Pradesh, India

マクロード・ガンジ(McLeod Ganj)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 07

外国の人がインドにいいイメージをもたないのは、
デリー、バラナシ、ビハールの人たちがインドを格を下げてるからだ、
お金のために人を騙すことばかりやってるからだ、
と何度も言っていたガネーシ。

私と入れ違いでレーを去った、SUN BEAM CAFE従業員のこの彼(左)は
ここマクロードガンジーで店を始めた、ビハールの出身でした。

「気にしないよ。
 確かにビハール出身だと言うと変な目で見る人もいるけど
 僕は僕。

 もちろんビジネスするときはビジネスだけど、友情は友情だよ。
 人と話すのが好きだし、騙してまで買ってもらおうなんて思わない。

 知ってる?五本の指が全部違うように・・・」

  • Loved to be there!

McLeod Ganj Himachal Pradesh, India

マクロード・ガンジ(McLeod Ganj)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 08

わたし (画:ガネーシ)と、ガネーシ (画:わたし)

・・・おいこら(怒)

  • Loved to be there!

Day 102011/10/02

McLeod Ganj Himachal Pradesh, India

マクロード・ガンジ(McLeod Ganj)(ヒマーチャル・プラデーシュ, インド)|カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて(Shino Ichimiyaさん) - 09

デリーに向かうわたし。
シムラーに向かうガネーシ。

「これ、君に。バスの中で食べて。」

と、袋いっぱいにりんご、バナナ、オレンジ、ざくろ。
それからチョコレート。

「日本には行きたいと思ってるけど、行けないかもしれない。
君がまたインドに来てくれるの、本当に楽しみにしてる。

それから、友達でインドに来るという人がいたら僕の連絡先を教えてあげて。
何かあったら絶対に助けにいくから。」

ガネーシ、本当にありがとう。
裏表の無い素直な君のお陰で、この旅は本当にあたたかな旅となりました。

わたしもまた会いに来れるとは約束は出来ないけど。

でも最後だとも思わない。

だから See you again!

またいつの日か。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 3Favorite
  • 800view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

2012.11 濃いするインド ~Delhi~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Delhi~

2012-11-22 - 2012-11-25

Read more

  • 30Episodes
  • tabitabi parsley
ニューデリーのメインバザールに1泊目と3泊目に宿泊 最終日にデリーを観光しました 最後の最後、最悪のリクシャを捕まえてしまって、やっぱり予定よりアチコチ観光できなかった。仕舞いにリクシャドライバーに怒りをぶつけてしまいました。アハハ・・・。 思ったこと&反省点・・・なるべくメトロを使ったほうがよかった メトロのニューデリー駅は、ここから乗降しないほうがいいことがわかりました そして、3泊5日の弾丸インド旅行は、弾丸では終わらず、最悪な後味を残してくれました 帰国後、やっぱりお腹を壊しました。それだけではありません、、、よくなったかと思いましたら、それから40度前後の高熱が1週間前後続く×3セット。抗生物質もあまり効かず、、、ぶり返し。1セット目は肝機能障害で入院寸前の絶対安静と言われ、3セット目になると薬やら何やらで胃腸もボロボロになり、大学病院で大量の薬をもらう羽目に。。。 結果、帰国後2ヶ月で7キロの減量。 職場にも迷惑をかけてしまいましたし、、、、しばらく?二度と?インド、インド近隣は行くなということですね、、、衛生面での危機管理が足らんということですね。 インドはもう1度行きたかった、ダージリンに行きたかったなぁ・・・。

Travel Collector: tabitabi parsley

  • 8
  • 2365 views

2012.11 濃いするインド ~Bharatpur~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Bharatpur~

2012-11-23 - 2012-11-24

Read more

  • 38Episodes
  • tabitabi parsley
『バーラトプル』に行くってかネエチャン!?ナンデあんなとこ?!クレイジーだね!!!鳥しかいないド田舎だぜ。超つまんないぜ・・・とジャイプールの人々。 ここバーラトプルは、ジャイプールとアグラの間にあり、かなり大きな野鳥国立公園(ケオラデオ国立公園)があります。世界遺産です。歴史的建造物ばかり観るのも飽きちゃうので、野鳥に癒されに訪れてみました。日本の情報誌には載ってません、、、情報はほぼネットです。日本人にはほとんど逢わず。 朝、鳥のさえずりで起こされるなんて、意外なインドの朝。ちょっと笑っちゃいました。 ホテルに行くまでにちょっとしたアクシデント発生! 夜10時過ぎ。駅に着いたのが1時間遅れたため、頼んでいた送迎車がいない!スマホは充電不具合で電池・・・。ドーシヨー。。。ここでインド人にいろいろ助けてもらいました。語ると長くなる、、、笑。とにかく感謝です。ただ、ホテルまでの道はガッタガタで荷物も私もドッカ飛んでいきそうになるくらいで。。。痔になるかと思いました。 詳しくはコチラ⇒ http://4travel.jp/travelogue/10731729

Travel Collector: tabitabi parsley

  • 3
  • 1303 views

カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて

Back to Top of カシミール&ダラムシャラ/碧い湖からローカルバスに揺られて