Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Natsumi Daizenさんのログブック(旅行記)「ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜」

ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜

2012-02-08 - 2012-02-1021 Episodes
Natsumi Daizen
Travel Collector
Natsumi Daizen
  • 20s / female

バックパッカー初心者といえばタイ!ということで、バックパッカー初心者の私たちがガイドブック片手に向かったのはタイの首都バンコク。ゆったりとした人柄で微笑みの国とも称されるタイであるが、ここバンコクは違った。さすが首都というだけあり、熱気と喧騒で包まれており、今最も勢いのある国と言っても過言ではない。
経済的にも勢いがあるが、まだまだタイの物価は比較的安く、それゆえ諸外国のバックパッカーが多く集まるのも納得である。
ここバンコクからベトナムへ、私たちのどたばた珍道中が始まるのであります…。

  • 1Favorite
  • 5615view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12012/02/08

Suvarnabhumi Airport (BKK) ท่าอากาศยานสุวรรณภูมิ Samut Prakan, Thailand

スワンナプーム国際空港c/Suvarnabhumi Airport (BKK)(サムットプラーカーン, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

いざ出発!バックパッカーデビューの門出。世間知らずな女2人の旅のはじまり。
今回の旅はタイ、カンボジア、ベトナムのバックパッカーの東南アジア黄金ルート。

  • Loved to be there!

Day 22012/02/09

MRT หัวลําโพง (Hua Lamphong) HUA Bangkok, Thailand

MRT หัวลําโพง (Hua Lamphong) HUA(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

タイといえば、この合掌ポーズ。誰もがタイに来たらマクドの前でやっちゃうやつです。
「カップンカ~」

  • Loved to be there!

サムットプラーカーン(タイ)|「ガイドブックを持っているとはいえ、右も左もわからない二人。伊勢丹の前できょろきょろしていたら、おじさんに声をかけられ、いつの間にかトゥクトゥクに乗ってツーリストインフォメーションへ。

そして6日間で4万円の高額ツアーに入らされていた。
その当時はお金がないながらも気

ガイドブックを持っているとはいえ、右も左もわからない二人。伊勢丹の前できょろきょろしていたら、おじさんに声をかけられ、いつの間にかトゥクトゥクに乗ってツーリストインフォメーションへ。

そして6日間で4万円の高額ツアーに入らされていた。
その当時はお金がないながらも気づいていなかったが、伊勢丹でキョロキョロしていた私たちは絶好のカモであり、どうやらバンコクの洗礼を受けていたようだ。

そんなことも気づかずにツアーの時間までランチ。英語もタイ語もわからない私たちは何故か3人前のチキンライスを頼んでいた。

  • Loved to be there!

วัดพระเชตุพนวิมลมังคลารามฯ (Wat Pho) Bangkok, Thailand

ワット・ポー(Wat Pho)/涅槃寺(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

ツアーが始まりました。
初日はバンコクの歴史的遺産を巡る。
写真は定番のワットポー。やはり日本の大仏とは一味違う。大胆で堂々としてる。日本は地味だけど、もっと荘厳な雰囲気があるもんね。
ここワットポーはタイマッサージの総本山らしく、境内にはタイマッサージの学校があり、外国人でも受け入れているそう。次回来た時に受けてみたいな。

  • Loved to be there!

Wat Arun Bangkok, Thailand

ワット・アルン(Wat Arun)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

王室専用の寺院、ワットプラケオへ行き、船に乗りチャオプラヤ川を越え、トンブリー地区のワットアルンへ。
仏塔が立ち並び、各所で観光客が合掌して記念撮影。

ドライバーを信用していなかった私たちは10kg近くあるバックパックを背負って、ほぼ直角の階段のワットアルンを登った。
写真のとおりの急斜面。でも頂上へ登った時の達成感の爽快さは格別だった。
降りたとき、ガイドさんに冷たい水をもらって何故か涙が出そうになった。

  • Loved to be there!

Seven Eleven 7-11 Bangkok, Thailand

Seven Eleven 7-11(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

改めてホテルで今日の出来事を考えていたところ、今日のツアーは明らかにぼったくりだとわかった。気づくのが遅かった私たちは、この日から大節約生活!

基本的にご飯はツアーで出る分しか食べない。
朝はホテルのモーニング、昼はツアー中に。

そして夜はというと・・・
セブンイレブンでしか売ってない10バーツ(30円)の豆のお菓子!
安い割に美味しいし、たくさん入ってるし、これをまとめ買いして、一日一袋食べた。

  • Loved to be there!
  • Budget:30USD

Day 32012/02/10

Damnoen Saduak Floating Market Bangkok, Thailand

ダムヌン・サドゥアック水上マーケット(Damnoen Saduak Floating Market)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん) - 02

2日目のツアーはタイでお馴染み、水上マーケット!
マーケットまでの道中は水上で暮らしている人もいて、都会以外での暮らしをみて衝撃を受けたけど、ここは完全に観光地だから作られてた感が半端なかった。
だから売ってるものはほぼ観光地価格。いくら安いといっても、現地の価格からすると高いし、今の極貧な私たちからしても高かった。

ぼったくりさえ合わなければ・・・

  • Loved to be there!

Damnoen Saduak Floating Market Bangkok, Thailand

ダムヌン・サドゥアック水上マーケット(Damnoen Saduak Floating Market)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

このお姉さんは今日のツアーで一緒やった。確かイタリア人。
水上マーケットではこんなふうに蛇を首に巻くことができます(有料)。

  • Loved to be there!

Elephant Village Bangkok, Thailand

エレファント ビレッジ(Elephant Village)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

次はお待ちかねのエレファントビレッジ!象に乗るがためにこのツアーにに申し込んだようなもの!
胸を膨らまし、早速・・・!

と思った瞬間、「pay money」
えええええ!?

どうやら象を見るのはタダだけど、乗るのは有料らしい。ツアー料金の中に入ってるんじゃないの???????私たちの怒りは心頭。

  • Loved to be there!

Elephant Village Bangkok, Thailand

エレファント ビレッジ(Elephant Village)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん) - 02

すぐさまツアーガイドに文句を言う。日本人は気が弱いって思われがちやから強気で。
ツアー契約したとき、おばちゃんが象に乗れるよ!って言ってたし!って文句を言う。カタコトの英語しか喋れないから、態度で表してみたり。大阪根性なめんなよ!的な。

そして勝敗の行方は、もちろん私たちの勝ち!
ツアーガイドのお兄さんがお金出してくれた!ごめんね☆
大満足して象に乗ることができました☆女って単純って思った瞬間でした。

  • Loved to be there!

Elephant Village Bangkok, Thailand

エレファント ビレッジ(Elephant Village)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん) - 03

今日のランチはかなり豪華!タイ料理満載!
一緒に食べたオーストラリア人の彼女たちの口には合わなかったみたい・・・。
私たちは夜ご飯がないので、たらふくいただきまいした。

  • Loved to be there!

สวนงู (Snake Farm) Bangkok, Thailand

สวนงู (Snake Farm)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

スネイクファームにも一瞬立ち寄った。有料で戯れること出来たみたいやけど、ここは興味なし(笑)
象以外には目もくれなかった私たち。

  • Loved to be there!

Saeng Chu To Road Kanchanaburi, Thailand

Saeng Chu To Road(カーンチャナブリー, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

車で少し走り、カンチャナブリへ。ここは泰緬鉄道の建設の際に使役された捕虜たちが眠る墓地だそう。
タイって仏教なのに、キリスト教的なお墓で違和感感じたけど、墓地ながら綺麗な場所だった。旧日本軍が建設の指揮をとっていただけに、同じ日本人として悲しくなってしまった。

  • Loved to be there!

Thailand-Burma Railway Centre (พิพิธภัณฑ์ทางรถไฟไทย-พม่า) Kanchanaburi, Thailand

Thailand-Burma Railway Centre (พิพิธภัณฑ์ทางรถไฟไทย-พม่า)(カーンチャナブリー, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

ここは泰緬鉄道博物館。泰緬鉄道を建設する際の捕虜の生活や歴史的な資料が保存されている場所。
当時の旧日本軍の残虐さが伝わり、本当に胸が痛む。

こういった事実は日本の歴史の授業では習わなかったので、知ることができてよかった。

  • Loved to be there!

MK Gold (เอ็มเค โกลด์) Bangkok, Thailand

MK Gold (เอ็มเค โกลด์)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

アユタヤへ2日間泊まり、バンコクへ帰ってきた日、実は2日目のツアーガイドがその日、私たちの機嫌を見かねて、「ニューハーフショーへ行かないか?」と声をかけてくれていたのだ。
その約束が今日、彼は宿まで迎えに来てくれ、まず最初にタイスキを食べさせてくれた。こんな豪華な夜ご飯は久しぶりだったので、感激した。
ちなみに彼の名前はKen。なぜKenなのかと聞くと、日本人のツアー客に坂口憲二に似てるt言われたからだそうな。なるほど。

  • Loved to be there!

carybso Bangkok, Thailand

カリプソ(carybso)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

そしてお待たせしたした!一度は見ておきたいバンコクニューハーフショーの鉄板、CARYPSO!!!
ここのニューハーフの方たちのクオリティは本物の女性よりも美しい!ここは歌やダンスのキャバレーショーで、日本の馴染みの曲を使ったりしてて、盛り上がること間違いなし!
しかもKenはよく来るらしく、私たちのために一番前の席を用意してくれていた。
私たちの必見は韓国のWonder girlのNobody!これはもう一回みたい!Kenちゃんありがとう!
喧嘩したりしてごめん!(笑)

  • Loved to be there!

carybso Bangkok, Thailand

カリプソ(carybso)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん) - 02

見てください!この身長差・・・!
私、比べたら女らしさゼロの服装・・・。途端に恥ずかしくなった。

  • Loved to be there!

Harmonica Bangkok, Thailand

ハーモニカ(Harmonica)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

CARYPSOに大満足し、帰ろうとしたそのとき、Kenちゃんが「今から友達も合流して、タイのクラブへ連れてってやるよ!」って。ここまで来たらもうKenを信用するしかない・・・。しぶしぶついていくことにした。

写真は私とKenちゃんと友達。

え?意外に若くね???

  • Loved to be there!

Harmonica Bangkok, Thailand

ハーモニカ(Harmonica)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん) - 02

クラブというより、ライブハウス。
でもこのバンド音楽に合わせて現地の人たちは踊っていた。前が踊る場所で、後ろが食事席だった。

  • Loved to be there!

Silom Village Bangkok, Thailand

シーロム ビレッジ(Silom Village)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん)

はい、2件目です(笑)。ここまで来たら着いていくしかないでしょ(笑)。
ここもライブハウス的な雰囲気。でも音楽がタイ民謡でゆったりとしていた。

ここでわかったんんですけど、Kenちゃんは友達のことが好きなんじゃないかって・・・!
1人だったら誘いにくいし、まず年の差!彼はどう見ても私たちと同い年くらいだし。
2人の恋愛が成就することを祈る!!!

  • Loved to be there!

Silom Village Bangkok, Thailand

シーロム ビレッジ(Silom Village)(バンコク, タイ)|ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜(Natsumi Daizenさん) - 02

おっちゃんたちも踊り狂ってます。あれ?こんなに激しい音楽だったっけ?

そして私たち2人は宿の前まで送ってもらい、Kenちゃんとそおの友達は闇夜へ消えて行きましたとさ。2人に幸あれ!

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 1Favorite
  • 5615view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜 ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜

Back to Top of ひもじくて、ひもじくて〜バンコクで騙された5日間〜