Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Yumi Nakamuraさんのログブック(旅行記)「【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅」

【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅

2014-01-30 - 2014-02-05 16 694 0

【天津ってどんなところ?】天津は古き良き中国の姿も残しつつ、租界時代の名残もあり、多くの著名人を輩出している大都市!環渤海湾地域の経済的中心地であり、中国北方最大の対外開放港。中国人に天津の人ってどんな人って聞けばだいたいおもしろい人たちいっぱいいるよね〜!って返ってくる。そう中国のお笑い芸人的な人たちを多く輩出しているのが天津なんだとか!確かにここに住んでる人たちは街中で喧嘩も多いけどその喧嘩の中にもジョークを混じり入れて話すほど笑いが絶えない人々がたくさん... ちょっと下品なところもあるけどそこもまたなんか馴染みやすい部分でもあるんだよね。不思議なことに。
租界時代の面影はたくさん残っていて、取り壊すことを禁止されている建物も多いため欧風建築物が数多く起こされている。なんだって中国の中でも上海と並んでも良いぐらい一番多くの国から租界地に選ばれたもの。

大学受験も終わり、大学が始まるまでの間にちょうど旧正月が行われるということで小さい頃、過ごしていた天津で一週間ほど過ごすことに。

※天津に天津丼はございません

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

4日目2014/02/02

万全道 天津, 中華人民共和国 (中国)

万全道(天津, 中華人民共和国)|【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅(Yumi Nakamuraさん)

旧・日本租界地エリア

ここでいろんなストーリーがあったんだね。
ここで日本語を話されてた時期もあったのね。

  • 行ってよかった!

5日目2014/02/03

南市食品街 Nanshi Food Street 天津, 中華人民共和国 (中国)

南市食品街 Nanshi Food Street(天津, 中華人民共和国)|【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅(Yumi Nakamuraさん)

きな粉餅みたいなお菓子、「驴打滚」

食感はきな粉餅より歯ごたえがある餅

ちょうどお腹が空いてたので下ごしらえにはよかった^^

  • 行ってよかった!

6日目2014/02/04

McDonald's 麦当劳 天津, 中華人民共和国 (中国)

McDonald's 麦当劳(天津, 中華人民共和国)|【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅(Yumi Nakamuraさん)

目の前にあるマックは天津第一号店!
小さい頃はよくここで遊んだよ〜
中国のマックを食べる機会があったらぜひ「麻辣鸡腿」試してみてね!これが辛いんだけど美味しくてね、ヤミつきになる味

  • 行ってよかった!

7日目2014/02/05

大悲禅院 天津, 中華人民共和国 (中国)

大悲禅院(天津, 中華人民共和国)|【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅(Yumi Nakamuraさん) - 03

拝んで拝んで拝んで拝む。

よい年となりますように。

初詣感覚!

ちなみにおみくじはない!

でもおまもりは一つにつき100元ほど。高いね!!

  • 行ってよかった!

天津眼科医院 天津, 中華人民共和国 (中国)

天津眼科医院(天津, 中華人民共和国)|【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅(Yumi Nakamuraさん)

旧暦でいう大晦日に爆竹をやり次の年もバンバン盛大になりますよーにーっと願い寝る

朝、起きたらこう。笑

  • 行ってよかった!

mcdonald Olympic Complex 天津, 中華人民共和国 (中国)

mcdonald Olympic Complex(天津, 中華人民共和国)|【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅(Yumi Nakamuraさん)

旧正月にこれは欠かせないでしょう〜!
子供達も度胸がでかいから普通に火をつけられるのだが私は人に頼んでただただ煙の中で見ていた。

ちなみにこの写真は翌朝に撮った写真

  • 行ってよかった!

The St. Regis Tianjin 天津, 中華人民共和国 (中国)

The St. Regis Tianjin(天津, 中華人民共和国)|【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅(Yumi Nakamuraさん) - 02

前こんなでっかい建物なかったぞ!でもやはりまだまだ寂しいね。夜になればライトアップされて綺麗なんだが。

  • 行ってよかった!

天津(中華人民共和国)|「こういう街並みは稀だからこそ好き!
見知らぬおじいちゃんおばあちゃんを見つければ微笑んでる自分がどっかにいる笑」【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅(Yumi Nakamuraさん)

こういう街並みは稀だからこそ好き!
見知らぬおじいちゃんおばあちゃんを見つければ微笑んでる自分がどっかにいる笑

  • 行ってよかった!

天津(中華人民共和国)|「最後に天津の繁華街ショッピングストリート「滨江道」の夜の写真

いっぱい食べていっぱい歩いて、子供の頃に戻ってきたかのように癒された旅となった。

そして発展していく天津を見るたんびに心に響く何かがあるのだ。
なんでしょう...」【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧

最後に天津の繁華街ショッピングストリート「滨江道」の夜の写真

いっぱい食べていっぱい歩いて、子供の頃に戻ってきたかのように癒された旅となった。

そして発展していく天津を見るたんびに心に響く何かがあるのだ。
なんでしょう...

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅

中国
北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅

2012-06-21 - 2012-06-23

  • 15
  • Yuichi Kudo
天津と北京の二都市の旅です。今回のハイライトはなかなか泊まることができない北京の釣魚台国賓館に2泊することです。実際泊まった感想は想像通りふつうは泊まれないんだろうなぁと感じるほど豪華で気品あるものでした。

作者: Yuichi Kudo

  • 0
  • 403

上海で国際交流

中国
上海で国際交流

2014-05-11 - 2014-05-11

  • 5
  • Masaya Kawabe
初めての中国。少し不安はありましたが、国籍関係なく皆とてもフレンドリーでとても充実した時間を過ごす事が出来ました!参加者が自国の料理を振る舞う「Cooking Exchange」も行われました。

作者: Masaya Kawabe

  • 3
  • 282

四川省の山奥、美しい村丹巴訪問の旅

中国
四川省の山奥、美しい村丹巴訪問の旅

2010-09-27 - 2010-10-02

  • 15
  • Yuichi Kudo
四川省の山奥に位置する中国一美しい村と話題の丹巴を訪問しました。四川省の州都成都から片道で6時間以上と、とてもタフな旅となりましたが田舎でしか味わえない人々の無垢な対応とのどかな景色に感情。日本の里山のようなどこかなつかしい光景に時間も忘れのんびりと村を散策してきました。素朴ながらにも一生忘れない旅となりました。

作者: Yuichi Kudo

  • 0
  • 950

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 10
  • 5122

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 4548

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

作者: Yusuke Kon

  • 7
  • 3540

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2734

初めての広州。


初めての広州。

2014-04-15 - 2014-04-19

  • 62
  • Jun
広州で大規模な見本市が行われるので、行ってきました。深圳は良く行きますが、広州まで行くのは初めてなのでワクワクしました。

作者: Jun

  • 3
  • 2284

【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅 【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅

【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅 トップへ