Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Kouhei Ishiwataさんのログブック(旅行記)「カンボジア シェムリアップ」

カンボジア シェムリアップ

2012-01-10 - 2012-01-1418 Episodes
Kouhei Ishiwata
Travel Collector
Kouhei Ishiwata
  • 20s / male
  • Cambodia
Places visited
Cambodia

アンコールワットを目的にカンボジアまで。
しかし素晴らしい見所は世界遺産のそれだけではなかった。
人、街、空気。。
この国カンボジアで、僕は自分の無知さを知ることになる。

  • 1Favorite
  • 255view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12012/01/10

Pub Street Siem Reap, Cambodia

パブストリート(Pub Street)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん)

ここはシェムリアップのパブストリート。個人的にはタイのカオサンよりもこっちに方が好きです。
程よいローカル感、値段、人の笑顔。どれをとっても個人的には一番良かったストリートでした。

  • Loved to be there!
  • Budget:2000USD

Day 22012/01/11

Ankor Vat Siem Reap, Cambodia

アンコールワット(Ankor Vat)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん)

二日目からはアンコール遺跡群周り。ここからよく仏像の首だけが新しくなっているのを見かけます。
現地の人に聞くと紛争などにより首が取られ他国に高く売るということが戦乱に紛れ行われていたとのこと。
綺麗な遺跡の中にもこのような悲しい歴史が刻まれていました。

  • Loved to be there!

Ta Prohm Siem Reap, Cambodia

タ・プローム(Ta Prohm)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん)

タ・プローム ここはかなり有名なスポット。時と共に壊れていく遺跡をガジュマルの木が覆う。
破壊と創造。壊れていく中で産まれてくるものもあるという。。
とても感慨深くなってしまった。笑
ここはとにかく観光客が多いので時間をずらした方がゆっくり浸れるとおもいます。

  • Loved to be there!

Ankor Vat Siem Reap, Cambodia

アンコールワット(Ankor Vat)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん) - 02

アンコールワット
バイヨンなどの様々な遺跡群をかき分け、行き着く場所はここでした。
写真で見て満足するにはもったいないです。
トリハダもんの遺跡を皆様もぜひ。

  • Loved to be there!

Ankor Vat Siem Reap, Cambodia

アンコールワット(Ankor Vat)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん) - 03

引き続きアンコールの中へ。
見所はたくさんありましたが、皆さんが紹介してくれてるので僕は各々の行動にフォーカスしてみました。
写真のように瞑想やヨガをしている人。
ここに来れば、エネルギーをもらえる。それは間違いありません。笑。
だからか、神々しく見えませんか?

  • Loved to be there!

Phnom Bakheng Siem Reap, Cambodia

プノン・バケン(Phnom Bakheng)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん)

この日の最後は、プノンバケン
個人的には夕日はここで見るのが最も美しかったです。
標高が高い位置にある遺跡なので森林を眼下に夕日が落ちる。
海とは違うよさが、ここにはありました。

  • Loved to be there!

Day 32012/01/12

Angkor Balloon Siem Reap, Cambodia

Angkor Balloon(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん)

三日目は、5時に起床。
早朝から気球に乗りました。
この気球はアンコール遺跡群を真上から見下ろせます。ん〜
素晴らしい。

  • Loved to be there!
  • Budget:1500USD

Tonle Sap Restaurant Siem Reap, Cambodia

トンレサップレストラン(Tonle Sap Restaurant)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん)

トンレサップ湖
ここでは水上で生活している人たちが沢山います。
雨期と乾期では水深が9倍近く違うので、風景にもその様子が垣間見れます。
この湖でとれる魚がカンボジア国民の台所を支えているといっても過言ではないみたいです。

  • Loved to be there!
  • Budget:2000USD

Tonle Sap Restaurant Siem Reap, Cambodia

トンレサップレストラン(Tonle Sap Restaurant)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん) - 02

僕らが船に乗っていると、手漕ぎボートで必死に電動ボートに追いついてきて、子供が僕らのボートに乗り移りジュースやお菓子を売りに来る。
小さい子がお金を稼ぐ。家族の為、自分の為。
日本にいたら見えないもの。そのようなものは、海外の日常ではそこらに散らばっている。
そこで何かを感じる。それが、第一歩なんだと思います。

  • Loved to be there!
  • Budget:30USD

Pub Street & Night Market SR Siem Reap, Cambodia

Pub Street & Night Market SR(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん)

この日はナイトマーケットへ。
カンボジアの人は日本語を喋る人が多い。
この日は値切りを日本風のじゃんけんでやってみた。
相手が勝ったら言い値で、僕が勝ったら3分の1。
みんな集ってきてキラキラした笑顔でじゃんけんしてくれた。
この笑顔見れたらじゃんけん負けてもいいかってかっこよく思ったけど、ここで己のじゃんけんの弱さを思い知る。笑

  • Loved to be there!
  • Budget:5000USD

Day 42012/01/13

Ankor Vat Siem Reap, Cambodia

アンコールワット(Ankor Vat)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん) - 04

4日目も天気は良好。
この日も早起きしてアンコールのサンライズを見る。
様々な国の人たちがみんないい顔で朝日を待ってます。
平和ってこんな感じなのかなと少し感じた、カンボジアの朝。

  • Loved to be there!
  • Budget:500USD

Beng Mealea Siem Reap, Cambodia

ベンメリア(Beng Mealea)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん)

朝日を鑑賞後、トゥクトゥクをチャーター。交渉の末格安1日チャーターでベンメリアを目指します。
タクシーよりもトゥクトゥクがいいです。開放感と景色が最高。しかし、乾燥地帯を走る時はギャング風バンダナを忘れずに。

  • Loved to be there!
  • Budget:1500USD

Beng Mealea Siem Reap, Cambodia

ベンメリア(Beng Mealea)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん) - 02

トゥクトゥクのオッチャンオススメの飯屋で休憩。
ベンメリアまでは片道一時間半くらいかかります。
ここのカレーはカンボジアで食べた飯の中でもピカイチにうまかった。 これでも確か300円くらいだったかなぁ。残念ながら店の名前は忘れましたが。。

  • Loved to be there!
  • Budget:500USD

Beng Mealea Siem Reap, Cambodia

ベンメリア(Beng Mealea)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん) - 03

休憩後もこんな荒野を走り続けます。
舗装もされてない道を永遠走り続ける三輪バイク。
たまに子供達が笑顔で手を振ってくれます。
あゝ君達の笑顔があるからケツが痛くても走っていけるんだぜ!

  • Loved to be there!

Beng Mealea Siem Reap, Cambodia

ベンメリア(Beng Mealea)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん) - 04

そしていよいよベンメリアに到着。
なんだこの無防備な遺跡は。。
世界遺産並びに、文化遺産的なものは有無を言わさず厳重な管理下に置かれているものが多い。
でも、ここベンメリアはそんな気もさらさらなく。
訪ねる者の文化的なものに対する愛が試される場所でした。
さらにここで僕は海外に対する無知さを思い知るのでした。

  • Loved to be there!

Beng Mealea Siem Reap, Cambodia

ベンメリア(Beng Mealea)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん) - 05

倒れかけた柱から屋根に上り、秘密のルートを教えてくれる。そんな観光ガイドをしている子供達が沢山ここにはいます。
そんな時、ある観光客の親子が案内してくれた子供にお金を払うシーンをみました。
そしてその親は自分の子供にお金を渡し、案内してくれた子供にお金を渡すよう伝えました。
そしてその子供はカンボジアの子にお金を投げ笑いながら後を去ります。
同い歳の子供がお金を投げ、拾う。
そこで、僕は憎いとか、生まれた国の違いとかそんなことは思えなかった。
唯、僕が感じた事。それは
俺は本当は何も知らなかった。本や映画を見て知った気になってただけ。
ということでした。

  • Loved to be there!

Day 52012/01/14

siem reap international airport Siem Reap, Cambodia

シェムリアップ国際空港(siem reap international airport)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ(Kouhei Ishiwataさん)

そして帰国しました。

この旅にでて感じたこと。
自分の目で見て耳で聞いて、皮膚感覚で感じる。
それが一番大切だということ。

椅子の前でpcを見てるだけじゃ感じれない事がこの世には沢山あって。

旅は何かを変えにいくもんではなく、何かを感じにいく。結果として何かが残るんだなぁと
カンボジアの旅を通して思ったことでした。

  • Loved to be there!
  • Budget:60000USD

Travel Tracking

Comments

  • 1Favorite
  • 255view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

カンボジア シェムリアップ カンボジア シェムリアップ

Back to Top of カンボジア シェムリアップ