Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Shiori Kudoさんのログブック(旅行記)「まめじょの豆な旅」

まめじょの豆な旅

2014-03-11 - 2014-03-21 70 5019 12
Shiori Kudo
Travel Collector
Shiori Kudo
  • 20s / female

"豆"を通した出会いを求め、豆を軸に海外旅行をしてみることにしました。

食材から調味料まで大豆の食文化を幅広く築き上げてきた日本は、
世界でどう受け入れられているんだろう?
そんな疑問に対するヒントを見つけるために、
各地でお豆腐づくりワークショップを開きました。

そして各国では、豆はどのようにお店に並び、食卓にあがるのだろう?
現地のお豆腐を食べ比べ、お店を周りながら、各国の"豆事情"を調査。

私が垣間見た世界は、とってもとっても狭いものですが、
大好きな豆を通して、たくさんの人々との交流が生まれました。

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 12014/03/11

Japan Nagano Prefecture, Japan

Japan(長野県, 日本)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

きっかけは突然やってきました。

豆が好きで好きで、好きすぎて、
思いの丈を発信し続けているうちに、和食の展示会の出展のお仕事が舞い込んできたのです。

行先はパリ。

久しぶりのヨーロッパ。

他にも私的に何かしてこようかな?
観光っていう観光をするのではなく、国内での日常となんら変わらない気持ちで、一番大好きな”豆”を追いかけてみようと思いました。

実感のないまま出国。
計画性に欠けていたため、それはそれは慌ただしいものでした。笑
苦手なんです・・・とくに一人旅だと。

飛行機に無事に乗れて、ほっとして間もなく、機内食が配られる。

和食と洋食、どちらにしますか?

まぁ、日本を離れるわけなので、
ここは和食をチョイスするのが妥当か・・・

そして受け取ったプレートを眺め、まず視界に飛び込んできたのは、お豆腐。

声が出そうになりました。(出てたかも)
心の中でガッツポーズをしていたの
は私だけでしょうか。

しばし美味しいお豆腐とはお別れなのかな・・・なんていう寂しさも一緒に、いつもよりちょっとだけ時間をかけて味わった。

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「こちらは海外でもメジャーな、ハウスさんのお豆腐。
きぬ、やわらかめの木綿、かための木綿、と好みによって固さが選べます。
サイズも大き目。」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

こちらは海外でもメジャーな、ハウスさんのお豆腐。
きぬ、やわらかめの木綿、かための木綿、と好みによって固さが選べます。
サイズも大き目。

  • Loved to be there!

Juji-ya Île-de-France, France

十時や(Juji-ya)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 02

お醤油のラインナップはここまで充実していました。

そうそう。日本食レストランでは、2種類お醤油差しが並んでいました。
SALE(塩):日本と同じお醤油
SUCRE(砂糖):甘辛ソース (蒲焼のたれのような・・・)

確かに塩辛いものに慣れていないフランス人の方にとっては、普通のお醤油の塩加減はキツく感じるのでしょうね。選択肢があることは素晴らしいことです。

  • Loved to be there!

Juji-ya Île-de-France, France

十時や(Juji-ya)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 03

極めつけは、おからのお惣菜”卯の花”

あれれ。私、今どこにいるんだろうか・・・。

とりあえず、お買い上げ。

そして実食。

・・・普通に、美味しかったです。

  • Loved to be there!

Juji-ya Île-de-France, France

十時や(Juji-ya)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

幼いころからきな粉ヨーグルトが毎日の日課なので、パリにきな粉も持参していましたが・・・こちらにも発見。
しかも北海道産「大袖振大豆」使用というクオリティもお墨付き。
お値段は・・・ご覧のとおりです。

  • Loved to be there!

Day 32014/03/13

Rue Boulle Île-de-France, France

Rue Boulle(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

パリにあった
welcome BIOというオーガニック自然食品店へ。

穀物類や豆類、ドライフルーツやパスタまで
好きなものを好きなだけ入れて計量したものに値がつくしくみになってました。

オリジナルグラノーラもその場で作れてしまうということでしょうか!素敵!

▶︎詳細
http://welcomebio.fr
http://www.ovninavi.com/welcomebio(日本語紹介記事ページ

  • Loved to be there!

Day 42014/03/14

パリ(フランス)|「当日は日本語を勉強している人が多くいらっしゃいました〜。


海外だから、外国人相手だから
いつでも英語で話すっていうのは、ある意味だったり残念だったりする。

大学で日本語教育を専攻していたこともあり、彼らとの日本語でのコミュニケーションを楽しみました。

日本語勉強してくれて

当日は日本語を勉強している人が多くいらっしゃいました〜。

海外だから、外国人相手だから
いつでも英語で話すっていうのは、ある意味だったり残念だったりする。

大学で日本語教育を専攻していたこともあり、彼らとの日本語でのコミュニケーションを楽しみました。

日本語勉強してくれてありが豆!
と、いつも言うことにしている。

だって、文字だけでも、
ひらがな・カタカナ・漢字・・・
自分だったら挑めないな、挫折してるな、とつくづく思う言語、それが日本語です。

梅を購入してくれた記念に。

  • Loved to be there!

Passage Choiseul Île-de-France, France

パッサージュ・ショワズール(Passage Choiseul)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 06

MOGMOGコーナーには
お好み焼き、
おそば、
団子など
実食ブースがずら〜っと並びます。

今話題になっているという、
某大手食品会社の
インスタントラーメンもどど〜んと。

  • Loved to be there!

Passage Choiseul Île-de-France, France

パッサージュ・ショワズール(Passage Choiseul)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 03

こちらは観光ブース。

日本各所の自治体からの出展のようです。

じっくり見る時間は・・・無かったですが、にぎわっていました。

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「愛知県名古屋市中村区の縁の人物といえば、豊臣秀吉!(って初めて知りましたが)

秀吉がオンナ好きだった・・という説から、
“おっぱい豆腐”で出展されていた、居酒屋「とぅるり」のご夫婦!

豆腐好き仲間!ということで、味見までさせてもらいました!
葛粉で固めたお豆腐は、胡麻豆腐のよ

愛知県名古屋市中村区の縁の人物といえば、豊臣秀吉!(って初めて知りましたが)

秀吉がオンナ好きだった・・という説から、
“おっぱい豆腐”で出展されていた、居酒屋「とぅるり」のご夫婦!

豆腐好き仲間!ということで、味見までさせてもらいました!
葛粉で固めたお豆腐は、胡麻豆腐のようにねっとり濃厚〜。
海外へ豆腐という食材をアピールするときに
こういう角度から攻めることも
すごく効果的な手法だと思います。

それにしてもこのご夫婦仲が良くって場が和んでました!
いつか愛知のお店にも遊びにいこ〜っと!

▶︎詳細
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23038452/

  • Loved to be there!

Passage Choiseul Île-de-France, France

パッサージュ・ショワズール(Passage Choiseul)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

私が携わらせてもらったのは、
日本の食・食文化を通して人々に感動を提供し、世界中の食卓を笑顔にする事を目指す"smile link partners"という団体のブース。

・豆腐の味噌漬け
・ドライ納豆
・梅の青紫蘇包み

まだまだフランスへ知られていない日本の食材たちを現地の人々に味わってもらい、反応を確かめてくることが任務でした。

が、フランス語がわからない私がどこまでお客さんとのやりとりができるのか。

・・・・見所です。笑

  • Loved to be there!

Passage Choiseul Île-de-France, France

パッサージュ・ショワズール(Passage Choiseul)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 05

こちらも
ドライ納豆を気に入ってくれたお二人と。

日本語が好きで、なんと現地のユ○クロの店員さんをしているようです。

2日連続で来店してくださいました。

  • Loved to be there!

Passage Choiseul Île-de-France, France

パッサージュ・ショワズール(Passage Choiseul)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 02

もちろん、フランス語でのやりとりにも奮闘しました。
会場の通訳ボランティアさんの見よう見まねで、なんとか、商品の説明がさら〜っとできるくらいにはなっていたはず!

こちらの奥様とも仲良くなり、最後は連絡先までくださいました。

言葉の壁は厚かったですが、
笑顔と熱意(だけ)で
豆の魅力が伝える事ができたかな。

  • Loved to be there!

Passage Choiseul Île-de-France, France

パッサージュ・ショワズール(Passage Choiseul)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 04

2日間というとっても短い開催期間でしたが
予想を上回る来場者。

食へ、日本への関心の高さを
身をもって感じる機会になりました。

  • Loved to be there!

Passage Choiseul Île-de-France, France

パッサージュ・ショワズール(Passage Choiseul)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 07

今回の渡仏のきっかけとなったお仕事の日がやってきました。

“日本・食文化・観光”をテーマに、日本の食品と食に関する工芸品を地方ごとに紹介し、訪日にもつなげるイベント
C'est Bon! le Japon-WASHOKU-への出展です。

  • Loved to be there!

Passage Choiseul Île-de-France, France

パッサージュ・ショワズール(Passage Choiseul)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 08

主催はユーロジャパンクロッシングさん。
スタッフのみなさんはフランス語が堪能!
前日は会場の設営をボランティアさんと一緒にされていました。
このポスターと同じフライヤーが
オペラ周辺のアジア食材店などに置かれていました。
日本好きには期待高まる!!そんなイベントなんだろうな・・・と一生懸命現地の人の気持ちになってみる。

  • Loved to be there!

Day 62014/03/16

Hotel Île de France Opéra Île-de-France, France

イル ド フランス オペラ ホテル(Hotel Île de France Opéra)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

6日目。

展示会の仕事も終わったので、
宿泊費がかさむオペラから離れて安宿でもさがそうかな・・・と持っていた矢先。

「今日からどこ泊まるか決まってるの?」
と、5日間泊まっていたホテルのレセプションのジョーンに訪ねられ、首を振る私に・・・・
「良いアイディアがあるよ。」

と、ジョーンは
とっておきのサプライズを用意してくれました。

近くにある親しいホテルを紹介してくれたのです。

そしてジョーンに言われるがままについていくと、
「SHIORI! You can stay here!」

なんと・・・ダブルルーム。。。。

  • Loved to be there!

Hotel Île de France Opéra Île-de-France, France

イル ド フランス オペラ ホテル(Hotel Île de France Opéra)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 02

「ずっと狭い部屋で疲れただろう。
それに日本人は風呂が好きなんだから!」

と、バスルーム付きのお部屋を用意してくれました。

もちろん、気が引けてお金は払ってきましたがそれでもだいぶまけてくれていたみたい。

ひさしぶりの湯船・・・って実家のお風呂より広いかもしれません。笑

こんな贅沢をするとは予想にもしていなかったです。

  • Loved to be there!

O'Sullivans Café Bar Île-de-France, France

O'Sullivans Café Bar(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

その翌日の17日はSt.Patrick's dayということで、
アイルランド好き(そしてビール好き)の私はジョーンを誘いアイリッシュパブへ!
夜な夜なビールをのみました。
ビールおごったぐらいで返せる恩ではないけれど、見ず知らずの私にここまでフレンドリーに接してくれたジョーンともっと話したかったのです。

ジョーンがいなかったらパリ滞在が一味も二味も変わっていただろうな。

”親切”なんて言葉じゃ納まりきれないほど、
あったかくて粋なおじさんでした!

あ、ここのギネスは高いわりに・・・だったことは明記しておきます。笑

  • Loved to be there!

Day 72014/03/17

Paris Île-de-France, France

パリ(Paris)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

初めて海外で、お豆腐づくり。

フランスでは、ワークショップのことをアトリエ;atelier と呼ぶそう。

初めてのアトリエは、現地の日本人の奥様方と。

大豆から、豆乳を絞り、にがりで固めて寄せ豆腐に。さらに、布を敷いた型に入れて水分を抜き、木綿豆腐も作りました。

  • Loved to be there!

Paris Île-de-France, France

パリ(Paris)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 03

昨今フランスでは、"bio"、つまりオーガニックや自然農法で作られた食材の需要がますます高まっているそう。
そんな中、健康的なイメージの強い日本食は再注目されてきているとのこと。

大豆とお水、凝固剤(一般的には"にがり"として知られているもの)
たった3つの原料からできあがるお豆腐。

シンプルだからこそ、立ち止まってその成り立ちを振り返ることは少ない食材なのではないでしょうか。

それでも海外に長期滞在されてきたみなさんは口を揃えてこう言います。

新鮮で美味しいお豆腐になかなか出会えない。

なにより、日本のように、気軽に買える値段ではお豆腐は手に入らない。

海外での生活で、お豆腐が悩みのひとつにもなり得るということ。これは観光客では味わいがたいものでしょう。

豆腐マイスターという資格の取得をきっかけに練習しだしたお豆腐作りが、こういった形で活かされるとは、私も思いもしなかったです。

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「そんな悩みや関心を抱きつつ、足を運んでくださったみなさんと、さっそくお豆腐を作り始めました。

まずは豆乳作りから。

大豆、水、にがり

こんなシンプルな原料からできあがるお豆腐も
実は奥が深いのです。
ここまで化学反応を繰り返してできあがる食材はない、という話を聞きました。

そんな悩みや関心を抱きつつ、足を運んでくださったみなさんと、さっそくお豆腐を作り始めました。

まずは豆乳作りから。

大豆、水、にがり

こんなシンプルな原料からできあがるお豆腐も
実は奥が深いのです。
ここまで化学反応を繰り返してできあがる食材はない、という話を聞きました。
調理の過程の温度ひとつをとっても、
ちいさな誤差ができあがるお豆腐に大きな違いを生み出すのです。

  • Loved to be there!

Paris Île-de-France, France

パリ(Paris)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 02

出国の約1ヶ月半前、知人の紹介でテーラーの高松さんと出会う。

3月に海外でお豆腐づくりをするんです。

何か着るものは用意した?

"KIMONO"ってもう海外じゃ
新しいものとして受け入れられないからね。
どうせなら、
めずらしいものを着ようよ。

たとえば割烹着なんてどうかな?

袖口はゴムじゃなくてタックにして
襟元も可愛くしてみようか。

こんなトントン拍子に会話が弾んだ結果、できあがったのがこの割烹着ワンピース。

紬の着物は中古の着物屋さん、ボタンはなんとベオグラードで調達されたもの。

"日本"のイメージカラーの朱と白。

丸みがかった襟元や袖、大振りなポケットがお気に入り。

帯風のベルトをぎゅっと貝結びするたびに、身が引きしまりました。

Kappougi apron
designed by Taichiro Takamatsu
Brand: TSUMA
http://taichirotakamatsu.jimdo.com/

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「サンドラさんと。」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

サンドラさんと。

  • Loved to be there!
  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「木綿豆腐も完成です。
型箱も持ち込みました。」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

木綿豆腐も完成です。
型箱も持ち込みました。

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「お豆腐が固まるまでの時間。
お豆腐について語らう時間も設けました。

大豆やにがりの入手、水の硬度の違い、

今回は私が材料を日本から持ち込みましたが、
現地で美味しいお豆腐を自分の手で作るために乗り越えなければならない課題はまだまだありそうです。」まめじょの豆な旅(Shiori

お豆腐が固まるまでの時間。
お豆腐について語らう時間も設けました。

大豆やにがりの入手、水の硬度の違い、

今回は私が材料を日本から持ち込みましたが、
現地で美味しいお豆腐を自分の手で作るために乗り越えなければならない課題はまだまだありそうです。

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「"まめちゃん、元気がでたわ、ありがとう!"
そんなお褒めの言葉をいただいたのだけど、
それは私こそ。

大きな達成感と安心感、
豊かな時間の流れを感じながらのお豆腐づくりを味わえました。

さぁ、豆旅は続きます。」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

"まめちゃん、元気がでたわ、ありがとう!"
そんなお褒めの言葉をいただいたのだけど、
それは私こそ。

大きな達成感と安心感、
豊かな時間の流れを感じながらのお豆腐づくりを味わえました。

さぁ、豆旅は続きます。

  • Loved to be there!

Paris Île-de-France, France

パリ(Paris)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 04

とはいっても、難しいことは考えずに、楽しく作ってもらうことが一番大切です。

今回のアトリエを開くにあたってご自宅を貸してくださったサンドラさん(写真)も、豆乳絞りにチャレンジ。

この過程ではまだ豆乳に火を通してないので、
いわゆる"青臭さ"こそしていますが、
絞りきったあと、手がツルツルになります。
女性には嬉しい特典ですね。

  • Loved to be there!

Day 82014/03/18

Fontainebleau Île-de-France, France

フォンテーヌブロー(Fontainebleau)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 11

8日目は
パリから少し離れた
フォンテーヌブローという街でのワークショップ。

現地に長年移住してらっしゃる日本人奥様3にんと。

  • Loved to be there!

Fontainebleau Île-de-France, France

フォンテーヌブロー(Fontainebleau)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 07

みんなで丸めたり、
おにぎりのように握ってみたり。

  • Loved to be there!

Fontainebleau Île-de-France, France

フォンテーヌブロー(Fontainebleau)(パリ, フランス)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

おいしい!!と言わんばかり(言ってますw)の私の顔。

  • Loved to be there!

Day 92014/03/19

Wien / Vienna Vienna, Austria

ウィーン(Wien / Vienna)(ウィーン, オーストリア)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 06

無事に出来上がって一安心、なひととき。

  • Loved to be there!

Wien / Vienna Vienna, Austria

ウィーン(Wien / Vienna)(ウィーン, オーストリア)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 04

さて、お次はオーストリアのウィーンにて、
お豆腐作りのワークショップを開催しました。

現地のアレンジをしてくれたのは、割烹着を作ってくれた高松さんのお知り合いのひささん。
突然の声かけにも関わらず、お友達がぞくぞくと集まってきてくれて驚きました。
まぎれもなく、これはひささんの人徳。

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「これから、ビーガンのためのレストランの経営を始める予定のJudithさんはお店でお豆腐やおからのメニューを出す事を以前から考えていいたいらしい。
凄く熱心に質問もしてくれました。」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

これから、ビーガンのためのレストランの経営を始める予定のJudithさんはお店でお豆腐やおからのメニューを出す事を以前から考えていいたいらしい。
凄く熱心に質問もしてくれました。

  • Loved to be there!

Wien / Vienna Vienna, Austria

ウィーン(Wien / Vienna)(ウィーン, オーストリア)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

”ALL KIND OF ”まめ” is great , including you!!"
なんて言われ一瞬だけ有頂天になりました。

2人のこれからの夢にとても良いカタチで関わっていける事になりそうです。

それにしても良い笑顔ですね、おふたり。

  • Loved to be there!

Wien / Vienna Vienna, Austria

ウィーン(Wien / Vienna)(ウィーン, オーストリア)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 02

寄せ豆腐の完成!
うまくいくか不安だったけど、
カタチになりました!

  • Loved to be there!

Wien / Vienna Vienna, Austria

ウィーン(Wien / Vienna)(ウィーン, オーストリア)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 03

寄せ豆腐を今度は木綿豆腐の型に流し込みます。
お豆腐の種類についてもここで説明。

パッケージを眺めているだけじゃ、
この食べ物がどんな風に作られてきたのかを想像することって難しい。
でも体験を通して行程さえ見えてくれば、想像はぐんと簡単になりますね。

食の安全にこだわりを持つ人であればなお、こういう体験に積極的に参加しているだろうけど、
そうでもない人にもぜひ体験して欲しい。
それは単純に、愉しいから。

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「おから絞りマイスターになれるかも!
と張り切っていたLukasさん。

結構しぼるのに力がいるんですが、こんな余裕の笑顔を見せてくれました。」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

おから絞りマイスターになれるかも!
と張り切っていたLukasさん。

結構しぼるのに力がいるんですが、こんな余裕の笑顔を見せてくれました。

  • Loved to be there!

Wien / Vienna Vienna, Austria

ウィーン(Wien / Vienna)(ウィーン, オーストリア)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 07

おからとヨーグルトをまぜたものに、
「ルバーブ」という野菜をつかったコンポートのようなものをあえたもの。
赤い茎上の野菜で酸味があります。
日本ではあまりよく知られていない素材でオリジナルのおからレシピが誕生。

確かに日本で発達したお豆腐・おからの食文化。
でも”日本流=正しい食べ方”、なんてことはないわけで、押し付ける事はせず、

”これ、こうやって食べてみたらおいしいんじゃないかな?”

っていう、時には型破りに聞こえる現地の人の直感はとても大切。

私たちが発掘できていない「おから」の持つ可能性が広がるきっかけになるからです。

参考までにおからについてちょろっと書きますが、
豆腐作りで1キロの大豆を使った場合生産されるおからは1,4キロ。
そして大半が「産業廃棄物」として捨てられているのです。
日本の豆腐屋さんは業者にお金を払い、おからを処理してもらっている状況です。

栄養価の高さは認められている者の、私たちのカラダに直接取り込まれている量はわずか。

やはり、
”つかい方がわからない”と言う人が多いから。

こうしてお豆腐作りの過程でも、食べ物の廃棄問題と向き合い、問題意識を共有することができました。

  • Loved to be there!

Wien / Vienna Vienna, Austria

ウィーン(Wien / Vienna)(ウィーン, オーストリア)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん) - 08

オーストリア、ウィーンでも
豆腐で繋がりがうまれました。

ひとりひとりと別れのハグ。

“まめがここで出来る事はたくさんあるね”

思わず、このままここに留まってみようかと本気で考えた。

たったの2日半の滞在で、これだけ愉しい出会いがあったのは、アレンジしてくれたひささんのおかげです。

ありが豆、みなさん!

  • Loved to be there!
  • Loved to be there!

Day 102014/03/20

パリ(フランス)|「さてさて
たった2泊のオーストリアの旅。

案内人、ひささんが「どこ行きたい?」と聞いてくれたのですが、

やっぱり、「地元のお店を物色したい。」という結論に行き着きました。

ということで連れて行ってもらったのは
BIOマーケット denns」まめじょの豆な旅(Shiori K

さてさて
たった2泊のオーストリアの旅。

案内人、ひささんが「どこ行きたい?」と聞いてくれたのですが、

やっぱり、「地元のお店を物色したい。」という結論に行き着きました。

ということで連れて行ってもらったのは
BIOマーケット denns

  • Loved to be there!
  • Loved to be there!
  • Loved to be there!

Day 112014/03/21

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「スロヴェニアの教育歴史博物館へ・・


なんか、ツボに入り撮ってしまった。」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

スロヴェニアの教育歴史博物館へ・・

なんか、ツボに入り撮ってしまった。

  • Loved to be there!
  • Loved to be there!
  • Loved to be there!
  • Loved to be there!
  • Loved to be there!
  • Loved to be there!
  • Loved to be there!
  • Loved to be there!
  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「それから
日本屋さん。

地元の人にもよく知られている日本の食材や雑貨を(食器なども)おいてます」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

それから
日本屋さん。

地元の人にもよく知られている日本の食材や雑貨を(食器なども)おいてます

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「世界に広がる森永さんのMORI TOFU はここにも健在」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

世界に広がる森永さんのMORI TOFU はここにも健在

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「ソイバーガー発見!
ランチはキミに決めた!」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

ソイバーガー発見!
ランチはキミに決めた!

  • Loved to be there!

パリ(フランス)|「ホイップクリームも大豆でできてます!」まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

ホイップクリームも大豆でできてます!

  • Loved to be there!

Ljubljana, Slovenia Ljubljana, Slovenia

Ljubljana, Slovenia(リュブリャナ, スロベニア)|まめじょの豆な旅(Shiori Kudoさん)

ヨーロッパ豆旅の最終目的地は

スロヴェニアです!

首都リュブリャナに留学中の知人に会いに行きました〜。

ここにきて初めて観光らしい観光を・・・。

シンボル、「竜の橋」の前でとりあえす一枚。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

From Paris

グルメ
From Paris

2014-09-23 - 2014-09-23

  • 1
  • Nanako Kondo
the first trip to oversea only me and my mom. however we only have breakfast and dinner everyday during the stay, i got weight lol everything is super delicious!

Travel Collector: Nanako Kondo

  • 1
  • 395

【ヨーロッパで一番訪れたい街】中世の街・月の港ボルドーでワイナリー巡り

世界遺産
【ヨーロッパで一番訪れたい街】中世の街・月の港ボルドーでワイナリー巡り

2013-01-01 - 2013-01-03

  • 44
  • Asami  Yamada
世界遺産の街フランス・ボルドーへ1人旅。 「ヨーロッパで一番訪れたい街」にも選ばれたボルドーですが、日本ではワインの産地という以外の知名度は低く、観光客もかなり少なめ。 ワインに詳しくはないけれど飲むのが大好きという理由だけで、ワイナリー巡りをしてきました♡ [旅の予算] 航空券 関空⇆北京⇆パリ 123,000円(中国国際航空) パリ⇆ボルドーは高速鉄道で往復12,000円 ホテル 計6泊で2万ぐらい パリは物価が高すぎたのでゲストハウス中心に安宿ですませました。 ワイナリー巡りツアー 20,000円(日本語ガイド) トータル19万+食費とか 当時円安とは言えヨーロッパの物価は高く、スーパーのお惣菜や果物で節約してました。

Travel Collector: Asami Yamada

  • 8
  • 14842

パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)

女子旅
パリ【女子一人旅旅行記】ラグジュアリーな高級パラスホテル巡り(バー・レストラン)

2014-03-17 - 2014-04-02

  • 15
  • KANA
【フランスのパラスホテルまとめ】 フランスには五つ星より上のランクのラグジュアリーホテル「パラスホテル」が16軒あります。今回はパリ市内のパラスホテルを巡ってみました。宿泊するととってもお高いけれど、バーで一杯や、アフタヌーンティー等なら気軽に利用できます。 ロイヤルモンソーラッフルズパリ/オテル ムーリス/シャングリラ/マンダリンオリエンタル/パークハイアット 詳しいレポはBLOGへ→http://ameblo.jp/jetsetterclistin/entry-11975433344.html

Travel Collector: KANA

  • 12
  • 14568

かわいい!パリのおすすめレストラン&カフェ

女子旅
かわいい!パリのおすすめレストラン&カフェ

2014-08-08 - 2014-08-10

  • 10
  • Saki Ishizaka
旅行の醍醐味はやっぱり現地のグルメ! おいしいだけじゃなくて、内装が素敵だったり、 面白い店員さんがいたおすすめレストランとカフェを まとめてみました^^ ステーキ/ケバブ/クレープ/モンブラン/ターキーブレスト

Travel Collector: Saki Ishizaka

  • 11
  • 13918

アメリのロケ地を巡る、フランス・パリ、モンマルトルの旅

パリ
アメリのロケ地を巡る、フランス・パリ、モンマルトルの旅

2014-08-01 - 2014-08-05

  • 12
  • 大西桜子
ジャン=ピエール・ジュネ監督作品【アメリ】好きな筆者が、物語に多く登場するアベス駅から実際のロケ地や実在のお店を辿り、物語の舞台であるカフェ、ドゥ・ムーランに至るまでをご紹介します。

Travel Collector: 大西桜子

  • 12
  • 11634

パリ、迷ったらここでゴハンを

女子旅
パリ、迷ったらここでゴハンを

2010-12-31 - 2011-01-02

  • 23
  • Saera Jin
元Vogueフォトジャーナリストがお勧めする、美味しい店。レストランの詳細も書いてあります。スマホからアクセスして旅のお供に!

Travel Collector: Saera Jin

  • 17
  • 11167

フランスの旅

世界遺産
フランスの旅

2013-11-27 - 2014-03-30

  • 62
  • Hiroshi Sasaya
友人に会いに初めての一人海外旅行。パリのアパルトマンで合流して行きたかったところはほとんど行く事が出来大満足の旅となりました。2回目のパリも一人で別の友人とパリ市内で合流して一緒に観光をしました。どうしても2回のフランス旅行をまとめてアップしたかったので最初の13日間の旅、二回目の4日間の旅がまとめてアップしてあります。

Travel Collector: Hiroshi Sasaya

  • 12
  • 10141

年跨ぎパリ旅行ちょっとランス

美食・グルメ
年跨ぎパリ旅行ちょっとランス

2013-12-31 - 2014-01-05

  • 52
  • トモテラ
夏から手配してキャンセル待ちしていたエアチケットが、結局キャンセルが出ず、あわや中止かと諦めかけていた年越旅行。直前にネットで何とか確保できて一安心。諦めずに毎日ネット検索して良かった!!諦めないって大切ですね。今回は観光以外に、食の充実も旅のテーマです。

Travel Collector: トモテラ

  • 10
  • 9649

まめじょの豆な旅 まめじょの豆な旅

Back to Top of まめじょの豆な旅