Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Nobuki Araiさんのログブック(旅行記)「ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜」

ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜

2014-03-21 - 2014-03-2133 Episodes
Nobuki Arai
Travel Collector
Nobuki Arai
  • male

これが僕の旅。自称・旅達人だけあって、おそらく旅のイメージを逸脱してるかと。いつもマイ&ハイペースで生き抜いてる。けどこの日も凄まじかったんで、デジカメ見ながら、想い出せる限り、書き留めてみよーかと。
ブログ<http://blogs.yahoo.co.jp/nobukiaa/62877663.html  http://blogs.yahoo.co.jp/nobukiaa/62888732.html  http://blogs.yahoo.co.jp/nobukiaa/62905827.html http://blogs.yahoo.co.jp/nobukiaa/62944984.html  http://blogs.yahoo.co.jp/nobukiaa/62976679.html

  • 4Favorite
  • 3159view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/03/21

León Leon, Nicaragua

León(Leon, ニカラグア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん)

前日。中米ニカラグア国のレオンで起床。

  • Loved to be there!

León Leon, Nicaragua

León(Leon, ニカラグア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 02

6:15バス停へ。途中の教会。

  • Loved to be there!

サンノゼ(コスタリカ)|「7:00フンタスの普通の道で降ろされる。
バスで隣りに座ってた方が、とても親切な方だった。自然保護区へのバス乗り場を教えてくれたり、
乗り場の前のレストラン店主さんに確認してくれたり。むーちょ・ぐらーしゃす です♪
店主さんいわく9:00に来るとのこと。
日本じゃ見なくなっ

7:00フンタスの普通の道で降ろされる。
バスで隣りに座ってた方が、とても親切な方だった。自然保護区へのバス乗り場を教えてくれたり、
乗り場の前のレストラン店主さんに確認してくれたり。むーちょ・ぐらーしゃす です♪
店主さんいわく9:00に来るとのこと。
日本じゃ見なくなった&僕の好きだったファンタ・グレープを頼んで待ち。
8:45店を出よーとすると、店主さんが「ノッノー」と人差し指を斬る仕草。
この時に学んだけど【中米でこれは30分】と言う意味。
9:30待望の自然保護区行きバス来る
10:30地図上で見ると、30分で着く距離。
と思いきや、そりゃ↓こんな山道を登って自然保護区へ向かうんで、まだかかるみたい。

  • Loved to be there!

サンノゼ(コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん)

  • Loved to be there!

Terminal : León - Managua : UCA Leon, Nicaragua

Terminal : León - Managua : UCA(Leon, ニカラグア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん)

6:40.130キロくらい1時間半を移動。首都のマナグアへ。バス内と、ひざの上な僕の荷物と、まずかった菓子パン。。。

  • Loved to be there!

Terminal : León - Managua : UCA Leon, Nicaragua

Terminal : León - Managua : UCA(Leon, ニカラグア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 06

8:00マナグアの治安は世界でも最悪。
ここの国際バス発着地区は、昼間に毎日、首締め強盗あり。
なので、国際バス停近くをいかに避けるかが、旅達人のポイント。
かといって、首都が交通の起点。首都を避けて通過することは不可。
治安悪いとこへ近づかず、日の出てる間ですみやかに次の街へ移動がベスト。
8:05なんとか、次の目的地行きのバス・ターミナル【大学前】へ行くバスを教えてもらう。
8:20隣りに乗ってたお姉さんが、次の目的地マサヤ行きのバスを教えてくださる。ぐらーしゃす
バス移動で1時間弱。

  • Loved to be there!

Terminal : León - Managua : UCA Leon, Nicaragua

Terminal : León - Managua : UCA(Leon, ニカラグア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 02

9:05親友の名前と一緒だから。。。ただそのためだけに行った【マサヤ】民芸品の市場があり、ここで土産を探す。それが中米の旅メイン目的♪

  • Loved to be there!

Terminal : León - Managua : UCA Leon, Nicaragua

Terminal : León - Managua : UCA(Leon, ニカラグア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 03

10:40んで古都グラナダへ。バス移動で1時間/バス・ターミナル

  • Loved to be there!

Terminal : León - Managua : UCA Leon, Nicaragua

Terminal : León - Managua : UCA(Leon, ニカラグア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 04

12:00グラナダ着。観光/カラフルな町がやけに美しかった。町を一通り回り、古都を味わい、次へ===3

  • Loved to be there!

Terminal : León - Managua : UCA Leon, Nicaragua

Terminal : León - Managua : UCA(Leon, ニカラグア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 05

さっき書いたよー、ここの国境越えは、国際バスを使うと危険度、大。
けどガイドブックには【自力でどー行けば国境越えできるのか】書いてない。
それでも安全をとり、自力で国境へ向かってく。
とりま、今いる街な古都グラナダから、国境の方にある街へ。
14:00歩き方の地図に載ってる都市名リバスへ。

  • Loved to be there!

Rivas Leon, Nicaragua

Rivas(Leon, ニカラグア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん)

いきなり途中で『アキィー(訳/ここが乗り換えだょ)』と言われ、
荷台からバックと抜き出した中身をピックし、速攻で降りた。
教えてくれたのは、ニカラグア人でパナマ行くナイス・ガイだった。

んで国境へ行くバスに乗り換え

  • Loved to be there!

Rivas Leon, Nicaragua

Rivas(Leon, ニカラグア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 02

中米コスタリカの入国審査で並んでるなか、隠し撮り。見えないけど、日本がPCを提供してる。ってオイラにも提供してくれぃ日本様
16:30無事入国審査終了。

  • Loved to be there!

Estación de Servicio Terpel La Ribera Valle del Cauca, Colombia

Estación de Servicio Terpel La Ribera(バジェ・デル・カウカ, コロンビア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん)

国境近くって、汚いサギ師がいっぱいな中米。疲。ちょうど次の目的地【リベリア】へ向かうバスが来てる。このあと街へ着こうが、銀行は開いてない。ここでニカラグアの余った通貨コルドバと、少しの米ドルでコスタリカ通貨コロンへ両替。
詐欺してくる両替商もいるのが、国境。
注意しながら、良さげな両替商を定め、両替してると、、、
バスが走り出した===3
みなが「乗客いるょ」と叫んでくれる。ダッシュし追いかけて、飛び乗る。一応、荷物チェック。こーいう不慣れで凄まじい流れのときって、ミスしてる可能性あるんで。大事な物から「財布×2/パスポート/デジカメ/ガイドブック???」
【あれっ、見当たらねぇ???】
さっきまであったのは確か。
両替時だまされぬよー、両替レートが適切か?本で確認したんで。

全部、荷物をバックから出すも見当たらん。。。どする???
【ガイドブックなしで残りを旅するか?】
できるけど、、、合理的に動けなくなり、時間とお金をめっさ浪費する。【どこに安宿があるのか?】【どこから、次の目的地のバスが出てるのか?】
【その町になにがあるのか?】すら、分からなくなる。今回の【旅&中米戦プランをまとめた紙】も入れてた。なくすのは痛すぎる。んで止むを得ず取った行動は。。。【何キロ走ったか分からないバスを降りる】して、とぼとぼ国境へ歩いて戻り、、、『あったょ!!!ふ~♪』めっちゃアホしたけど、判断力&行動力でリカバリー。んで再会した国境越え仲間のニカラグア人が乗るバスを見送り、、、
僕はまたリビリア行きのバスに乗る。

19:25なんとかコスタリカの北側交通の要所リビリア着。
19:30次の目的地【亀の産卵】へ近づけるバス発見。
一歩でも前へ進むか?考察。。。。。
してる間にバス出発===3
でもまだ20:00にもバスあり。考察中。。。。。乗り換えな町へは行けるけど、産卵の地へなバスはとっくに終了かと読む。
【歩き方】には【バス1日7本で19:00がラスト】とあるし。地図もなく降り立った町で、安いホテルを探すのって、かなーりハード。なんで、今日はここで1泊を決定。19:55【歩き方】にある安ホテル探しへ。途中で見かけたカジノ?↓

  • Loved to be there!

Estación de Servicio Terpel La Ribera Valle del Cauca, Colombia

Estación de Servicio Terpel La Ribera(バジェ・デル・カウカ, コロンビア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 02

20:10中央公園。見えないけど奥のほーは人でいっぱい。んでホテルの相部屋を取る。

  • Loved to be there!

Estación de Servicio Terpel La Ribera Valle del Cauca, Colombia

Estación de Servicio Terpel La Ribera(バジェ・デル・カウカ, コロンビア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 05

20:30カーニバルの前夜祭。すげぇ人。通常、ここでこの町を国を感じるとこ。けど今は、頭が旅プランの激動にてパンク寸前。気持ちがカーニバルじゃなし。

  • Loved to be there!

Estación de Servicio Terpel La Ribera Valle del Cauca, Colombia

Estación de Servicio Terpel La Ribera(バジェ・デル・カウカ, コロンビア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 03

23:45~0:10カーニバルの前夜祭。深夜越すと客はほぼ皆無。♪けどすんげぇ上手なバンドが演奏してるんす♪もったいねぇ~♪
このプロに失礼。ノリ悪すぎじゃね?コスタリカ?『ラテンのノリ』よく言うけど、メキにもここにもねぇ☆★☆あれれっ?前日でも充分、凄まじい気が。。。☆★☆

  • Loved to be there!

Estación de Servicio Terpel La Ribera Valle del Cauca, Colombia

Estación de Servicio Terpel La Ribera(バジェ・デル・カウカ, コロンビア)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 06

0:15ホテルへ戻る。24時間営業と書いてる割りには、鍵が閉まってて、ちと焦った。
0:45寝
1:30蚊に刺され、ぶーんで起こされる。相部屋なんで対策できず
2:15蚊に刺され、ぶーーんで起こされる。
3:30蚊に刺され、ぶーーーんで起こされる。
3:45寝ボケながらも感じたことは【寝れぬホテルに居るだけ無駄かと】。起きることに決定。
ロクに寝れずホテル出ること、年に1~2ヶ所あり。カメラの充電する。
水シャワー(⇒常夏な安ホテルは、水しかでないシャワーのとこ多し。
4:00こんだけ早く起きたんで、後日いく予定だったモンテベルデ自然保護区へ向かうか?
昨晩考えたプランでは、今晩に亀の産卵ビーチへ入る予定だった。
でも夜にその地へ着けばよし。なんで昼間までは時間あるし。
まぁ動きとしては行ったり来たりなんで、2度手間となるけど【今のベスト】はこのプランかと。
七転八倒プランどすぅ
4:50蚊ホテル脱出。
4:55ホテルすぐ近くで早朝からラッパ隊に遭遇。白い車に10人全員ラッパ隊
バス停まで歩く間、そこかしこで爆音な花火の打ち上げ。雄たけび上げてる市民。
今日はカーニバル初日だから、その合図みたい。って早朝5時でっせ。
5:10バス停に着。チケット代を払うも、、、バス会社のPC故障にて、チケット発券できず。
5:15僕のバスが動き出す。あわてて、バス会社と交渉。
次のバスまで2時間とか待ちたくなし。
5:22バス代を返金させ、運転手へ直接払うことで乗れることに。乗った瞬間に発車。

このバス道中のどっかで、乗り換えが必要。でもどこかは不明。
昨日コスタリカ国のみ載ってる地図を見て【フンタス】か【ラガルトス】に絞り込む。でも、どっちか不明。
切符売り場の係員に聞くも分からず。老年の係員いわく【ラガルトス】とのこと。
バスに乗って、運転手に「自然保護区に行きたいからラガルトスで途中下車さしてくれ」
と頼むと【それならフンタスで降りたら】と教わる。どっちだょ??
運転手を信じ【フンタス】で降ろしてもらう。って、ただのT字路。

バス停で待ってる方に、ここで正しいと教わるも、、、
その方達は、友達の車にピックしてもらい、、、おいおぃバス待ちじゃなかったんかぃ?
計30分くらい不安なときを過ごし、、、来たバスへ乗り込む。
そしたら、ここがフンタスじゃなく、そのバスがフンタス行きのバスだった。。。

  • Loved to be there!

Juntas Station San Jose, Costa Rica

Juntas Station(サンノゼ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん)

湖に浮かぶ火山。いい景色♪16:20さっきのニカラグア人と国境へ一緒に向かった。
この方は一度、来たことあり。なんでスイスイと歩いてく。
まったく情報ない僕は、助かった。
どこがなんなのか?一切表示なく、まったく分からないんで。
10分のとこ、30分以上かかる行程だったはず。ぐらーーしゃす

  • Loved to be there!

Parque Central de Tilaran San Jose, Costa Rica

Parque Central de Tilaran(サンノゼ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん)

11:30。2時間かかって、自然保護区の最寄りの村へ到着。保護区を1分でも楽しみたい。なんで6キロの山道なんて【いつもなら楽勝で歩く】とこ、タクシーで行くことに。
とはいえ、村からだと普通にボッタクられるんで、少し歩いて、通るタクシーへ交渉。800円。12:00保護区到着。1500円払って入場。

  • Loved to be there!

Parque Central de Tilaran San Jose, Costa Rica

Parque Central de Tilaran(サンノゼ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 03

13:00なんか似てる自然系ばかりで飽きてきた。。。足元ぬかるみすぎで危ないし。
13:50。1周3~4時間のコースを2時間かからずに周った。別に急いだ訳じゃなし。
まだトレイルできるが、飽きてしまったんで終了。
預けてたバックを頂き、すぐ近くのハチドリくるスポットへ向かう。

  • Loved to be there!

Parque Central de Tilaran San Jose, Costa Rica

Parque Central de Tilaran(サンノゼ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 02

13:55ぶるんぶるんとバスからエンジン音あり。わずか1日3本の村行きバスが、あと5分で発車とのこと。ラッキーーーとともに、ハチドリも見たい。みなに『ハチドリくる場所ってどこ?』とき、教えてもらい、
「えっくすきゅーーずみーーー」と叫び、道を開けてもらいながら、
マジ・ダッシュ========3
13:59たかが4分だけど、ここのハチドリスポットが、実は素晴らしく、楽しかった

  • Loved to be there!

Santa Cruz de Turrialba Cartago, Costa Rica

Santa Cruz de Turrialba(カルタゴ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん)

んでエンジン音が走り出してるバスへ、またダッシュかまし、飛び乗る。
14:15村へ着くとすぐ、大都市へ戻るバス・チケット屋へ。
したら1日2本くらいなはずのバスが、あと10分であり。
チケット売り切れもあると聞いてたけど、ラッキーにもGET。
14:25出発。バスに乗って、後ろ向きながら客と話してると、なんか腕に違和感あり。
<<ありゃ???バス乗る前に何時か確認した【腕時計】が消えてる>>
隣りの兄ちゃんの手が伸びてたよーな???腕時計とるプロか???
自然に取れたことなど、この3年でなし。
外に落とした可能性も否めないが、、、さっき違和感あったときに取れたと感じる。
結局、かなり動揺するも、席の隙間に落ちてた。ふ~~。事実は不明だけど、どーでもよし

  • Loved to be there!

Santa Cruz de Turrialba Cartago, Costa Rica

Santa Cruz de Turrialba(カルタゴ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 02

15:45また今朝いた町へ戻りたい。そー運転手に交渉する。
終点までのチケットしか買えないが、1/5の距離な国道とぶつかったとこで降ろしてもらう。
したら、行きとは違うT字路。
今度はバス停ないどころか、バスを待ってるのも僕だけ。
走りくるバスの行き先をガン見し、目的地行きと分かった瞬間に手を振り上げるだけ。

  • Loved to be there!

Santa Cruz de Turrialba Cartago, Costa Rica

Santa Cruz de Turrialba(カルタゴ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 04

16:00朝いた町へ戻るバスを、無事GET。けどメチャ混み。バスへ乗る階段にて、立ったまま2時間半の移動。周りにいた方達と、その2時間半をずーーーっと楽しいトークで過ごす。かわいい女性が『首都ならエッチ100円にてできるょ』
と言ってきたときはかなり{???}だったけどさ。???なぜ、こんなかわいい子がそんなこと言ってくるんだ???

  • Loved to be there!

Santa Cruz de Turrialba Cartago, Costa Rica

Santa Cruz de Turrialba(カルタゴ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 03

18:20バスが町へ近づくと、今朝からスタートしたカーニバルな宴のあと。
今日はカーボーイが2000人練り歩く日だったとか。知らなかったょ、そんなこと。町は馬にまたがったカーボーイだらけ。知ってたら、この町に居たょ。その中を今日の元々の目的地【亀の産卵ビーチ】方面へ近づくバス停へダッシュ。
乗り換えなんで、ここにて乗れても、次の乗り換え先バスは最終バス時刻を過ぎてる予定。
25分だけ間に合わないと予想。でもとりま行ってみる。
んで乗り継げなきゃ、また1時間バス移動し、この宴のあとへ戻ってくればよし。
18:25乗り継ぎの町は【サンタ・クルス】。
スレ違ったバスの行き先に見覚えが???
「歩き方」を速攻とり出し見ると、亀の産卵地へ直通のバスだった。
直通のバスの存在など、知らなかった。乗り継ぎ地点の【サンタ・クルス】だけ頭にあったし。MAXダッシュし、50mくらいで追いつく。バスの側面を叩きながら『乗せてくれな合図』を送る。乗り口へたどり着くと、、、シカトされたょ、、、おいおぃ、、、んで走り去って行くバス========3
あきらめた。。。。。が、100mちょい先で、またバスが交差点へ入り、スローに
んでまたダーーーッシュ。って全荷物もっての行動ですぜぃ。ラッキーにも追いつき、、、今度は乗せてくれたょ。しばらくぜぃぜぃし、汗も吹き出るぜぃぜぃぜぃ

  • Loved to be there!

Santa Cruz de Turrialba Cartago, Costa Rica

Santa Cruz de Turrialba(カルタゴ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 05

23:45よーやくあと10キロのとこまで来た。ってまだ10キロもあんのかょ。すでに歩き始めてから3時間弱。今日の行動も含め、さすがに、きちぃーぜ。
とはいえ、ここまで来たら後にも引けん。
0:15クラブの前を通る。無免タクシーあり。話し掛けるとボッタクリ価格。「いやオイラすでに2時間以上、町から歩いてるんすけど」と言って去ろーとすると、
地元価格であろー「350円で乗らないか?」とのこと。
らーーーーーーーきーーーーーーー。乗るょ乗る。ぜんぜん乗る。もー9キロくらいかと思ってたけど、実際はかなりの距離あった。
さっきの交渉値段に、本来この国では存在しないチップを弾んで、降りる。だって、タクシー乗らなきゃ、この国立公園への入り口すら分からなかったから。
0:50(ってありゃ、次の日になってるょ、いつの間に)
国立公園の入り口からビーチへ歩いてると、現地のホテルに付いてるバーへ到着。
ここでドリンクを買いつつ、情報収集。んでビーチへ。
ってビーチの入り口がイマイチ分からず、ウロウロ25分くらい
1:15よーやく待望の【亀が涙して産卵するビーチ】へ
苦労し努力し体力の限界でたどり着いた、、、おいらが泣けてくるょ。っておいら、亀でもないし、産卵もできんが。
端から端まで歩いたょ、これも片道7キロくらい&往復したし。
でも亀の涙を見たいパワーはすごいね。よーやく亀っぽいのを浅瀬ではーけん。
けど海の中だし、近づけず、よく分からん。
まぁビーチへ上がってくるまで待ちへ。したら暗闇から声あり「亀へ近づき過ぎるな」と亀観賞ガイドさんから注意されちったょ
おっしゃる通りで。スンマセンです。
こんな近くに、人がいるのすら、気付かなかったょ。ガイドさん&ツアー客は、亀にバレぬよー、こーそり観賞されてたんで。

  • Loved to be there!

Playa grande San Jose, Costa Rica

Playa grande(サンノゼ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 03

「亀へはフラッシュなしでも撮影ダメ」ってのが、他の保護区のルール。
んで近づいちゃダメなら、亀の産卵の涙なんて、見れねぇんすね。
まぁ子供を産んでらっしゃる亀さんに失礼だし、よく考えりゃ当然か。
んで満天の星空の下、ビーチで亀を気にしつつ、うたた寝を繰り返す。。。

ちなみに翌日/5:30起床♪

  • Loved to be there!

Playa grande San Jose, Costa Rica

Playa grande(サンノゼ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん)

ホテルから出てきた従業員へ町への戻り方を聞くと「1時間ビーチ沿いを歩け」

  • Loved to be there!

San José San Jose, Costa Rica

サンホセ(San José)(サンノゼ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん)

昨日、営業終了してた渡し舟に乗り、、、最寄りのサーファーな町へ。

  • Loved to be there!

San José San Jose, Costa Rica

サンホセ(San José)(サンノゼ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 03

いったん交通の要所な首都サンホセへ、300キロのバス7時間移動。

  • Loved to be there!

San José San Jose, Costa Rica

サンホセ(San José)(サンノゼ, コスタリカ)|ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜(Nobuki Araiさん) - 02

んで夜だと見える赤い溶岩を見に、さらに山道100キロのバス4時間移動。またもや、真夜中の道を4.5キロな45分歩き。そこから、もう4.5キロは真夜中で危険もあるんで、タクシーを安く乗り、ベスト・スポットへ。
オール・アゲイン。
気分&今のベスト&流れで動いちゃいるけど、ハードな旅。
これが僕の旅。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 4Favorite
  • 3159view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜 ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜

Back to Top of ドラマ"24"風トラベログ(コスタリカ編)〜亀の涙を見に行ったはずが泣いたのは俺だった〜