Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Megumi Okunoさんのログブック(旅行記)「ヨーロッパ放浪旅」

ヨーロッパ放浪旅

2013-05-06 - 2013-05-1015 Episodes
Megumi Okuno
Travel Collector
Megumi Okuno
  • 40s / female

ちょっとした親孝行をしつつ、数年振りの冒険をして来ました。やはり語学力のない中年女は辛いですf^_^;)

  • 2Favorite
  • 897view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12013/05/06

ストックホルム(スウェーデン)|「去年、母と乗ったフィンエアーの食事です。」ヨーロッパ放浪旅(Megumi Okunoさん)

去年、母と乗ったフィンエアーの食事です。

  • Loved to be there!

Day 22013/05/07

Hakaniemen tori Uusimaa, Finland

Hakaniemen tori(ウーシマー, フィンランド)|ヨーロッパ放浪旅(Megumi Okunoさん)

翌日はヘルシンキの街を散策。まずはヨーロッパ1(?)といわれる教会に行ってから港の市場へ。市場の脇にある屋外市場に行こうと思ったら改装中だったので船に乗ってスオメンリンナへ。そこは4つの小さな島があり橋で渡ることができます。城跡があり、団地(?)があり、図書館ありで1日中楽しめます。が、そこそこにしてハカニエミマーケットへ。いろんなものが売っていて私は2階にあるマリメッコへ行ったら8年前と違いすっかりきれいに。もちろん、ワゴンセールもなく、泣く泣くあきらめることに・・・ここでは性懲りもなくエビのマリネを購入してしまい、あまりのしょっぱさで悲しくなりました。エビのマリネよりジャムを買えばよかった・・・

  • Loved to be there!

Day 32013/05/08

Olympiaterminaali Uusimaa, Finland

オリンピア・ターミナル(Olympiaterminaali)(ウーシマー, フィンランド)|ヨーロッパ放浪旅(Megumi Okunoさん)

夕方から国境を越えるのでひとまず荷物をコインロッカーに預けました。

  • Loved to be there!

VR Helsingin päärautatieasema Uusimaa, Finland

ヘルシンキ中央駅(Helsinki Central Railway Station)/Helsingin prautatieasema(ウーシマー, フィンランド)|ヨーロッパ放浪旅(Megumi Okunoさん)

8年前に行けなかったあの場所に行く前に腹ごしらえ。ハム、ソーセージの試食会に潜入。現地人に交じっていただきました。タダ飯に母が興奮していました。

  • Loved to be there!

Kiasma Uusimaa, Finland

ヘルシンキ現代美術館(Kiasma)(ウーシマー, フィンランド)|ヨーロッパ放浪旅(Megumi Okunoさん)

そして、恋い焦がれた場所、そう、KIASMAです。このときは自国の写真家の展示でそれはそれは生々しく母親と一緒に見るのみはきつかったです。だって、夫婦喧嘩で殺してしまった凶器がそのままでかでかと写真になっていたのですから・・・

  • Loved to be there!

Olympiaterminaali Uusimaa, Finland

オリンピア・ターミナル(Olympiaterminaali)(ウーシマー, フィンランド)|ヨーロッパ放浪旅(Megumi Okunoさん) - 02

北欧といえども湿度が無いせいか良く分からないですが日光がまぶしくて母が涙をこぼして仕方が無いのでサングラスを貸してあげたら某国の主に似ていて思わず笑ってしまいました。ジョン、乗船しました。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 897view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

ヨーロッパ放浪旅 ヨーロッパ放浪旅

Back to Top of ヨーロッパ放浪旅