Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Miguel Ángelさんのログブック(旅行記)「BRASIL」

BRASIL

2010-08-06 - 2010-08-23 5 914 5
Miguel Ángel
Travel Collector
Miguel Ángel
  • 50s / male
  • Brazil
Places visited
Brazil

Algunas de las fotos de mi viaje por brasil en agosto de 2010

Add this travel log to your Favorites and read later.

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

カラフルに彩られたブラジル・サルバドール

古都
カラフルに彩られたブラジル・サルバドール

2015-02-23 - 2015-02-26

  • 25
  • Takuo Shikata
「古都」という言葉にはどこか哀愁漂う落ち着いた雰囲気をイメージする 世界各地のかつて都として栄えた場所はどこかノスタルジックな空気が漂うことも多いが ブラジルの古都・サルバドールはそうした街とは一線を画し かつて首都として見せた賑わいが今なお感じられるくらいエネルギーに満ち溢れてる 旧市街はカラフルな街並みが続き 観光客を楽しませてくれる  その古都・サルバドールはマイケル・ジャクソンが「They Don't Care About Us」のプロモーションロケ地として選んだことでも有名だ

Travel Collector: Takuo Shikata

  • 1
  • 3389

世界23周の旅:ブラジルワールドカップ編(前半)

世界遺産
世界23周の旅:ブラジルワールドカップ編(前半)

2014-05-31 - 2014-06-27

  • 32
  • Kensuke Utsumi
ブラジルはサッカー馬鹿にとって昔からあこがれの国。ショートケーキの苺のようにとっておいたけどついにその時がきた。

Travel Collector: Kensuke Utsumi

  • 8
  • 8212

Açaí(アサイ)発祥のブラジル各地で食べ歩き

美食・グルメ
Açaí(アサイ)発祥のブラジル各地で食べ歩き

2015-02-13 - 2015-03-11

  • 8
  • Takuo Shikata
アサイボウルは日本でも人気が高まり、カフェのメニューとしてもすっかり定番になりつつある このアサイ、ブームの火付け役となったハワイが発祥かと思えば、実はブラジルのアマゾンが原産のヤシ科の植物 ブラジルでは人々はどのようにアサイを食べているのか、各地を巡りながらで探ってみた

Travel Collector: Takuo Shikata

  • 4
  • 7160

マ~クドワ~ルド!!プロギャンブラーが届ける世界のマックMMM

グルメ
マ~クドワ~ルド!!プロギャンブラーが届ける世界のマックMMM

2008-06-11 - 2012-03-17

  • 45
  • Nobuki Arai
新しい目的地へ着いたら、僕はまずマックへ入ることが多い。 どこでもできることをあえてすることで、世界を比較でき、その国を把握してく。 マックはその国の多くを物語ってくれる。 ①オープン時間で治安を把握/何時までこの街は人の動きがあるのか?オープンしてる時間はその付近なら安全と知れる。24時間営業のとこがあったら、その街の治安はかなり良好。警備員がいるかもポイント。夜に開いてるけど警備員もいる場合は、治安が良い訳でもないと認識。 ②オープン時間で街タイプを把握/各店舗の営業時間をチェック。閉店の早いとこはビジネス街とかで、昼間に散歩する場所。他店舗より遅くまで営業してるとこは、夜もにぎやかな街なので、夜に散歩する場所。 ③どのあたりにマックがあるのか?マックがある所は、街の中心地が多い。中心地を把握することは、街の散歩に必須。目印にもなるし。 ④各国コスト比較/よくハンバーガーの値段が言われる。僕はビックマックセットやコーヒーで比較するのがベストって考えてる。ハンバーガーだけ安い国もあるので。コーヒーは僕がどの国でもオーダーするので。 ビックマックセット⇒カナダ500円/アメリカ730円/スイス1000円/デンマーク1200円/ノルウェイ1400円/日本600円⇒ちなみに世界どこでも同じ味と量だと思ってる。 コーラ&コーヒー⇒日本&北米100~170円/ヨーロッパ平均280円 ⑤紙ナプキン/世界の半数以上では、設置されてない。盗まれる可能性が高いからかも?紙ナプキンが設置されてたら「まあ悪い国でもないのかな?」なんて思ってる。 ⑥客層による国の貧富さ⇒中国では、マックへファミリーで行くのがちょっとしたステータスっぽかった。/マケドニアでは、サラリーマンや裕福そうな人が多め。/インドネシアでは、正装した紳士淑女がテーブルを縦一列に並べ、豪邸のダイニングルームと化してたことも。/アメリカでは、リッチ層は少なめで貧乏層が多め。 ⑦汚さ/今まででダントツに汚かったオーストラリア。ゴミ箱同然だった。ポテトの投げ合いを2日連続で見たのはここのみ。床には投げられたケチャップ付きポテトまで散乱。オーストラリアは性犯罪率も、先進国では最低レベル。汚い国は汚い人間が多い可能性も。 ⑧自分で片付けるか?/ゴミ箱はどこにでも設置してある。食べ終わったあと、自分でゴミ箱へ入れる人の割合は?自分がテーブルに着くとき、キレイなほうがいい。自己中度合いが見えてくるとこ。豪のテーブルの上はビックリするほどゴミの山。自分で片付ける人はごくわずか。欧も片付けない自己中率が高め。逆に自己中の多い米は、自分で片付ける人が多め。つまり米より、実は豪や欧のほうが自己中度が高いということかも。 ⑨給料比較/インドネシアでは深夜清掃の月給4000円、レジ打ちが月給8000円 スイスの時給2000円。 ⇒同じ仕事してるのに生じる資本主義『お金』の矛盾さ。 僕が「世界のゆがみ」&「お金の矛盾」を一番勉強し悟れたところがマック。 そんで注文は常にコーヒーのみ。 食事はマックでせずに、「歩き方」を読んでおいしそうな街や店を考える。 といってもアメリカは食事がまずいので、マックで食べるほうがおいしいことに、数年かかって気付いたけど。 なので現在、食文化が低い国や長期滞在のアメリカでは、マックでも食べてる。 安いし、早いし、長居できるし、深夜までやってるし。 まあコーヒー飲みながら、旅のプラン/予算/日記/予習するのにとても便利。 Ⅰ’m love it. (マックが各国に複数あるため、場所を示す為にほかの場所をマッピングしている国があります!)

Travel Collector: Nobuki Arai

  • 13
  • 6673

世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ

クルーズ
世界一エキサイティング!?アマゾン川クルーズ

2015-03-04 - 2015-03-09

  • 30
  • Takuo Shikata
世界一の流域面積を誇る南米・アマゾン川。 その雄大さを思う存分味わうべく、クルージングに。 でも、そこは豪華な船旅ではなく、持参のハンモックで寝るスタイル。 ブラジル北部の都市ベレン~マナウスまでの一生の思い出に残る5泊6日のエキサイティングな船旅

Travel Collector: Takuo Shikata

  • 3
  • 5720

ブラジル(サンパウロ~リオ・デ・ジャネイロ)

世界一周
ブラジル(サンパウロ~リオ・デ・ジャネイロ)

2011-05-01 - 2011-05-04

  • 17
  • Satoshi Takamura
  • Io Takamura
世界一周旅行4ヶ国目 2011年5月1日(日)~4日(水) 滞在時間:3日と2時間25分/3泊

Travel Collector: Satoshi Takamura

  • 4
  • 4724

未体験ゾーン、アマゾン川の奥地の街マナウス

ローカル
未体験ゾーン、アマゾン川の奥地の街マナウス

2015-08-27 - 2015-09-12

  • 54
  • Yuka Kimura
アルゼンチンの後はブラジルのアマゾン川のほとりにある街、マナウスに2か月間の滞在です。今までに行こうと考えてもなかったところなので、周りの人が辺鄙なところで大変なところになっちゃったね~っ慰めてくれつつも、やっぱり普通行かないところはワクワクしてしまう私。行くと決まった時はかなり嬉しかったです。このログブックはマナウスでの日常版。2か月間滞在した中で撮った写真をアップします。観光というよりは生活の中で見たものとかが多いかもしれません。

Travel Collector: Yuka Kimura

  • 2
  • 4349

絶景、ビーチ、音楽 - 全てが揃うRio de Janeiroを満喫

絶景
絶景、ビーチ、音楽 - 全てが揃うRio de Janeiroを満喫

2015-04-15 - 2015-04-21

  • 23
  • Misako Masuda
丸一日のフライトを経て念願の南米初上陸! 景観が世界遺産にも登録されている美しいRio de janeiroをのんびり楽しむ一週間

Travel Collector: Misako Masuda

  • 1
  • 3924

BRASIL BRASIL

Back to Top of BRASIL