Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Hiroki Matsushimaさんのログブック(旅行記)「Shenzhen」

Shenzhen

2014-08-09 - 2014-08-094 Episodes
Hiroki Matsushima
Travel Collector
Hiroki Matsushima
  • 20s / male
  • China
Places visited
China

発展目覚ましい中国の経済都市。せっかく深圳まで来たならひょいと香港も行きたかったけれど、時間がなかったのでまた今度。

  • 1Favorite
  • 146view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/08/09

Shenzhen, Guangdong, China Guangdong Sheng, China

Shenzhen, Guangdong, China(広東, 中華人民共和国)|Shenzhen(Hiroki Matsushimaさん)

深圳へは高速鉄道が速くて便利です。広州側の起点は広州南駅。広州地下鉄の2号線と連結しています。深圳側は深圳北駅で、ここでも地下鉄と連結しているので市内に出るのも便利。
両駅ともとにかく巨大。空港か!って思うほどのスケールです。外国人は乗車前の検札で要パスポート。

  • Loved to be there!

「ここでも広東料理は欠かせません。食事にも香港の影響がより強く出ています。」Shenzhen(Hiroki Matsushimaさん)

ここでも広東料理は欠かせません。食事にも香港の影響がより強く出ています。

  • Loved to be there!

「人生で初めて蛙の肉を食べてみました。中国人の間でも好き嫌いが分かれるんだとか。柔らかくてにゅるっとしてますが、言われなければ鶏肉だと思って食べてるでしょう。」Shenzhen(Hiroki Matsushimaさん)

人生で初めて蛙の肉を食べてみました。中国人の間でも好き嫌いが分かれるんだとか。柔らかくてにゅるっとしてますが、言われなければ鶏肉だと思って食べてるでしょう。

  • Loved to be there!

「帰りに撮った深圳北駅。この後広州で終電を逃してエラい目に遭いました。路線によっては22時前後に終わってしまうものもあるので、今度からは時間には余裕を持とうと思います。」Shenzhen(Hiroki Matsushimaさん)

帰りに撮った深圳北駅。この後広州で終電を逃してエラい目に遭いました。路線によっては22時前後に終わってしまうものもあるので、今度からは時間には余裕を持とうと思います。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 1Favorite
  • 146view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52Episodes
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

Travel Collector: Akira Naito

  • 9
  • 5008 views

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26Episodes
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

Travel Collector: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 4363 views

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33Episodes
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

Travel Collector: Yusuke Kon

  • 7
  • 3446 views

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27Episodes
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2674 views

初めての広州。


初めての広州。

2014-04-15 - 2014-04-19

  • 62Episodes
  • Jun
広州で大規模な見本市が行われるので、行ってきました。深圳は良く行きますが、広州まで行くのは初めてなのでワクワクしました。

Travel Collector: Jun

  • 3
  • 2181 views

船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

一人旅
船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

2008-04-14 - 2008-04-17

  • 9Episodes
  • Akira Naito
今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

Travel Collector: Akira Naito

  • 4
  • 2758 views

中華人民共和国 内モンゴル自治区への旅


中華人民共和国 内モンゴル自治区への旅

2012-08-02 - 2012-08-07

  • 10Episodes
  • Kaori  Kasai
2012年8月、奔流中国のシルクロード乗馬キャラバンへ参加! 激動の中国の中にあって変わらないもの、力強く生きる人々の暮らしをこの目に焼き付けてきました。

Travel Collector: Kaori Kasai

  • 5
  • 3148 views

外洋クルーズのススメ

クルーズ
外洋クルーズのススメ

2013-09-25 - 2013-09-29

  • 13Episodes
  • Tomoaki Eto
「船旅は人生を変える」と言っても過言ではない。 特に大型豪華客船の旅は「地球を旅する」感覚を味わえる。 僕がこれまでに6回体験してきたクルーズの中から、昨年取材乗船した極めてコスパの高かった横浜〜上海の船旅を紹介。 ※こんな贅沢な旅が5〜8万円程度に収まることも…

Travel Collector: Tomoaki Eto

  • 3
  • 2267 views

Shenzhen Shenzhen

Back to Top of Shenzhen