Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
りょーちゃんさんのログブック(旅行記)「北京一人旅」

北京一人旅

2011-09-23 - 2011-09-2513 Episodes
りょーちゃん
Travel Collector
りょーちゃん
  • 50s / female
  • China
Places visited
China

主人と行くはずが、仕事でドタキャンとなり一人で行くことに。
Suicaのような鉄道パスを使って、北京市内の狭い範囲をグルグルしました。
中国は北京ダックは意外と安かったけれど、それ以外のものは結構高いなぁと思いました。
オーナーには、最終日、紫禁城から北京空港まで送っていただき、道中、いろいろとお話を聞かせていただき、とても楽しかったです。
一人っ子政策のツケが今回ってきて、日本と同じく、高齢者の増加で大変なことや、お金持ちなのはごくごく一握りの人で、ほとんどの国民は貧困に近いこと、同じ中国人でも、中国人のマナーの悪いさに恥ずかしい思いをしていることなど、オーナーにとっては愚痴だったかもしれませんが、私はなるほど~と、興味深く思いました。
北京のごく一部しか見ていないので、いつかまた、行きたいです。

  • 2Favorite
  • 612view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12011/09/23

祈年殿 Hall of Prayer for Good Harvests Beijing, China

祈年殿 Hall of Prayer for Good Harvests(北京, 中華人民共和国)|北京一人旅(りょーちゃんさん)

ホテルに荷物を置いてすぐに天壇公園へ。
北京で何がビックリかって、とにかく、何もかもが規格外に巨大!
そして、土地が広大でフラットなところが多い気がします。
アップダウンはないけれど、とにかくだだっ広いので、結構疲れます。
この公園も、隅々まで見ようと思ったら1日はかかるんじゃないでしょうかね。

  • Loved to be there!

天安门广场 Tian'anmen Square Beijing, China

天安门广场 Tian'anmen Square(北京, 中華人民共和国)|北京一人旅(りょーちゃんさん)

天壇公園から、前門大街を通って天安門広場へ。
1時間後に国旗降納式があり、それを見学する人でごった返していました。
何が行われるのかわからず、1時間待っちゃいましたが、普通に国旗を降ろしただけで、ガックリでした。

  • Loved to be there!

北京(中華人民共和国)|「宿へ戻る途中の風景。
どこで撮ったのかは忘れました。古いお金持ちの家を宿に改造したところに宿泊。韓国で言うところの韓屋ですかね。
最寄り駅は2つあるのですが、どちらからも結構歩きました。」北京一人旅(りょーちゃんさん)

宿へ戻る途中の風景。
どこで撮ったのかは忘れました。古いお金持ちの家を宿に改造したところに宿泊。韓国で言うところの韓屋ですかね。
最寄り駅は2つあるのですが、どちらからも結構歩きました。

  • Loved to be there!

北京(中華人民共和国)|「今回泊まった宿は、オーナーが日本に留学していたことがあるということで、オーナーは日本語がペラペラで、非常に助かりました。
一番安い部屋を予約したのですが、なぜかグレードアップしていただいて、こんな素敵なお部屋に泊まらせていただきました。
カーテンの向こうは、結構大きなベッド

今回泊まった宿は、オーナーが日本に留学していたことがあるということで、オーナーは日本語がペラペラで、非常に助かりました。
一番安い部屋を予約したのですが、なぜかグレードアップしていただいて、こんな素敵なお部屋に泊まらせていただきました。
カーテンの向こうは、結構大きなベッドです。
1人で寝るにはあまりに大きすぎました…。

  • Loved to be there!

北京(中華人民共和国)|「ベッドの手前には、こんなカウチがありました。
このカウチだけでも、シングルベッド分の大きさはゆうにありました。」北京一人旅(りょーちゃんさん)

ベッドの手前には、こんなカウチがありました。
このカウチだけでも、シングルベッド分の大きさはゆうにありました。

  • Loved to be there!

Day 22011/09/24

长城慕田峪段 Beijing, China

长城慕田峪段(北京, 中華人民共和国)|北京一人旅(りょーちゃんさん)

慕田峪長城へツアーで行きました。八達嶺長城なら近く、自力でも行けそうでしたが、ここはかなり混むとのことで、あえてちょっとマイナーで遠くて空いてる慕田峪をチョイス。
英語ツアーでしたが、参加者は12人くらいで、いろいろな国の方が参加してました。
北京市内でピックアップしてもらい、途中で合流して一台に乗り換えて向かいます。
現地では自由行動。お昼の時間までに戻ってくるようにと言われるだけです。
ここでのメインコースを端から端までとりあえず歩いてきました。
アップダウンがすごくて、脚がガクガクになりました。

  • Loved to be there!

长城慕田峪段 Beijing, China

长城慕田峪段(北京, 中華人民共和国)|北京一人旅(りょーちゃんさん) - 02

リフトで上に行きますが、中途半端なところにリフトがあります。
リフトを挟んで、左右に伸びているので、端から端まで行くとなると、片方は行って戻ってこないといけません。
長い左のほうは、かなり人が多かったです。
帰りはスライダーでおりますが、これが結構混んで、かなり余裕をもって並ばないと、時間までに戻ってこれなくなるので要注意です。

  • Loved to be there!

王府井北京啤酒屋 Beijing, China

王府井北京啤酒屋(北京, 中華人民共和国)|北京一人旅(りょーちゃんさん)

午後4時頃ですか、北京市内に戻ってきたのは。
宿でシャワーを浴びた後、晩御飯+ショッピングに出かけました。
灯市口駅近くの大薰という北京ダックのお店に行きました。宿のオーナーは、予約不要というので行ったところ、混んでいるので2時間待ちと言われました。
来たからにはやはり食べたいですから、2時間後に再び来ることにして、一旦お店を出て、王府井へ行ってみました。

  • Loved to be there!

天安门广场 Tian'anmen Square Beijing, China

天安门广场 Tian'anmen Square(北京, 中華人民共和国)|北京一人旅(りょーちゃんさん) - 02

北京ダックを食べた後、再び王府井へ行き、その後、夜の天安門広場周辺を散策した後、電車を使って宿へと戻りました。
夜の遅い時間でも、王府井や天安門広場あたりは、人通りがかなり多かったです。

  • Loved to be there!

Day 32011/09/25

故宫博物院 Forbidden City Beijing, China

故宫博物院(故宫博物院 Forbidden City)(北京, 中華人民共和国)|北京一人旅(りょーちゃんさん)

最終日は、ここで終わりです。
巨大なのはわかり切っていたので、朝の開場とほぼ同時に入り、午後の2時頃まで中を見て回りましたが、それでも、回り切れませんでした。
建物だけ見ていると、大きさがあまりわかりませんでしたが、こうして人が立っているのを見ると、どれだけ巨大かがわかります。
溥儀がこの中で生活していて、外の様子が全く分からなかったと言いますが、納得できる大きさです。

  • Loved to be there!

故宫博物院 Forbidden City Beijing, China

故宫博物院(故宫博物院 Forbidden City)(北京, 中華人民共和国)|北京一人旅(りょーちゃんさん) - 02

なんか、韓国の古宮と似ている感じがしませんか。
韓国のものを巨大化したのが中国って感じがします。
いや、逆で、中国のを縮小したのが韓国版?
とにかく、雰囲気が似ているなぁと思ってしまいました。
そして、とにかく、人が多い!!!!!

  • Loved to be there!

故宫博物院 Forbidden City Beijing, China

故宫博物院(故宫博物院 Forbidden City)(北京, 中華人民共和国)|北京一人旅(りょーちゃんさん) - 03

内部もこんな感じの高~~~い壁で仕切られています。
隔離されてる感じですよね。

  • Loved to be there!

故宫博物院 Forbidden City Beijing, China

故宫博物院(故宫博物院 Forbidden City)(北京, 中華人民共和国)|北京一人旅(りょーちゃんさん) - 04

北側入り口手前には、こんなのがありました。
急に雰囲気が変わってビックリです。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 612view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

北京一人旅 北京一人旅

Back to Top of 北京一人旅