Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Moyuru Matsudaさんのログブック(旅行記)「-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!」

-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!

2014-02-17 - 2014-02-23 30 5209 73
  • Canada
訪れた国
カナダ

カナダといえば、快適な気候の夏がおすすめ。
なんですが…冬こそ本当のカナダらしさが味わえます。

神秘的な雪の世界、航空券も安いし、個人的には大好きなNBA(バスケットボールのプロリーグ)やアイスホッケーも見れるし、本当のカナダ好きはこの時期に行くのがオススメ!

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2014/02/17

オンタリオ(カナダ)|「成田からエア・カナダ直行便13時間、カナダのトロント到着!
(個人的には10年ぶり)
トロントは人種のるつぼ、いろいろなバックボーンを持った方がいます。写真に見えるCNタワーが街のシンボルです。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsud

成田からエア・カナダ直行便13時間、カナダのトロント到着!
(個人的には10年ぶり)
トロントは人種のるつぼ、いろいろなバックボーンを持った方がいます。写真に見えるCNタワーが街のシンボルです。

  • 行ってよかった!

2日目2014/02/18

モントリオール(Montreal) オンタリオ, カナダ

モントリオール(Montreal)(オンタリオ, カナダ)|-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん) - 03

夜行バスでモントリオールへ移動。

フランス・パリの次にフランス語をしゃべる人が多い都市。

近代的な建物と、歴史を感じさせる建物がバランス良く立っている印象。そして寒い(−20℃)
※トロントからの夜行バスだと、モントリオールに深夜に着くので、宿などの確保があるといい。
私は24時間営業のコーヒーショップにて時間をつぶす。

  • 行ってよかった!

モントリオール(Montreal) オンタリオ, カナダ

モントリオール(Montreal)(オンタリオ, カナダ)|-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

朝の7時。まだ眠りから覚めたばかりの街は、静か。

そして、顔が寒さで痛い!痛い!!!!

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「街中ではスケートをしている人も!」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

街中ではスケートをしている人も!

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「ケベックシティのシンボル「シャトーフロントナック」!
実はこれ、ホテルで泊まれます。
外から眺めているだけでも満足!」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

ケベックシティのシンボル「シャトーフロントナック」!
実はこれ、ホテルで泊まれます。
外から眺めているだけでも満足!

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「夜の「シャトーフロントナック」は、また違う雰囲気。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

夜の「シャトーフロントナック」は、また違う雰囲気。

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「ケベックの夜はまた別世界!
街中が世界遺産。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

ケベックの夜はまた別世界!
街中が世界遺産。

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「フランス料理のお店がたくさんあります。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

フランス料理のお店がたくさんあります。

  • 行ってよかった!
  • 予算:4000円

オンタリオ(カナダ)|「人気なない裏路地もキレイ!

宿を旧市街地にとると、夜のお散歩ができるのでおすすめ。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

人気なない裏路地もキレイ!

宿を旧市街地にとると、夜のお散歩ができるのでおすすめ。

  • 行ってよかった!

3日目2014/02/19

Via Rail - Train to Montreal オンタリオ, カナダ

Via Rail - Train to Montreal(オンタリオ, カナダ)|-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

ケベックからトロントまでの帰りはVIA鉄道で。
朝出発して、トロントに着くのは17時くらいの長旅です。

  • 行ってよかった!
  • 予算:15000円

エア・カナダ・センター(Air Canada Centre) オンタリオ, カナダ

エア・カナダ・センター(Air Canada Centre)(オンタリオ, カナダ)|-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

トロントのユニオン駅に到着。
併設している「Air Canada Centre」でNBA(バスケ)観戦。
※チケットは当日でも買えることが多いのですが、ネットでも簡単に予約できます。

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「トロントをホームとする「ラプターズ」の試合。

※自分は、このスタジアムで1年間くらい働いていました。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

トロントをホームとする「ラプターズ」の試合。

※自分は、このスタジアムで1年間くらい働いていました。

  • 行ってよかった!
  • 予算:6000円

4日目2014/02/20

トロント市庁舎(Toronto City Hall) オンタリオ, カナダ

トロント市庁舎(Toronto City Hall)(オンタリオ, カナダ)|-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

トロント 市庁舎。

あの映画「バイオハザード」のモデルにもなっています。

※トロントは映画都市なので、運がよければ街中で撮影しているシーンに出会えることもあります。

  • 行ってよかった!

Kensington Market オンタリオ, カナダ

Kensington Market(オンタリオ, カナダ)|-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

ケンジントンマーケット(古着街)

服や雑貨が好きなら1日いても飽きないスポット。
日本では高いブランドも格安で買えます。

  • 行ってよかった!

5日目2014/02/21

ナイアガラの滝 カナダ側(Niagara Falls Canadian Side) オンタリオ, カナダ

ナイアガラの滝 カナダ側(Niagara Falls Canadian Side)(オンタリオ, カナダ)|-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

ナイアガラフォールズへ。

カジノバスを使うと安く行けます!
※ナイアガラのカジノを利用すると告げると、カジノまで連れて行ってくれます。ナイアガラの滝までは少し歩くので注意が必要。

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「向こう岸に見えるのがアメリカ滝。冬の時期に行くと凍っています。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

向こう岸に見えるのがアメリカ滝。冬の時期に行くと凍っています。

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「スカイロン・タワー。ナイアガラの滝を見下ろせます。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

スカイロン・タワー。ナイアガラの滝を見下ろせます。

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「そして、カジノへ。
少し勝ちました。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

そして、カジノへ。
少し勝ちました。

  • 行ってよかった!

6日目2014/02/22

オンタリオ(カナダ)|「トロント散策。

写真はカナディアン・フットボールのスタジアム前。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

トロント散策。

写真はカナディアン・フットボールのスタジアム前。

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「カナディアンは雪でも雨でも、あまり傘をさしません。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

カナディアンは雪でも雨でも、あまり傘をさしません。

  • 行ってよかった!

エア・カナダ・センター(Air Canada Centre) オンタリオ, カナダ

エア・カナダ・センター(Air Canada Centre)(オンタリオ, カナダ)|-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん) - 02

夜は、滞在2回目のバスケ観戦。

観客の盛り上げ方がとにかくエンターテイメント。
試合はトロントラプターズが勝利!

  • 行ってよかった!
  • 予算:5000円

7日目2014/02/23

オンタリオ(カナダ)|「クリスティ、バザースト、スパダイナまでのBloorストリートはお気に入りのエリア。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

クリスティ、バザースト、スパダイナまでのBloorストリートはお気に入りのエリア。

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「コリアンタウン。ここはカナダではなく、韓国ですね。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

コリアンタウン。ここはカナダではなく、韓国ですね。

  • 行ってよかった!

オンタリオ(カナダ)|「旅の締めはカムジャタン!

コリアンタウンには美味しい店がいっぱりあります。味、ボリューム、コストパフォーマン全てにおいて満足できるはず。」-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!(Moyuru Matsudaさん)

旅の締めはカムジャタン!

コリアンタウンには美味しい店がいっぱりあります。味、ボリューム、コストパフォーマン全てにおいて満足できるはず。

  • 行ってよかった!
  • 予算:700円

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

一人旅
地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

2010-10-18 - 2010-10-19

  • 8
  • Masayuki Takahashi
2カ国目、カナダの首都、オタワに着いた。飛行機ではあるが国境を越えた。 国境を越えたからと言ってこの時点では何の変化も見られない。 カナダというと自然が豊かというイメージが先行しているが、実際に中心部に来てそのイメージが正しかったことを実感した。 その佇まいは田舎町のような静けさとその静けさの中に川、紅葉がかった木々、小動物の多さで、本当に一国の首都なのかと思ってしまうほど美しい町だった。 川を境にオタワが属するオンタリオ州、反対側はケベック州。対岸のガディノーという都市を含めた周辺都市とを合わせて都市圏を形成しているという事だが、面白いのは、ケベック州では公用語がフランス語だという事。 ただひたすら歩いた。 夜、宿では世界地図を広げ、次の目的地を考えた。 この旅にはガイドブックも持ってきていなければ、電子機器もない。唯一の情報源と言えば世界地図のみ。 その世界地図も安物だ。当然日本で発行されたものには書かれていない土地だってある。とりあえず地図を広げ目を通す。 東のモントリオールか。南のトロントか。 北アメリカ大陸東側での最終目的地はアメリカはフロリダ州のマイアミ。ここまで陸路で行くことになる。 物価の高い北アメリカでは余分に使える金がない。トロントに向かうことにした。ここまでくれば後はアメリカだ。 宿のドミトリーに同泊していたインド系イギリス人の彼がトロント行のミニバスを予約してくれた。彼曰く、最安値だと。 次の日、朝になって問題発生。同じ名前の待ち合わせ場所がもう一つあるという事が発覚した。前日に場所を確認しておいたのだが、そこではなく、もう一か所同じ名前の、6キロくらい離れたところだった。 バックパックを背負って2時間くらい歩いてようやく到着。 いざトロントへ。これから陸路での北アメリカ東エリア南下の旅が始まる。

作者: Masayuki Takahashi

  • 3
  • 601

地球一周の旅 カナダ―アメリカ合衆国・ナイアガラフォールズ

一人旅
地球一周の旅 カナダ―アメリカ合衆国・ナイアガラフォールズ

2010-10-24 - 2010-10-24

  • 16
  • Masayuki Takahashi
国境に近づいていくにつれ、その音は激しさを増していく。下には川が流れている。この川に沿って伸びる道路を進めば国境だ。再びアメリカへ入国する。 この国境の町、カナダ側をナイアガラフォールズと呼べば、アメリカ側も同じくナイアガラフォールズと呼ぶ。 カナダ側から見るナイアガラの滝は、その全体像を見ることが可能なのだが、いかんせん世界三大瀑布の一つ。滝壺から昇ってくる霧状になった水しぶきがその視界を遮る。 滝壺からは何メートルも高いところにあるにもかかわらず、水で濡れてしまう。 ナイアガラの滝を見るように架かる橋を渡るとアメリカ合衆国だ。 アメリカ側から見るナイアガラの滝もカナダ側から見るナイアガラの滝も大して差はないものの、より激しさを見たいのであればアメリカ側からみればいいし、全体を楽しみたいならカナダに行けばいい。 しかし、どちら側から見ようと自然の力というものを、大げさに言えば地球のエネルギーというものを感じる事には変わりない。 人間は絶対に自然に勝つことはできない。 アメリカに再入国し、もう少し滝を見たかったが、ここに留まることはできなかった。すべては懐事情による。 インフォメーションで確認すると、すぐ近くのバス停から近くの町に行くバスがあるという。その町の名は「バッファロー」。何て力強い名前なのだろう。 私以外に旅人と思われる人は一人もいなく、皆が皆その町へ向かう。やがて道路の先には高層ビル群が見えてきた。 隣のおばちゃんに聞くと、「そう、あれがバッファロー」と答えてくれた。

作者: Masayuki Takahashi

  • 0
  • 446

Canada

一人旅
Canada

2017-05-03 - 2017-05-04

  • 7
  • BeautyAroma
キューバに行く前にナイアガラの滝へ寄り道✈️✈✈✈✈✈️✈✈✈✈✈️✈✈✈✈✈️✈✈✈✈✈️✈✈✈✈✈️✈✈✈✈

作者: BeautyAroma

  • 5
  • 113

バンクーバー一人旅

一人旅
バンクーバー一人旅

2015-06-22 - 2015-06-25

  • 15
  • Noriko Suzuki
ロブソンストリート周辺は銀座かと思うくらいごちゃごちゃしているのに、ガスタウンやイェールタウンは洗練されていて、グランビルアイランドは南国のよう。おもちゃ箱のようなところだなと思った。いたるところにカフェがあり、珈琲とパンがおいしい。わたしと肌があっていたのか、日本より気楽に過ごせた。

作者: Noriko Suzuki

  • 2
  • 8251

住み易さ抜群のバンクーバー

一人旅
住み易さ抜群のバンクーバー

2010-01-10 - 2010-01-12

  • 13
  • Naoya Hata
半年間の一人バックパッカーの最初の地がバンクーバーだった。サークルの友達が当時留学していたので、訪れることに。1月のバンクーバーはとにかく寒かったけど、日本料理や韓国料理も豊富にあるし、スーパーやコンビニもたくさんあって、暮らすのにはすごい快適だそう。確かに治安も良さそうだった。今度はスノボーをしにまたいつか訪れてみたいところ。

作者: Naoya Hata

  • 2
  • 3986

カナダ 33番モントリオール ケッベック州ではいつまで独立論争が続くのか。

一人旅
カナダ 33番モントリオール ケッベック州ではいつまで独立論争が続くのか。

2014-07-25 - 2014-07-27

  • 49
  • Shohei Watanabe
https://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157646978614914/ フランス語圏のケベック州では公共の看板などは英語表記が禁止されています。 よって、英語圏のトロントにカナダ最大の都市の座を奪われてしまったのかもしれません。 ほとんどのモントリオールの人々はフランス語から瞬時に英語に言語を切り替えます。 次回 カナダ オンタリオ https://www.compathy.net/tripnotes/3183 前回 ニューヨーク https://www.compathy.net/tripnotes/2828

作者: Shohei Watanabe

  • 2
  • 2147

急遽、当日にチケットを取ってバンクーバーへ弾丸トラベル

一人旅
急遽、当日にチケットを取ってバンクーバーへ弾丸トラベル

2015-12-03 - 2015-12-07

  • 23
  • Jun
バンクーバー在住の叔母さん(カナダ人)が亡くなり、急遽お別れに行ってきました。こんな形で行きたくはなかったけど、初めてのバンクーバーなので記念に...

作者: Jun

  • 0
  • 1240

カナダ ブリティッシュコロンビア州周遊

一人旅
カナダ ブリティッシュコロンビア州周遊

2014-09-08 - 2014-09-13

  • 19
  • Hiroki Kudo
海あり山あり。雄大な自然に囲まれたブリティッシュコロンビア州。 大自然と近代的な街が融合した美しい街がたくさん。

作者: Hiroki Kudo

  • 1
  • 563

-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい! -25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!

-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい! トップへ