Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Shohei Watanabeさんのログブック(旅行記)「クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ」

クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ

2006-07-15 - 2006-07-1725 Episodes
Shohei Watanabe
Travel Collector
Shohei Watanabe
  • 40s / male

ユーゴスラビア人民軍36,000人対クロアチア側2,000人、戦闘により街は壊滅、虐殺。
https://www.youtube.com/watch?v=GIp6Uw6wRYI
首都ザグレブから東へ移動し、1991年~1995年のクロアチア紛争跡を見てきました。
残念ながら首都ザグレブの美しい教会は補修中で見ることができず。
ユーゴスラビア解体、クロアチア独立に伴い法律作成に参加した女性に出会い話を聞きました。学校の教師をしているその弟はEU加盟へ向けて(当時)、貢献したいと期待を膨らましていました。

写真
http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157600396422965/

  • 1Favorite
  • 2146view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12006/07/15

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「朝の首都ザグレブ」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

朝の首都ザグレブ

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「ザグレブの通りとトラム」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

ザグレブの通りとトラム

  • Loved to be there!

Trg bana Josipa Jelačića Croatia

イェラチッチ広場(Trg bana Josipa Jelačića)(クロアチア)|クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん) - 02

首都ザグレブ
イェラッチ広場とトラム

  • Loved to be there!

Trg bana Josipa Jelačića Croatia

イェラチッチ広場(Trg bana Josipa Jelačića)(クロアチア)|クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

こんな老人がちょくちょく居ます

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「新鮮な野菜や果物がたくさん。」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

新鮮な野菜や果物がたくさん。

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「ザグレブは市内でも緑が綺麗でした。」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

ザグレブは市内でも緑が綺麗でした。

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「地元民の通り道を行く。」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

地元民の通り道を行く。

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「丘からの風景」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

丘からの風景

  • Loved to be there!

Vrpolje Brod-Posavina County, Croatia

Vrpolje(ブロド=ポサヴィナ, クロアチア)|クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

レンタカーで移動。
ブロッポリーという小さな町で休憩。

  • Loved to be there!

Vukovar Centar Vukovar-Srijem County, Croatia

Vukovar Centar(Vukovar-Srijem County, クロアチア)|クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

クロアチア紛争の激戦地ヴコヴァル市中心地
セルビアとの国境の街。

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「ヴコヴァル市内」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

ヴコヴァル市内

  • Loved to be there!

Vodotoranj Vukovar-Srijem County, Croatia

Vodotoranj(Vukovar-Srijem County, クロアチア)|クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

給水塔
映画「Welcome to Sarajevo」の頭に出てきます。
戦争の証としてそのまま保存。

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「ヴコヴァル市内のアパート
紛争で壁が蜂の巣。
住んでます。」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

ヴコヴァル市内のアパート
紛争で壁が蜂の巣。
住んでます。

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「ヴコヴァル市内ここは廃屋」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

ヴコヴァル市内ここは廃屋

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「ヴコヴァル市内メインストリートのレストラン
営業中。」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

ヴコヴァル市内メインストリートのレストラン
営業中。

  • Loved to be there!

Day 22006/07/16

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「セルビアとの国境の街、この地方の中心地オシエクにて。
宿の裏手の家の子供達」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

セルビアとの国境の街、この地方の中心地オシエクにて。
宿の裏手の家の子供達

  • Loved to be there!

Day 32006/07/17

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「オシエクのメインストリート」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

オシエクのメインストリート

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「オシエクの街とトラム」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

オシエクの街とトラム

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「街を流れるドナウ川の支流ドラヴァ川
水遊びをする若い女性」クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ(Shohei Watanabeさん)

街を流れるドナウ川の支流ドラヴァ川
水遊びをする若い女性

  • Loved to be there!

ブロド=ポサヴィナ(クロアチア)|「公園で遊ぶ子供達

ハンガリー
ペーチへ→
https://www.compathy.net/tripnotes/1050

ボスニア・ヘルツェゴビナ
サラエボへ→
https://www.compathy.net/tripnotes/1061」クロアチア 第二次

公園で遊ぶ子供達

ハンガリー
ペーチへ→
https://www.compathy.net/tripnotes/1050

ボスニア・ヘルツェゴビナ
サラエボへ→
https://www.compathy.net/tripnotes/1061

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 1Favorite
  • 2146view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

【SF巨大コンクリート記念碑】スポメニック Spomenik その3

一人旅
【SF巨大コンクリート記念碑】スポメニック Spomenik その3

2013-09-20 - 2013-09-20

Read more

  • 6Episodes
  • Sougaku
一番のアイコン、ポドガリツァにあるモニュメント。たどり着くのも楽ではない。わかるのは村の名前。最寄駅はポポバチャと言ってザグレブから電車で1時間20分。そこから山へ向かってアップダウウンを繰り返しながら歩く。片道徒歩3時間、往復で6時間。これはキツすぎるので、ホステルでダンボールをもらい村の名前と駅の名前をそれぞれ書いて、ヒッチハイクを期待しながら歩いた。駅から離れれば離れるほど車は減って、しかもみんな首を横に振る。人生初のヒッチハイクは恥ずかしくて、失敗に終わった。諦めた僕はダンボールを折り曲げてバックパックに詰め込んだ。そして2時間半ほど歩いたころか、僕の前に大きな青いトラックが止まった。中から腕っ節の強うそうなおじさんが出てきて、現地語でなにかを言っている。僕は理解できなかったので、もしかしたらと思い必死に「ポドガリッツア!」と叫んだ。すると腕を引いて乗れというのだ。 なんという幸運だろう。ブルートラックはものすごい勢いで道をかける。馬は道の隅でこちらを眺めるし、農夫なんかは笑いながら手を振る。あっという間に村についた。僕は「フバーラ(ありがとうの意味)」と言っておじさんと別れた。

Travel Collector: Sougaku

  • 3
  • 2302 views
クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ

Back to Top of クロアチア 第二次大戦以来ヨーロッパ最悪の戦闘地へ