Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Usami Takuyaさんのログブック(旅行記)「光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。」

光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。

2014-06-04 - 2014-06-0813 Episodes
Usami Takuya
Travel Collector
Usami Takuya
  • 20s / male
  • Australia
Places visited
Australia

毎年5月末から6月初旬にかけて開催されるVivid Sydneyとは、日本ではあまり知名度は高くありませんが、日本の神戸ルミナリエやドイツはベルリンのFestival of Lightsと並び世界の光の祭典ベスト10に選ばれる程の人気の祭典です。
今回は、この祭典期間にシドニーに滞在して楽しむログブックを作成します。

  • 12Favorite
  • 3769view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/06/04

Sydney Harbour Bridge New South Wales, Australia

シドニー・ハーバー・ブリッジ(Sydney Harbour Bridge)(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん) - 02

晴れていれば到着した日に散歩してみてはいかがでしょうか。
シドニーは比較的小さな街ですので、街中歩いて観光することも可能です。
無料の周回バスも利用しつつ、街を肌で感じましょう。
写真はハーバーブリッジの上からです。歩いて渡ることが出来ます。

  • Loved to be there!

Taronga Zoo New South Wales, Australia

Taronga Zoo(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん)

サーキュラーキーからフェリーで移動するのも市民の日常です。
circular quayからDaring harbourまでの短距離フェリーなんてのもあるのです!
My Multiと呼ばれる1日乗車券(1週間乗車券など様々なタイプあり)を利用すれば、シドニー市営の大体の船に乗れます。
私はタロンガ動物園に行ったのですが、この区間の乗船料は別途必要でしたのでご注意下さい。
動物園はロープウェイで移動するほど巨大なものですが、日本の動物園と大した違いがありませんでした。街中にいる大きな鳥に興奮していた私には、わざわざ高い入場料と乗船料を払って行く価値を見いだせませんでした。
ただ、フェリーの上から望むオペラハウスは普段見る角度とは違い、迫力がありました。
短距離フェリーなどに乗って、この景色を楽しむのは良いと思います。

  • Loved to be there!
  • Budget:4000USD

Day 22014/06/05

Museum of Contemporary Art New South Wales, Australia

シドニー現代美術館(Museum of Contemporary Art)(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん)

旅の目玉であるVivid Sydneyは、夕方6時から深夜12時まで。オペラハウスをスクリーンに、様々な絵が投射されるのは必見です。
オペラハウスは様々な場所から見れますが、特にオススメなのはサーキュラーキー直ぐ横にあるシドニー現代美術館最上階のバーからの眺めです。
入場も無料ですし、何故かバーにも無料で入れました。ガイドブックにも書いていない穴場スポットと思います。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Sydney Harbour Bridge New South Wales, Australia

シドニー・ハーバー・ブリッジ(Sydney Harbour Bridge)(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん)

ハーバーブリッジの下からはオペラハウスを理想の角度で望めます。船の往来も素敵ですね。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Sydney Opera House New South Wales, Australia

オペラハウス(Opera House)(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん)

様々なデザインに変化するオペラハウス2
オペラハウス真下の桟橋より。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Sydney Opera House New South Wales, Australia

オペラハウス(Opera House)(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん) - 02

様々なデザインに変化するオペラハウス3
オペラハウス真下の桟橋より。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Hickson Rd Reserve New South Wales, Australia

Hickson Rd Reserve(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん)

オペラハウスのライトアップだけでなく、光のオブジェも散りばめられてられていました。街全体がオブジェやプロジェクションマッピングに溢れます。
ここを起点にハーバーブリッジの下をくぐり、ダーリングハーバーまで歩くと、Vivid Sydneyの中でもディープな世界を知ることが出来ます。一部暗い場所もありますので、一人の場合はご注意を。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Day 32014/06/06

3 Wise Monkeys New South Wales, Australia

3 Wise Monkeys(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん)

シドニーの治安は良いため、夜にパブに出かけることもオススメです。
たまたま入った3 wise monkeysというパプは、4階建てくらいになっており、上層階ではライブが行われていました。ノリノリの外国人と一緒に楽しむのも良い経験です。
カウンターでオススメのビールを頼みましょう。この国ではカクテルは高いようです。
入店に際して、身分証のチェック・カバンのチェック・入店料の支払いが必要となりますのでご注意下さい。あと、ガードマンのガタイが良くて少し怖いです(笑)

  • Loved to be there!
  • Budget:2000USD

Phillip's Foote New South Wales, Australia

Phillip's Foote(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん)

オーストラリアで食べたステーキはとても美味しかったです。
Phillip's footというRocksにあるステーキ屋さんは日本のガイドブックにもよく紹介されています。肉をカウンターで最初に頼み、自分でグリルで焼くというスタイルです。
もう一店、写真を撮り忘れてしまったのですが、Darling HarbourにあるPancake on the rocks(Rocks地区にもあり、そちらが本店です。)がオススメです。こちらのお店、日本ではパンケーキのお店と紹介されている事が多いですが、私は現地の人におすすめされた、Beef ribs(約30ドル)とChicken and Mushroom crape(約15ドル)を食べてみました。どちらも日本では味わえない味で、値段以上の満足度でした。

  • Loved to be there!
  • Budget:4500USD

Day 42014/06/07

Bondi Beach New South Wales, Australia

ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん)

シドニーには非常に多くのビーチがあり、現地の人々もまた海水浴が大好きです。
どの人に聞いても一番おすすめというのはボンダイビーチでしょう。こちらは市内からはやや遠い(地下鉄かバスでBondi junctionまで移動し、そこから更に別のバスでBondi beachまで移動することになります)のですが、一度行けば現地の人々がおすすめする理由もうなずけるかと思います。
近くでランチを買って、お酒片手に海を眺めれば、時間がとてもゆっくりと流れます。
体力にも余裕があれば、Bondi beach→Tamarama beach→Bronte beach→coo gee beachと散歩されてはいかがでしょう。1時間半から2時間は歩くことになりますが、優雅な一時を楽しめます。

  • Loved to be there!

Paddington Markets New South Wales, Australia

Paddington Markets(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん)

その日が土曜日であれば、Bondi beachによる前にPaddington Marketに行くことをおすすめします。Sydneyには多くのフリーマーケットがありますが、最も面白かったのがここでした。土曜日の時間限定であるので、事前に開催しているかを調べることをお勧めします。
その次におすすめなのがRocks marketでしょうか。他もそれなりに楽しめますが、買いたいと思う雑貨には出会えませんでした。
オーストラリアは革製品とおしゃれな雑貨に溢れています。
友人や自分へのお土産はここでも買えると思います。

  • Loved to be there!

Day 52014/06/08

ニューサウスウェールズ(オーストラリア)|「最終日に入れてしまいましたが、至る所で試してもらいたいものがあります。
街中で歩けば必ず目に付くこのお店、Pie faceというミートパイのチェーン店なのですが、オーストラリア発祥と言うことで、とても美味しく、何度か利用しました。顔の絵によって味が違うので

最終日に入れてしまいましたが、至る所で試してもらいたいものがあります。
街中で歩けば必ず目に付くこのお店、Pie faceというミートパイのチェーン店なのですが、オーストラリア発祥と言うことで、とても美味しく、何度か利用しました。顔の絵によって味が違うので、何種類か食べても飽きませんでした。日本にも進出して欲しい店の1つです。
また、オーストラリアはコーヒー文化が強く根づいていることでも有名です。
街の至る所にコーヒーショップがあり、比較的安価にありますので、歩き飲みすることをオススメします。
現地の人はLong black(スタバでいるカフェアメリカーノ)やLatteが人気です。基本的にエスプレッソコーヒーがベースですので、ドリップコーヒーと言っても通じないかも知れません。Small long black, please.
とオーダーしましょう。

  • Loved to be there!

Queen Victoria Building (QVB) New South Wales, Australia

クイーン・ヴィクトリア・ビルディング(Queen Victoria Building (QVB))(ニューサウスウェールズ, オーストラリア)|光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。(Usami Takuyaさん)

少々ベタではありますが、高価な買い物はQueens Victoria Building(QVB)で大抵揃います。それか先述のBondi junctionにある大型ショッピングモールでしょう。
ここは非常に歴史があるショッピングモールですので、買うつもりがなくても入ってみると良いと思います。私のような節約の旅が好きな人でも、ここのエレベーターはお金を払っても乗りたいものです。(もちろん無料でした)
出国に向けてお土産をまとめて買いたい場合には、QVB直ぐ近くにあるWoolworthというスーパーマーケットがオススメです。
オーストラリアならではのグレービーソースの素やラムチョップの素は粉で揃っていますので、軽く場所も取らず、お土産に便利です。
最終的にはシドニー空港で全ての物が手に入るので、帰国日には少し早めに空港に移動すると良いかと思います。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Travel Tracking

Comments

  • 12Favorite
  • 3769view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。 光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。

Back to Top of 光の祭典を楽しむ、滞在型シドニー観光。