Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Natsumi Daizenさんのログブック(旅行記)「芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。」

芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。

2013-08-29 - 2013-09-019 Episodes
Natsumi Daizen
Travel Collector
Natsumi Daizen
  • 20s / female
  • Spain
Places visited
Spain

バルセロナといえばサグラダ・ファミリアの建築家アントニオ・ガウディの印象が強い。バルセロナへ来た理由の一つが何といってもサグラダ・ファミリアは外すことはできません。しかしせっかくバルセロナに来たのにガウディの他に、スペインを代表とする現代アーティストの作品を見ないわけにはいきません。ここバルセロナは天才画家ピカソが青春時代を過ごし、現代絵画の巨匠ミロがこの地で生まれ、現代芸術の奇才ダリの作品が所蔵されている場所でもあるのです。

スペインを訪れて教会などの宗教的な地へ赴くことの多い旅に飽きた頃に、現代芸術を巡る旅はどうでしょうか?

  • 7Favorite
  • 4620view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12013/08/29

Sagrada Família Catalonia, Spain

サグラダ・ファミリア(Basilica of the Sagrada Familia)(カタルーニャ, スペイン)|芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。(Natsumi Daizenさん)

やはり芸術の街バルセロナといえばサグラダ・ファミリアというわけで、夜とお昼に行ってまいりました!お昼は長蛇の列で、人が多くて疲れたけど、内部の美しさは圧巻だった。森をイメージされているらしく、曲線の美しい柱が立ち並んでいた。外からステンドグラスに差し込む光がこれまた美しいのよ!!完成は13年後で、出来上がったらまた来たいなぁ。

夜は21過ぎに行き、中に入れないので外から鑑賞。ライトアップされており、お昼とはまた違った荘厳な雰囲気を持っていた。まぁまぁ夜はそれだけじゃないんだなぁ、と友達が言うのでついていくと、なんと池に映るサグラダ・ファミリアが…!お昼よりも、ライトアップされているのよりもなぜか美しく思えた。ゆらゆら揺れている感じがたまらんのよ!

  • Loved to be there!
  • Budget:11USD

Day 22013/08/30

Museu Picasso Catalonia, Spain

ピカソ美術館(Museu Picasso)(カタルーニャ, スペイン)|芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。(Natsumi Daizenさん)

写真を撮るのをついつい忘れちゃうほど面白かったところがピカソ美術館です。(写真とは関係ないけどお読みください。)
ここにはピカソの初期の作品から有名な作品まで展示されていた。こっからは率直な感想。彼は最初から奇抜な絵を描いていたわけではなく、しっかり初歩の部分から勉強していて、練習の数が本当に半端ないねん!1枚の絵を完成させるまでに、絵の中の人・物・背景ひとつずつ何枚も試行錯誤していて、1枚1枚バラバラの絵を見て全部が組み合わさった絵を見たときは本当に鳥肌もん!特に彼の作品の「泣く女」は感動した。彼の代表作「ゲルニカ」は残念ながらマドリッドにあって見れなかったけど、十分ピカソの魅力を感じれる美術館でした。

  • Loved to be there!

Museu Picasso Catalonia, Spain

ピカソ美術館(Museu Picasso)(カタルーニャ, スペイン)|芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。(Natsumi Daizenさん) - 02

さっきの写真と同じく、スペインといえばBar巡りも必見。ピカソ美術館近くの路地のBarへ。1軒目のサングリアはおいしくなかったけど、2件目のここは美味しくいただきました。ただお酒弱いのであんまり飲めませんでしたが…。
美味しいのはサングリアだけじゃなくて、タパスもここはベスト3に入るくらい美味しかった。特にイカのフリット!

  • Loved to be there!

Day 32013/08/31

Museu d'Art Contemporani de Barcelona (MACBA) Catalonia, Spain

バルセロナ現代美術館(Museu d'Art Contemporani de Barcelona (MACBA))(カタルーニャ, スペイン)|芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。(Natsumi Daizenさん)

通称MACBA、バルセロナ現代美術館に行ってきました。このガラス張りのおしゃれな建物の前ではバルセロナの若者たちがスケボーしたり、パブリックスペースになっていた。日本と違って海外はこういったパブリックに開けているからいいいよね!

  • Loved to be there!

Museu d'Art Contemporani de Barcelona (MACBA) Catalonia, Spain

バルセロナ現代美術館(Museu d'Art Contemporani de Barcelona (MACBA))(カタルーニャ, スペイン)|芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。(Natsumi Daizenさん) - 02

他の国の現代美術館とは違う雰囲気を持っていた気がした。なんかねー作品一つ一つが生きてるみたいな感じ(笑)。ピカソもそう感じたけど、命のない作品に生命が宿っているようなそんな作品が多いんかなぁ。なんて。
あとEric Baudelaireという人の作品はショックなものだった。

  • Loved to be there!

Museu d'Art Contemporani de Barcelona (MACBA) Catalonia, Spain

バルセロナ現代美術館(Museu d'Art Contemporani de Barcelona (MACBA))(カタルーニャ, スペイン)|芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。(Natsumi Daizenさん) - 03

これはAntoni Tapiesという人の作品。すごい怖い印象だったけど、すごく惹きつけられるものがあった。

  • Loved to be there!

Day 42013/09/01

Fundació Antoni Tàpies Catalonia, Spain

アントニ タピエス 基金博物館(Fundació Antoni Tàpies)(カタルーニャ, スペイン)|芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。(Natsumi Daizenさん)

前の日にバルセロナ現代美術館で見たAntoni Tapiesの美術館へ。彼はピカソ・ダリ・ミロに次ぐスペイン現代美術の巨匠だそう。

  • Loved to be there!

Fundació Antoni Tàpies Catalonia, Spain

アントニ タピエス 基金博物館(Fundació Antoni Tàpies)(カタルーニャ, スペイン)|芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。(Natsumi Daizenさん) - 02

この美術館の建物の屋根の上には針金のオブジェがあり、独特で何か恐ろしい雰囲気を持っていた。
彼の作品は素材をしっかりと生かしていて、時には「生と死」が表面に出ていた。ピカソも昨日見た作品も作者は異なるけど、似たようなニュアンスを持っているんやなぁって感じた。素人やのに何言ってんねん(笑)。

  • Loved to be there!

Catedral de la Santa Creu i Santa Eulàlia Catalonia, Spain

サンタ・エウラリア大聖堂(Catedral de la Santa Creu i Santa Eulàlia)(カタルーニャ, スペイン)|芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。(Natsumi Daizenさん)

さすが芸術の街。
日本人同士で仲良くなった友達がカテドラルの前で路上ライブをし始めた!
歌っている歌は日本語やのに多くの人が足を止めて聞いていた。音楽って国境を越えて通じ合えるものなんやぁ。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 7Favorite
  • 4620view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

スペインでの僕の足跡

一人旅
スペインでの僕の足跡

2014-03-16 - 2014-03-23

Read more

  • 9Episodes
  • Ram Prasad Thanapandi
今回、初めてCompathyを使って僕のスペインでの旅を紹介をしたいと思います。 3月の中旬にスペインに10日間ほど旅をしてきました。 今までアメリカやアジアを中心に様々な国で旅をしましたが、ヨーロッパは初体験です。 旅に行くまではスペインについてひたすら妄想してました!笑 たとえば、みんなサッカーが大好きで酒が大好きで社交的だとか、街中が芸術的だとか。 あとスペイン美女なんかもグーグルで検索してました!笑 確かにこれらの妄想は大幅あたっていたかもしれない。 でも自分の考えていたこと以上に新しい発見はありました。 それはある意味、普段、日本で過ごしていることから生まれたギャップみたいなものかな。 スペインについて街中を散歩していると日本と異なる姿がすぐに見れます。それはヨーロッパらしい街並みもそうだけど人々からも感じられるのです。外見とかの話じゃなくてね。まず平日の昼間から多くの若い人もある程度の年を取った人もテラス席に座り酒を飲みながら会話を楽しんでるのです。というかスーツ姿の人すら見かけない!笑 日本ではありえませんよね。目を疑ってました。しかも発展してるイメージがあったヨーロッパのスペインの主要都市であるバルセロナだから。 日本にいると働く責任が高まるからなおさらかな。 でもスペインの人の話を聞くとその光景の意味もわかり始めました。 まず仕事に対する感覚が違う。スペインの人はお金のためというより遊ぶために働く。 ヨーロッパの人のそういった考えはなんとなく聞いたことがあったけど生でみると五感がよく理解してくれるものです。それがわかってから旅がより面白くなってきました。せっかくスペインに来たんだから自分も同じスペインの人になった気持ちなったつもりで見たものをあまり否定しないで旅をしました。ようは何でも受け入れるイメージで。 そうするとスペインのことがよりわかるようになります。 たとてば、スペインは移民に対して寛容だ!スペインでは南米系、アフリカ系、アジア系など世界中から移民が集まってきます。しかも移民は移民で差別を感じずに生活しているように見えます。それぞれのコミュニティーがぶつかり合わずにうまく生きているし仲がよさそうに見えます。日本では移民の問題には慎重だけどスペインではいい意味で大胆なのかも。少子高齢化が進む日本には参考にヒントがあるかもしれません。 またさっきも言った昼間から酒を飲みながら会話を楽しんでる光景にはスペインの今、落ち込んでる経済状況も映し出されているようにも僕には見えました。ようは仕事を本当はしたいのに雇用がないのかもしれないですね。 本とかでこのような知識は聞いてはいましたが、実際に行くと肌で感じられるものです。 現地の人に本当の声を直接聞くことは価値があるし、理解力が高まる! また、スペインの建物や街並みや料理も本とかでは知っていたけど、本当に芸術的なものでした。芸術にうとい僕ですら心を動かされるのだから!笑 僕のセンスのない写真でよければ見てくれたらうれしいです。 それと僕はスペインの人々のことがとても好きになりました。 彼らは人にたして親切でありオープンだし、愛情表現に対して恥じらいを持たない人多いように感じます。 女性に対する見方は学ぶことがかなりあるでしょう。 公の場で堂々と熱いキスは日本ではなかなか見れないですしね!笑 僕が伝えたいことは、自分の興味があったり、関心がある国にはぜひ自分の足で足跡をつけてほしい!! そうすると自分の理解力は爆発的に高まるだろうし、その国のいいとこや問題点が浮き彫りにされるだろうし、もしかしたら自分の想像と180度、違った答えが返ってくるかも。 僕が今回スペインでつけた足跡は観光地めぐりというよりは感覚的なものだったのかもしれません。 もっと多くの人が海外に行って自分なりの立派な足跡をつけてくれたら最高です。 こんな感じで僕の今回の旅の記録を終えます。

Travel Collector: Ram Prasad Thanapandi

  • 2
  • 502 views
芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。 芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。

Back to Top of 芸術を五感で感じれる街、バルセロナ!現代アートを巡る旅。