Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Grzegorz Samborskiさんのログブック(旅行記)「Milestii Mici」

Milestii Mici

2014-07-01 - 2014-07-05 6 1260 7
Grzegorz Samborski
Travel Collector
Grzegorz Samborski
  • 30s / male
  • Moldova
Places visited
Moldova

Milestii Mici - undeground wine city in Moldova, with nearly 2 million bottles of Bachus liquor. Paradise for wine fans :)

Add this travel log to your Favorites and read later.

Day 22014/07/02

  • Loved to be there!

Day 32014/07/03

  • Loved to be there!

Day 42014/07/04

  • Loved to be there!

Day 52014/07/05

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

Add this travel log to your Favorites and read later.

People also read these Travel Logs

Kiszyniów


Kiszyniów

2014-07-19 - 2014-07-22

  • 5
  • Szymon Zajęcki
Wyprawa do Kiszyniowa w dniach 18-23.07.2014. Niezapomniane wrażenia, pełen spontan ! Będę wracał tam za każdym razem, kiedy tylko będzie taka możliwość. Polecam :D

Travel Collector: Szymon Zajęcki

  • 4
  • 1411

Некоторые события


Некоторые события

2013-12-08 - 2014-07-04

  • 5
  • Ivan  Tsank
Несколько фотокарточек из недавних приятных мероприятий)

Travel Collector: Ivan Tsank

  • 0
  • 1182

モルドバ ヨーロッパ最果て、ヨーロッパ最貧、大国に翻弄され続ける国。首都キシナウ。

一人旅
モルドバ ヨーロッパ最果て、ヨーロッパ最貧、大国に翻弄され続ける国。首都キシナウ。

2010-07-15 - 2010-07-16

  • 27
  • Shohei Watanabe
旧ソ連のモルドバ共和国首都キシナウ ヨーロッパ最貧国のひとつモルドバ。 それでも海外からの資本は来ている! 誰かがここで儲けを狙っている。 首都は美人が多く、小さな町。 元々はルーマニアの一部であり、民族的にも言語的にもほぼルーマニアと同じのモルドバ人。 オスマン帝国やロシア、ソビエトなどの大国に翻弄され、スターリン政策によりロシア人が移住させられ、ルーマニア・モルドバ人はシベリアなどに移住させられ、民族構成がモザイク国家になってしまった。 ソ連崩壊後、ルーマニアとの再統合案も出たが、独立国家として進むことを決意。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157624806897597/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 4
  • 11713

沿ドニエストル共和国 地図にない国 ロシアよりもソ連、ソ連の核兵器が眠る国、日帰り入国

一人旅
沿ドニエストル共和国 地図にない国 ロシアよりもソ連、ソ連の核兵器が眠る国、日帰り入国

2010-07-15 - 2010-07-15

  • 29
  • Shohei Watanabe
モルドバ系はこの地を去り、ロシア系はモルドバからこの地へ来た。ユダヤ人は未だ迫害を受ける。 モルドバの首都キシナウから同じバスで来た若い女性は、この地に移住した母に会いに来た。 「なぜこの地が、国家承認されず、生活に困窮しなければいけないの?」 と訴えられ、言葉にならなかった。 ソ連崩壊時に各共和国が次々に独立する中、モルドバ内の沿ドニエストル地方が独立を宣言。 モルドバ政府と内戦になりロシアが介入、現在は停戦中のままであります。 もともとこの地はベッサラビア(モルドバ地域)ではなく、ソビエト時代にモルドバと一緒の自治体にさせられてしまいました。 クリミア半島と似た経緯です。この国(為政者?)もロシアへの編入を求めています。 ロシアのみがこの国を承認、あとはグルジア内の独立宣言地域アブアジア共和国、南オセチア共和国と双方で承認し合っているのみであります。 沿ドニエストル政府は実効支配をし、自国の政府、軍隊、なんと通貨まで存在すると言う点において、立場は台湾と同じと言えるでしょう。 モルドバからミニバスに乗り首都ティラスポリへ向かいました。 途中国境の検問にて、当日中に領内から出て行くことを条件に入国が許されました。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157624806897597/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 4
  • 4159

未知なる土地への冒険 〜沿ドニエストル共和国〜


未知なる土地への冒険 〜沿ドニエストル共和国〜

2015-08-19 - 2015-08-19

  • 20
  • 芝野 愛梨(Eri Shibano)
8月18日から20日までモルドバに滞在していた。そのついでに未知なる土地である沿ドニエストル共和国の首都ティラスポリに行ってみた。ここは外務省の海外安全情報では注意喚起が出ていたが、国境を越えてしまえば普通の街。国境に入るときに簡単な出入国審査があるが、パスポートの提示と滞在目的を答えるだけで十分だった。あとは渡された紙(パスポート情報記載の)を出国までなくさないように持参するのみである。賄賂請求の噂があるが、あれはウクライナから入る場合である。 この地は国際的には国家として承認されていないため(ロシアのみ承認)モルドバの一部としている。だが、ソ連の雰囲気が強く残され、公用語もロシア語で独自の通貨も持つなど(ドニエストルルーブル)、半独立的状態にある。渡航前は少し危険なイメージがあったが、実際は街も整備されていて雰囲気もよく、キシナウより治安の良さを感じたぐらいだった。さらに、この地はワインが絶品であり、レストランも充実している。ワイン好きには是非おすすめである。

Travel Collector: 芝野 愛梨(Eri Shibano)

  • 1
  • 2060

TRANSNISTRIA – COUNTRY THAT DOESN’T EXIST


TRANSNISTRIA – COUNTRY THAT DOESN’T EXIST

2015-05-24 - 2015-05-24

  • 22
  • www.MyNameIsOla.com
An interesting trip to Tiraspol the capital of Transnistria! A country recognized only by Abkhazia and South Ossetia

Travel Collector: www.MyNameIsOla.com

  • 0
  • 1310

Ahr valley

お酒
Ahr valley

2012-09-16 - 2014-04-18

  • 9
  • Niclas
The Ahr valley ist often called a "hiking paradise", especially for its Wine Trail (one of Germany’s most beautiful footpaths). Signpost with small red grapes on a white background lead 35 km long way through the vineyards. The ahr valley offers beautiful lookouts, lovely winemaking villages and imposing ancient ruins high above them.

Travel Collector: Niclas

  • 0
  • 844

Milestii Mici Milestii Mici

Back to Top of Milestii Mici