Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Natsumi Daizenさんのログブック(旅行記)「ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ」

ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ

2014-07-19 - 2014-07-22 17 403 12
  • Mexico
訪れた国
メキシコ

グアテマラで4ヶ月間スペイン語留学で滞在していたが、中米のビザの関係(3ヶ月以内しかいることができない)で、メキシコにビザ繰りに行かなければならなかった。ガイドブックを見ると、なんと7月にメキシコのオアハカ州で割と規模の大きいお祭りがあるじゃないか!しかもオアハカは日本の裂けるチーズのモデルになったというチーズや、チョコを使ったモーレというソースなど、食の街という。旅の醍醐味は食だろ!と思う私にとってはオアハカは一度は行くべき場所だということで、オアハカ行きを決意した。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2014/07/19

Museo De Arte Contemporáneo De Oaxaca オアハカ, メキシコ

Museo De Arte Contemporáneo De Oaxaca(オアハカ, メキシコ)|ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ(Natsumi Daizenさん) - 02

オアハカの町には多数のギャラリーが立ち並び、地元出身の画家たちの作品を目にすることができるため、芸術の町である。
今回の訪問で訪れたのは「オアハカ現代美術館」(el Museo de Arte Contemporáneo de Oaxaca)。

  • 行ってよかった!

Museo De Arte Contemporáneo De Oaxaca オアハカ, メキシコ

Museo De Arte Contemporáneo De Oaxaca(オアハカ, メキシコ)|ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ(Natsumi Daizenさん) - 03

この美術館はオアハカ中心部にのびる歩行者天国に位置し、コロニアル様式の建物。
この歩行者天国は毎日人で賑わっており、路上アーティストや路面販売も行われている。

  • 行ってよかった!

Museo De Arte Contemporáneo De Oaxaca オアハカ, メキシコ

Museo De Arte Contemporáneo De Oaxaca(オアハカ, メキシコ)|ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ(Natsumi Daizenさん)

展示内容は1階と2階で異なる企画展が催されており、メキシコの伝統的な産業や社会問題を扱った作品が多いことが特徴。昔は社会運動が多かった為、オアハカの街自体にもストリートアートが多く点在する。これもまた見所。

  • 行ってよかった!

Mercado 20 De Noviembre オアハカ, メキシコ

Mercado 20 De Noviembre(オアハカ, メキシコ)|ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ(Natsumi Daizenさん)

昼ごはんは20 de noviembre市場の人気のスープ屋さん。このスープには牛のホルモンやパクチーやお豆さんが沢山入って、タンパク質豊富なスープである。たぶん名前はMondongo?ラテンアメリカ一帯ではこのようなスープはとてもポピュラーなのである。友達はあまりにも美味しいので、毎日通っていました。

  • 行ってよかった!
  • 予算:300円

オアハカ(メキシコ)|「はい、この日の夜は 日本人の友達の現地人の友達の招待で、ある女の子の15歳記念パーティー(こっちではquinceaneraキンセネーラという)へ行ってきた。
このまるで結婚式のような、盛大な15歳記念祭とは中南米で主に行われており、女の子が15歳になったことを祝うもので、日本

はい、この日の夜は 日本人の友達の現地人の友達の招待で、ある女の子の15歳記念パーティー(こっちではquinceaneraキンセネーラという)へ行ってきた。
このまるで結婚式のような、盛大な15歳記念祭とは中南米で主に行われており、女の子が15歳になったことを祝うもので、日本でいう成人式のようなものだそう。
でも日本のように自治体が企画して15歳の少女を集めるのではなく、家族中心で、友達や親戚や先生などを呼んでパーティーを開くそう。

この15歳記念祭は女の子たちの憧れで、お姫様気分を味わえ、一年間で自分が主役になることのできる大切な日なのです。

こんな大切は日に、赤の他人の私たちを招待してくれるなんて…。(実際15歳の女の子とは面識ありません。)

  • 行ってよかった!

オアハカ(メキシコ)|「料理はグリルチキン~モーレのソース添え~、じっくり煮込んだトマトソースと絡めたパスタ(すみません、ケチャップです。)、採れたて新鮮野菜を使ったサラダ。

それとドリンクは飲み放題。アルコールは私は遠慮したけど、友達はかなり飲んでた。メキシコのビール、コロナビール!だってタダで

料理はグリルチキン~モーレのソース添え~、じっくり煮込んだトマトソースと絡めたパスタ(すみません、ケチャップです。)、採れたて新鮮野菜を使ったサラダ。

それとドリンクは飲み放題。アルコールは私は遠慮したけど、友達はかなり飲んでた。メキシコのビール、コロナビール!だってタダですもの!

  • 行ってよかった!

オアハカ(メキシコ)|「せっかくの15歳記念祭なのに、居眠りしている人、発見!!

というもの集合したのは夜の9時くらいで、実際に会が始まったのは11時くらい。12時からメインが始まり、みんなが踊りだしたり、ゲームが始まる。2時くらいまであったそうですが、私たちは1時頃に帰ることに。
そして、15歳

せっかくの15歳記念祭なのに、居眠りしている人、発見!!

というもの集合したのは夜の9時くらいで、実際に会が始まったのは11時くらい。12時からメインが始まり、みんなが踊りだしたり、ゲームが始まる。2時くらいまであったそうですが、私たちは1時頃に帰ることに。
そして、15歳記念祭では最後にかわいらしいサンダルが配られました。(かなり愛用してた。)
聞くところによると、パーティーにはみんなヒールで来るため、帰る頃には足が痛くなるということから、会の最後のほうにはサンダルが配られるという。

  • 行ってよかった!

3日目2014/07/21

オアハカ(メキシコ)|「宿の人とみんなでゲラゲッツァを見にサン・アントニオというオアハカ近郊の村へ行った。
オアハカの周辺の村々でも同じ内容のゲラゲッツァ祭が開催されていて、会場は無料では入ることができる。
こっちはどちらかというと、現地の人たちで賑わっていた。」ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加

宿の人とみんなでゲラゲッツァを見にサン・アントニオというオアハカ近郊の村へ行った。
オアハカの周辺の村々でも同じ内容のゲラゲッツァ祭が開催されていて、会場は無料では入ることができる。
こっちはどちらかというと、現地の人たちで賑わっていた。

  • 行ってよかった!

オアハカ(メキシコ)|「はい、ゲラゲッツァ祭りとはなんぞやという方に朗報、私が説明します。
以下、
「ゲラゲッツァ祭とは、オアハカ周辺の村の伝統衣装を身にまとった踊り子たちが集まり、各民族特有の伝統舞踊を披露する祭です。開催日は毎年7月16日以降の2回の月曜日で、踊りは1日2回上演されます。その週は

はい、ゲラゲッツァ祭りとはなんぞやという方に朗報、私が説明します。
以下、
「ゲラゲッツァ祭とは、オアハカ周辺の村の伝統衣装を身にまとった踊り子たちが集まり、各民族特有の伝統舞踊を披露する祭です。開催日は毎年7月16日以降の2回の月曜日で、踊りは1日2回上演されます。その週は海外やメキシコ全土から、沢山の観光客が集まり、様々な関連イベントやパレードが催され、街中が賑やかになります。今年は7月21日、28日にメインの舞踊イベントが行われました。

「ゲラゲッツァ」は先住民の言語、サポテカ語で「助け合い」の意味があり、元々は先住民がトウモロコシの豊作を祈って行われていた祭りでしたが、カトリック教会の影響から聖母カルメンの祝祭行事として行われるようになりました。しかし現在では、宗教的面影はあまりなく、トウモロコシの葉を使っていたり、踊り子たちは農民の格好に扮しているなど、元来の要素を残しつつ、エンターテイメント色の強い伝統舞踊フェスティバルになっています。」

ということだそう。

  • 行ってよかった!

オアハカ(メキシコ)|「この踊りはアルト・パパロアパン地域に伝わる、ゲラゲッツァで一番の盛り上がり見せる踊りが“FLOR DE PIÑA(パイナップルの花)”。
パイナップル作りが盛んなこの地域の踊りは、非常に陽気で、踊り子たちはカラフルな刺繍を施した衣装を身に纏い、名産のパイナップルを持って踊りを

この踊りはアルト・パパロアパン地域に伝わる、ゲラゲッツァで一番の盛り上がり見せる踊りが“FLOR DE PIÑA(パイナップルの花)”。
パイナップル作りが盛んなこの地域の踊りは、非常に陽気で、踊り子たちはカラフルな刺繍を施した衣装を身に纏い、名産のパイナップルを持って踊りを披露する。
あの頭につけてるのん、結構重たいそうよ。

  • 行ってよかった!

オアハカ(メキシコ)|「オアハカには住民の約40パーセントの先住民が暮らしていて、ゲラゲッツァ祭での先住民の古来からの伝統衣装と舞踊は、1番の見所。
そしてパフォーマンスをする先住民の彼らにとっても、最高の晴れ舞台でもある。
毎年、各村からパフォーマンスをする有志を選び、ゲラゲッツァ開催中の期間の彼

オアハカには住民の約40パーセントの先住民が暮らしていて、ゲラゲッツァ祭での先住民の古来からの伝統衣装と舞踊は、1番の見所。
そしてパフォーマンスをする先住民の彼らにとっても、最高の晴れ舞台でもある。
毎年、各村からパフォーマンスをする有志を選び、ゲラゲッツァ開催中の期間の彼らの宿泊代などの旅費は国が負担しているという、力の入れ様。

  • 行ってよかった!

2日目2014/07/20

オアハカ(メキシコ)|「はい、地元の人たちで大賑わい。
スタンディングオベーションです。」ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ(Natsumi Daizenさん)

はい、地元の人たちで大賑わい。
スタンディングオベーションです。

  • 行ってよかった!

オアハカ(メキシコ)|「会場に来ていた女の子達。日本人が珍しいのか、ずっとこっちを見ていた。ずっと見ていたのに、「カメラ撮るよー」と言うと、照れる始末。どの国も子どもはかわいい。」ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ(Natsumi Daizenさん)

会場に来ていた女の子達。日本人が珍しいのか、ずっとこっちを見ていた。ずっと見ていたのに、「カメラ撮るよー」と言うと、照れる始末。どの国も子どもはかわいい。

  • 行ってよかった!

4日目2014/07/22

オアハカ(メキシコ)|「ゲラゲッツァのメインイベント以外にも、オアハカ名物のアルコール、メスクラの試飲イベント(有料)や民芸品の屋台、モーレ(オアハカ名物のチョコを使ったシチューのようなソース)フェスティバル、チーズフェリア(フェリアはスペイン語で祭り、展示会)が催されている。
そしてこの日は日本人

ゲラゲッツァのメインイベント以外にも、オアハカ名物のアルコール、メスクラの試飲イベント(有料)や民芸品の屋台、モーレ(オアハカ名物のチョコを使ったシチューのようなソース)フェスティバル、チーズフェリア(フェリアはスペイン語で祭り、展示会)が催されている。
そしてこの日は日本人の友達と彼のメキシコ人の友達と一緒に近くの村で行われているチーズフェリアへ遊びに行った。

  • 行ってよかった!

オアハカ(メキシコ)|「ここでは各酪農家お手製のチーズを購入することができる。10件ほど店があり、各店で試食することができる。写真の人のお店では買わなかったけど、素敵な人でした。どれも同じオアハカチーズ(日本の「裂けるチーズ」のモデルになったチーズ)だけど、微妙に味が違うんだなぁ。私は別の店でお気に

ここでは各酪農家お手製のチーズを購入することができる。10件ほど店があり、各店で試食することができる。写真の人のお店では買わなかったけど、素敵な人でした。どれも同じオアハカチーズ(日本の「裂けるチーズ」のモデルになったチーズ)だけど、微妙に味が違うんだなぁ。私は別の店でお気に入りのチーズを購入。

  • 行ってよかった!

オアハカ(メキシコ)|「これもチーズ。
中に何が入っていると思いますか??


虫です。ここメキシコではイナゴのようなものを佃煮のようにして食べる文化があり(味は美味しいのだけど、私は抵抗あり)、その虫がチーズとマッチングしてしまったのです。

見た目レーズンとかに見えるけど、近くで見ると虫でした。

これもチーズ。
中に何が入っていると思いますか??

虫です。ここメキシコではイナゴのようなものを佃煮のようにして食べる文化があり(味は美味しいのだけど、私は抵抗あり)、その虫がチーズとマッチングしてしまったのです。

見た目レーズンとかに見えるけど、近くで見ると虫でした。

  • 行ってよかった!

オアハカ(メキシコ)|「疲れたので、アイスを食べて休憩。
これはNieveというメキシコのアイスでシャーベットとバニラアイスの中間のようなもの。
私はBeso de Oaxaquenoという種類のNievaをオーダー。人参が入ってて新しい食感だけど、美味しい!オアハカにきたら是非!」ゲラゲラゲラゲラ

疲れたので、アイスを食べて休憩。
これはNieveというメキシコのアイスでシャーベットとバニラアイスの中間のようなもの。
私はBeso de Oaxaquenoという種類のNievaをオーダー。人参が入ってて新しい食感だけど、美味しい!オアハカにきたら是非!

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

【世界遺産】おもちゃ箱のような街ーメキシコ・グアナファト

世界遺産
【世界遺産】おもちゃ箱のような街ーメキシコ・グアナファト

2014-09-06 - 2014-09-20

  • 58
  • Eika Akasaki
写真で見て絶対に行きたいと思っていた世界遺産の街、メキシコグアナファトへとうとう来ました。様々な色が溢れた小さな街ですが、芸術、エンターテイメント、自然、美味しいもの、そして暖かい笑顔が沢山詰まっていました。

作者: Eika Akasaki

  • 8
  • 6434

【メキシコ】 絶景!  グアナファト -カラフルな世界遺産都市-

世界遺産
【メキシコ】 絶景! グアナファト -カラフルな世界遺産都市-

2013-06-24 - 2013-06-25

  • 17
  • Saki Asao
メキシコ一美しいと言われているグアナファト。コロニアル都市で、中世のたたずまいを残す不思議な場所です。街全体が世界遺産に登録されていて、建物ひとつひとつがとてもカラフル。少し高い丘にのぼって全体を見渡すと、まるでおもちゃ箱のような鮮やかな色が目に飛び込んできます。 前日メキシコシティにいたので、そこから出発!

作者: Saki Asao

  • 4
  • 4960

欲張りに旅しよう!メキシコでウミガメと泳いでピラミッドに登ってきた

世界遺産
欲張りに旅しよう!メキシコでウミガメと泳いでピラミッドに登ってきた

2015-05-04 - 2015-05-09

  • 32
  • Asami  Yamada
GW後半はメキシコへ! 前半のニューヨーク女子旅とは打って変わって、世界遺産を巡るメキシコぶらり旅。 死ぬまでに行きたい絶景・世界七不思議チチェンイッツァと憧れのリゾート・カリブ海に行ってきました。 ラグジュアリーなリゾートと、アクティブな遺跡巡り!贅沢に両方楽しんできました! 旅の予算は前半のニューヨーク旅行記に記載しています。

作者: Asami Yamada

  • 8
  • 10115

1週間に渡り現地の家庭にホームステイ!食、大学、観光全てを満喫出来た!〜世界一周おふくろの味巡りの旅メキシコシティ編〜

世界遺産
1週間に渡り現地の家庭にホームステイ!食、大学、観光全てを満喫出来た!〜世界一周おふくろの味巡りの旅メキシコシティ編〜

2014-06-08 - 2014-06-13

  • 22
  • Yusuke Saito
独立の歴史を彷彿とさせるモニュメントや壁画や施設が至る所に、 文化遺産として存在するメキシコ。 1週間のホームステイを通じて毎日家庭料理を取材することが出来ました。 メキシコ国立自治大学をはじめとした大学巡り、テオティワカン、人類学博物館に行きました。 世界のおふくろの味巡りの旅公式サイト http://japi.or.jp/88spirits/

作者: Yusuke Saito

  • 2
  • 4431

メキシコ・極楽オールインクルーシブ・コズメル島編 / Cozumel, Mexico

初めての旅
メキシコ・極楽オールインクルーシブ・コズメル島編 / Cozumel, Mexico

2014-02-14 - 2014-02-17

  • 23
  • Motoko Birkenheier
バッグなし、お財布なし、お化粧なし! 今何時かも分からない。 腹時計と水着いっちょで過ごしたコズメル島(Cozumel)の3日間。

作者: Motoko Birkenheier

  • 5
  • 4666

混沌と遺跡とカリブ海のメキシコ


混沌と遺跡とカリブ海のメキシコ

2010-01-21 - 2010-02-08

  • 21
  • Naoya Hata
スペイン語圏で初めて訪れた地がメキシコだった。英語があまり通じないことに驚き、必死に最低限のスペイン語を覚えつつ、ガイドブックもない中でもがき歩き回った。食当たりに遭い、田園都市線を超える満員電車の中でスリに財布を盗まれ、それでも広大な自然や街にごったがえす人人人、大昔の遺跡などに非現実の魅力を感じた。旅に不慣れなあの頃だったから何もかもが新鮮に見えて、辛かったけど最高の思い出の地だ。

作者: Naoya Hata

  • 4
  • 2935

女子必見!【メキシコ、世界遺産の街グアナファト】宝石箱をひっくり返したようなカラフルな絶景の街へ♡

絶景
女子必見!【メキシコ、世界遺産の街グアナファト】宝石箱をひっくり返したようなカラフルな絶景の街へ♡

2014-01-14 - 2014-01-16

  • 29
  • 中 美砂希
【旅のきっかけ】 ネットでカラフルなグアナファトの写真を見てから、世界一周中に絶対に行きたいと思っていた絶景の場所の一つ。自分もこの目で見て写真におさめたい!と思っていたので、この宝石箱をひっくり返したような絶景を見た時は感動。 【オススメポイント】 メキシコに行くなら、絶対に外せない場所、世界遺産の街グアナファト♡街全体がカラフルで、フォトジェニック。街歩き好きのカメラ女子にはたまらない、カラフルな街並が広がります。 街には教会も多く、朝の目覚めは鐘の音からスタート。こんな絶景の街に住んでいる人が羨ましい! 【行き方】 メキシコのグアダラハラから行く場合、バスターミナルより、バスで4時間程、料金は341ペソでした。(約2700円)グアナファトに到着後は、ローカルバスで約30分(5ペソ、約40円)、中心地に到着します。

作者: 中 美砂希

  • 4
  • 9960

ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ

ゲラゲラゲラゲラゲラゲッツァ祭に参加してきました Inオアハカ トップへ