Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

「art」のおすすめ旅行記(ブログ)

Compathyでは、「art」をテーマにした海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。artについての旅行記をランキング、行き先別などで探すことができます。旅行記(旅のブログ)は地図とルートも掲載していますので、それをベースに旅行計画を立てることもできます。

6回目のNYひとり旅ダイジェスト。 マンハッタンのクリスマスイルミネーション、ホリデーマーケットはほぼ制覇。 思ったより暖冬で、夜もがんがん歩き回りました。

Eri  Iwasa

Eri Iwasa

2015-12-16 - 2015-12-21 , 6days

  • 151
  • 1645
  • 83

パリの治安、悪くなかったですよ(о´ω`о) もしスリなどで躊躇している人がいたら是非勇気を出して行ってみてください。 案ずるより産むが易し。 心配事の9割は思い過ごし。 相変わらずの弾丸で、今回は5泊3日、合計で85,000歩の旅でした!足イテ〜(笑) 今回は動画にもまとめてみました★ https://youtu.be/1Fh9O4U6DjM

旅するカズミ

旅するカズミ

2017-08-14 - 2017-08-16 , 3days

  • 51
  • 703
  • 27

N・S・ハルシャは1969年、南インドの古都マイスールに生まれ、現在も同地に在住し活動しています。インドの現代アートは近年の急速な経済成長や都市化とともに、国際的な注目を浴びていますが、N・S・ハルシャもこの10年間、世界各地で開催される国際展に数多く参加し、作品を発表しています。その一方で、南インドの伝統文化や自然環境、日々の生活における人間と動植物との関係など、自らを取り巻く「生」と真摯に向き合いながら、独自の立ち位置を確立してきた作家でもあります。 N・S・ハルシャの初のミッド・キャリア・レトロスペクティブ(*)となる本展では、1995年以降の主要な作品を網羅しながら、現実世界の不条理、具象と抽象、イメージの繰返しなど、彼の実践に一貫して見られる関心を掘り下げます。森美術館では、これまでも中国、アフリカ、インド、中東など成長目覚ましい地域の現代アートの現状を紹介しつつ、アジアの中堅作家の個展を開催していますが、本展はこの個展シリーズのひとつに位置づけられます。

yukako

yukako

2017-03-20 - 2017-03-20 , 1days

  • 50
  • 135
  • 19

秋の日帰り直島アート散歩。プラス、ちょっと穴場的アートスポット、四谷シモン人形館(坂出市)とイサムノグチ氏のモニュメント(高松空港)にも訪れてみました^^

Tutu Fujimoto

Tutu Fujimoto

2018-09-28 - 2018-10-01 , 4days

  • 45
  • 61
  • 36

人口約6億人。多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域ではダイナミックで多様な文化が育まれてきました。経済発展が目覚ましい近年、その現代アートの動向にも世界中から大きな注目が集まっています。「天気雨」を意味する展覧会タイトル「サンシャワー」は、東南アジア地域では頻繁にみられる気象現象であり、紆余曲折の歴史を経てきた同地域を表すメタファーでもあります。本展は、時代の潮流と変動を背景に発展した東南アジアにおける1980年代以降の現代アートを、9つの異なる視点から紹介する、史上最大規模の展覧会です。どこか懐かしく、まったく新しい東南アジアの姿――私たちの固定観念を覆す、ダイナミズムに満ち溢れるその息づかいを体感してください。

yukako

yukako

2017-09-09 - 2017-09-09 , 1days

  • 44
  • 171
  • 15

「あなたのドラえもんをつくってください。」 2017年11月TOKYO、このコンセプトに共鳴した28組のアーティストが集い、「ドラえもん」への思いが詰まった世界にひとつだけのアート作品を発表します。 1970年の誕生以来、ドラえもんは、日本中にたくさんの夢を届けてくれました。 いま世界を舞台に活躍するアーティストたちの中にも、ドラえもんと出会い、夢を膨らませてきた方々がたくさんいます。 そんなアーティストたちが感じた「ドラえもん」をアートで表現してもらえたら、いったいどんなすばらしいことが起こるのだろう。 「アート」が「ドラえもん」と出会う、その特別な瞬間を一緒に夢見ましょう。

yukako

yukako

2017-11-18 - 2017-11-18 , 1days

  • 39
  • 145
  • 15

ロサンゼルス サンタモニカ ハリウッド グリフィス天文台 ベニス アボットキニー アート

Eri

Eri

2017-12-30 - 2018-01-03 , 5days

  • 31
  • 404
  • 22

人口約6億人。多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域ではダイナミックで多様な文化が育まれてきました。経済発展が目覚ましい近年、その現代アートの動向にも世界中から大きな注目が集まっています。「天気雨」を意味する展覧会タイトル「サンシャワー」は、東南アジア地域では頻繁にみられる気象現象であり、紆余曲折の歴史を経てきた同地域を表すメタファーでもあります。本展は、時代の潮流と変動を背景に発展した東南アジアにおける1980年代以降の現代アートを、9つの異なる視点から紹介する、史上最大規模の展覧会です。どこか懐かしく、まったく新しい東南アジアの姿――私たちの固定観念を覆す、ダイナミズムに満ち溢れるその息づかいを体感してください。

yukako

yukako

2017-09-09 - 2017-09-09 , 1days

  • 22
  • 126
  • 7

カルメンです、、ファドはもともと19世紀に囚人文化から生まれ、ブラジルやアルゼンチンでタンゴやサンバに変化したとです、、MIE 13ユーラシア大陸最西端ロカ岬、MIE 14檀一雄続き。

Baroness カルメン 麻樹

Baroness カルメン 麻樹

2017-06-22 - 2017-06-24 , 3days

  • 21
  • 434
  • 6

台北市内館北部にある国立博物館。MRT淡水信義線士林駅を下車し、紅30バスに乗り換え、故宮博物院正館入口で下車。 収蔵点数70万点を超える故宮博物院の中でも一番人気の作品、《肉形石》《翠玉白菜》を鑑賞した。

yukako

yukako

2017-11-10 - 2017-11-10 , 1days

  • 21
  • 89
  • 10

2010年のフランスパリ旅行記。 前回「ルーヴル美術館」が続き、今回は「オルセー美術館」をまとめてみました〜 ※「オルセー美術館」有名な作品一覧ほぼあります。 個人的に「ルーヴル美術館」よりも「オルセー美術館」の方が全然好きです!なぜかというと近代印象派代表画家たち(マネ、モネ、ルノワール、ドガ、ゴッホなど)の絵は全部あるかたです〜❤︎ 今回撮った写真は2010年だったので、ほぼ全部の絵画があるんですが、2011年から館内撮影禁止になったそうです。。。今行く人は写真を撮れなくても100%価値があるので、私と同じく印象派の方はぜひ一度「オルセー美術館」で本物の絵を見てほしいです! オルセー美術館の情報はオフィシャルサイトへご参考 http://www.musee-orsay.fr/ 開館時間: 火曜日〜日曜日 9:30~18:00 休館日: 毎週の月曜日(5/1、12/25、1/1) ※毎月第一日曜日は無料鑑賞 チケット ・オンライン購入可能(詳細はオフィシャルサイトへ) ・一般料金11 ユーロ (約1,497 円) 音声ガイド ・一般料金5 ユーロ(約680 円)

Fei Chen

Fei Chen

2010-02-06 - 2010-02-06 , 1days

  • 20
  • 8812
  • 63

*詳細MIE2-19参照・KIXよりPVGを経てMAD、ロンドン、スペイン、アンドラ、ポルトガル、帰りトランジットのパリと計6か国、フライト数14という任務を遂行して参りました。任務スタートから完了までのプロローグ〜エピローグ。

Baroness カルメン 麻樹

Baroness カルメン 麻樹

2017-06-04 - 2017-07-08 , 35days

  • 19
  • 658
  • 53

台湾でアート&高いところを満喫する家族旅行をしてきました。とても親日で暖かく各所、とても楽しかったです。

Seina Morisako

Seina Morisako

2015-09-04 - 2015-09-06 , 3days

  • 18
  • 3725
  • 68

世界を舞台に活躍する前衛芸術家、草間彌生(1929年-)。1950年代後半に単身ニューヨークに渡って以降、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、さらには小説に至るまで、広範な活動を展開してきました。デビュー以来一貫して時代の最先端を走り続け、今なおその創作意欲はとどまるどころか、さらに加速しています。近年では欧米、中南米、アジア、そして日本など世界各地で大規模な個展を次々と成功させており、今や「日本が生み出した最も傑出したアーティスト」といっても過言ではないでしょう。本展では、2009年から草間が精力的に取り組んでいる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」のうち日本初公開作品約130点を中心に据え、初期から現在に至る創作活動の全貌を約270点の作品によって総合的にご紹介します。

yukako

yukako

2017-03-20 - 2017-03-20 , 1days

  • 18
  • 94
  • 6

丹下健三の登場を機に、日本の現代建築は世界の先端に躍り出て今にいたるが、それが可能になったのは、日本の伝統的建築の遺伝子が、建築家本人の自覚の有無とは別に、大きく関係している。たとえば、空間の感覚とか柱と壁による木の構造とか、内外の区分とか。 そうした伝統と現代の見えざる関係について、代表的建築家の実作を取りあげて明らかにする。

yukako

yukako

2018-05-13 - 2018-05-13 , 1days

  • 16
  • 186
  • 6

吉岡徳仁作の《ガラスの茶室ー光庵》。 京都旅行に行った際に鑑賞。 京都駅よりタクシーで20分。最寄りは東西線蹴上駅。

yukako

yukako

2017-05-04 - 2017-05-04 , 1days

  • 14
  • 95
  • 4

アメリカ合衆国誕生の地、フィラデルフィアの街を歩くとたくさんの素敵な壁画アートに出会うことができます。2700以上の壁画アートがあるともいわれています!そして、そのすべてのクオリティーの高さについ見とれて足を止めてしまいます。 壁画巡りのツアーもあるそうですよ! http://muralarts.org/tour/tours-offered Waking around Philly with amazing wall murals!

Tomoyo Hatanaka

Tomoyo Hatanaka

2014-11-11 - 2014-11-11 , 1days

  • 13
  • 788
  • 12

レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。 大型のインスタレーションから映像まで、エルリッヒの作品は視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。一見どこにでもある見慣れた風景ですが、よく見ると、水がないのに舟が浮かんでいたり、人々がさまざまなポーズで壁に張り付いていたりと、その異様な光景に観客は驚きと違和感を覚えることでしょう。自分が見ていることは果たして現実なのか、という疑いを抱くとともに、いかに無意識のうちに習慣にとらわれて物事を見ているか、という事実に気付くのです。 本展は、エルリッヒの四半世紀にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展です。新作を含む44点の作品を紹介し、その8割が日本初公開となります。作品を通してわたしたちは、見るという行為の曖昧さを自覚し、惰性や習慣、既成概念や常識などを取り払い、曇りのない目で物事を「見る」ことで、新しい世界が立ち現われてくることを、身をもって体験することになるでしょう。

yukako

yukako

2017-12-10 - 2017-12-10 , 1days

  • 13
  • 65
  • 8
「art」のおすすめ旅行記(ブログ) 「art」のおすすめ旅行記(ブログ)

「art」のおすすめ旅行記(ブログ) トップへ