Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

「家族」のおすすめ旅行記(ブログ)

Compathyでは、「家族」をテーマにした海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。家族についての旅行記をランキング、行き先別などで探すことができます。旅行記(旅のブログ)は地図とルートも掲載していますので、それをベースに旅行計画を立てることもできます。

石垣島ー西表島ー竹富島ー波照間島ー与那国島。 妊娠5ヶ月の妊婦が、石垣島を拠点に離島を巡った旅の記録。

acco

acco

2010-04-19 - 2010-04-26 , 8days

  • 10
  • 1525
  • 25

奈良県にある月ヶ瀬梅渓に行ってきましたー! めっちゃ景色も良くて最高!

Takuto Fukuoka

Takuto Fukuoka

2015-03-28 - 2015-03-28 , 1days

  • 8
  • 273
  • 5

2014年 シルクロードの旅。カザフスタン編。 - 上海から入り、ウイグル自治区を抜けてキルギス、ウズベキスタン、そして、カザフスタンへ。 - 天然資源マネーで潤い始めたカザフスタンは、新首都アスタナを中心に急速に経済発展をしています。 - 僕は、ウズベキスタンの西の果てから鉄道で入りました。 3日間52時間の電車移動を経てたどり着くという、なかなかの長旅でした。 - 驚いたのは、北上して急速に温度が下がったこと。 到着したら、9月末にもかかわらず、雪が降っていました。街の人たちも冬の防寒具で全身を包んでいます。 - 観光地としては首都のアスタナは見るものは少ないかもですが、 僕がアスタナを訪れた理由は、大学の後輩を訪れるためでした。 後輩家族に、本当にお世話になりました。 1ヶ月の旅の間では味わえなかった日本食や、日本でもなかなか見ない洗練されたおうちでの滞在など、旅の終盤にめっちゃ幸せな時間を過ごしました。 - 子育てのこと、文化の違い、外から見た日本なども聞いたり、 日本では耳に入ってこないカザフスタンのことを知れて、思いがけない良い時間。 - 旅人が来ることは少ないかもしれませんが、意外な発展具合に驚くかと思います。 - <シルクロードのログブック> ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。 https://www.compathy.net/tripnotes/18588 キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18672 - ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18850

Nakano Takayuki

Nakano Takayuki

2014-10-01 - 2014-10-01 , 1days

  • 8
  • 1479
  • 15

旅する一家、今回はマレーシア1ヶ月の旅。ボルネオ島コタキナバルからサーフィンの町kudat,キナバル山麓の町ranau。そしてマレー半島へ移動して雨期のtioman島へ

Adachi Yoshie

Adachi Yoshie

2015-01-31 - 2015-01-31 , 1days

  • 3
  • 1059
  • 5

ディズニーランドの隣、カリフォルニアをテーマにしたディズニーパークです。2012年、カーズをテーマにしたエリア「カーズランド」でひと通りの完成をみたようです。「カーズ」を見た人ならカーズランドは必見!

Kyohey

Kyohey

2012-09-04 - 2012-09-04 , 1days

  • 2
  • 1472
  • 43

またまた奥さんがお仕事でいないので、3人で日帰り温泉の旅に出ました。今回は、最終地点はどこになるんだろうか!

Hiroshi Haneda

Hiroshi Haneda

2014-04-13 - 2014-04-13 , 1days

  • 0
  • 328
  • 11

【天津ってどんなところ?】天津は古き良き中国の姿も残しつつ、租界時代の名残もあり、多くの著名人を輩出している大都市!環渤海湾地域の経済的中心地であり、中国北方最大の対外開放港。中国人に天津の人ってどんな人って聞けばだいたいおもしろい人たちいっぱいいるよね〜!って返ってくる。そう中国のお笑い芸人的な人たちを多く輩出しているのが天津なんだとか!確かにここに住んでる人たちは街中で喧嘩も多いけどその喧嘩の中にもジョークを混じり入れて話すほど笑いが絶えない人々がたくさん... ちょっと下品なところもあるけどそこもまたなんか馴染みやすい部分でもあるんだよね。不思議なことに。 租界時代の面影はたくさん残っていて、取り壊すことを禁止されている建物も多いため欧風建築物が数多く起こされている。なんだって中国の中でも上海と並んでも良いぐらい一番多くの国から租界地に選ばれたもの。 大学受験も終わり、大学が始まるまでの間にちょうど旧正月が行われるということで小さい頃、過ごしていた天津で一週間ほど過ごすことに。 ※天津に天津丼はございません

Yumi Nakamura

Yumi Nakamura

2014-01-30 - 2014-02-05 , 7days

  • 0
  • 904
  • 16
「家族」のおすすめ旅行記(ブログ) 「家族」のおすすめ旅行記(ブログ)

「家族」のおすすめ旅行記(ブログ) トップへ