Leti
Letiさんの記事一覧

ヨーロッパの「文明のゆりかご」−古代ギリシア植民都市のパエストゥム旅行のおすすめ−[PR]

イタリアは、世界遺産保有数が世界一であることがよく知られていますね。サンマリノとバチカン市国を除いても、現在51ヶ所も登録されているのです。それだけたくさんの観光スポットがあるなかで、旅行の目的地を決めるのはなかなか容易ではないでしょう。 ...

地中海の雰囲気を120%満喫するカンパニア州−サレルノとアマルフィ海岸旅行のおすすめ [PR]

「イタリア旅行」といえば、ヴェネツィアやフィレンツェなど、有名な街を思い浮かぶ人が多いでしょう。しかし、イタリア旅行のリピーターなら、次々に新しいところも発見してみたいと思いませんか?...

日本に住む難民に出会う − 「Portraits of Refugees in Japan‐難民はここにいます。」 写真展

難民支援協会はフォトグラファーの宮本直孝さんとの共同企画で6/20(月)~26(日)まで「Portraits of Refugees in Japan‐難民はここにいます。」 という日本に暮らす難民28人のポートレート写真展を開催します。...

今年の夏こそマルタを旅行しよう!マルタの旅行記5選 

今年の夏休みの旅行先はもう決めましたか? まだ早いと思う人もいるかもしれませんが、海外旅行の場合は5ヶ月前に航空券を探したほうがいいと言われています。どこに行くかまだ迷っている人にぜひマルタをおすすめしたいと思います。今回はCompathy...

ゴールデンウィーク明けに旅に出よう! 5月のおすすめ旅先7選

ゴールデンウィークが明けてから旅行に行くと節約できるため、5月中旬〜下旬を狙って海外旅行に出たい人も少なくないはずです。今回は、5月のおすすめの旅行先とそれぞれのCompathy旅行記を紹介します。旅の前にぜひチェックしてください。...

運動好きな人、必見!難民のために走るDAN DAN RUNとは

健康やストレス発散など、ランニング・ウォーキングする人は「自分のため」に運動していることが多いと思いますが、今度は「誰かのため」に走ってみませんか? 5月15日に開催される「DAN DAN RUN 2016」は、絶好の機会を与えてくれます。...

世界中で話題になっているハッシュタグ#viajosolaの後ろにある女性の声

「Ayer me mataron」「きのう私は殺された」。 パラグアイの女学生グアダルーペ・アコスタのFacebook投稿はこのように始まっています。彼女の言葉がTwitterで話題となり、現在多くの人たちが、#viajosolaのハッシュ...

世界中をもっと知りたい!CURIOUS JOURNEYプロジェクト

「日本に生まれ、日本で育った自分は、知らないことが多すぎるんだ!」世界各国の事情をもっと知りたい好奇心、旅で出会ったものを他の人に知らせたい好奇心。そこから「CURIOUS JOURNEY」というプロジェクトが生まれました。...

あなたの指紋が消されたら? 難民支援協会「THE MISSING FINGERPRINT」キャンペーン

難民は逃れる中でパスポートを失ったり、故郷とのつながりを示す書類が手に入らなかったり、なかなか「自分が何者か」を、証明できない人が多いのです。この事実を知ってもらうため、また日本に逃れてきた難民の存在を伝えるために難民支援協会は「THE M...

音楽と旅好き必見!『ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る』

2013年に行われたロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のワールドツアーでは、アフリカ、オーストラリア、南米など、世界30都市で演奏会を開催。アルゼンチンのタクシー運転手や南アフリカに暮らす少女など、音楽の旅を続ける中でオーケストラの楽団員た...

世界中で出会ったレシピやアイディアが詰まった「地球を旅するカフェ」

「旅カフェ」と聞くと、どんなイメージが浮かびますか? 「旅人」ばかり集まる場所を連想する人が多いでしょう。実は、このような狭い定義を超えた「旅カフェ」も存在します。高田馬場にある「地球を旅するカフェ」は、幅広く「旅」を感じられるお店です。 ...

誰でも弾けるピアノ − イタリアの駅で人とアートに出会う旅

ベネツィアからはじまった「UNITED STREET PIANOS」プロジェクトはどんどん広まり、現在ミラノ、ローマ、フィレンツェ、ナポリなどの駅には「Suonami, sono tuo. Play me, I’m yours」(自由に弾い...

フランス家族を描く映画『愛しき人生のつくりかた』監督インタビュー

フランスをはじめ、ドイツやベルギーなどで2015年にヒットした映画『愛しき人生のつくりかた』(Les souvenirs)が、ようやく日本でも公開。高齢者が増える社会や家族関係の変化、3世代に渡って家庭の問題を描くこの作品は日本でも共感を得...

日本は難民を受け入れる義務があるのか?難民支援協会トークイベントレポート

「日本はもっと難民を受け入れるべきか」という論争が続いている中で賛否が分かれていますが、そもそも「難民」について、ある程度知っている人はどのくらいるのでしょうか?「難民」と聞くと、ネガディブなイメージを思い浮かべる人は少なくないでしょう。...

パリ同時テロ事件の翌日 − 今こそ沈黙を破るべき

2015年11月14日の朝、目覚めてからいつものようにスマホでFacebookのお知らせをチェックしました。すると「◯◯さんと◯◯さんのパリ同時テロ事件についてでの無事が報告されました」というメッセージが。何が起こったのかさっぱりわからず、...
1 2 8