Erika Nagaoke
Erika Nagaokeさんの記事一覧

「彼はシンガポールそのもの」 リー・クアンユー氏が築き上げたモノ

Compathy MagazineライターのErikaです。 シンガポールの政治家であり初代首相のリー・クアンユー氏(91歳)が2015年3月23日水曜日午後3時18分(日本時間同日午後4時18分)、Singapore General Ho...

なぜ授業に遅れて褒められるの?文化の違いを感じた瞬間

シドニーに来て、約半年がたちました。学校、職場、そしてシェアハウスでたくさんの人々と出会うことができています。今では世界のあっちこっちに素敵な友人を持つことができました。全てがいい出会いだと思っていますが、カルチャーショックを受けることも多...

3月11日大地震を経験したドイツ人がそれでも日本に訪れる理由

私にはドイツに家族ぐるみの付き合いをしている友人がいます。知り合ったきっかけは高校時代に所属していた国際ボランティアサークル。今回は、2011年3月11日の大地震を経験した彼らが、時差8時間、飛行時間約14時間をかけてまでも毎年日本を訪れ、...

来年こそは絶対行きたい!1月でも熱いオーストラリアデー!

ライターのErikaです。 現在シドニーでワーキングホリデー中。ここオーストラリアでは毎年1月26日は、国民の祝日「オーストラリアデー」と定められています。子供から大人まで、皆がオーストラリアを祝う日。私も現地の人と一緒にお祝いをしました...

機内だって香りが違う!海外好きが語る「旅のスイッチ」とは

ライターのErikaです。昔から海外がとても好きで、ようやくワーキングホリデーという形で海外に滞在するという夢が叶いました。 今回は「旅の始まり」。いつ「旅に出よう」という気分が沸くかについて書かせていただきます。「旅の始まり」は人によっ...

国際結婚で新郎に待ち受ける試練とは…?シンガポールの結婚事情

私の母はシンガポール人で、父は日本人。両親は日本とシンガポールで式を2度挙げています。日本とは全く違った文化を持つシンガポールの結婚式はどんなものなのか…? 母親に実際の結婚式について聞いたところ、日本とは全く別物で、大変興味深い話が聞けた...

ガムを持っていたら捕まる!シンガポールで禁止される8つのこと

Hi everyone!!夢は元気なうちに世界一周、シンガポール生まれ東京育ちCompathy MagazineライターのErikaです。 今回は私の母国、シンガポールで禁止されているものをご紹介します。 シンガポールは「FINE CITY...

来年の年越し決定!世界中から人が集まる大晦日のシドニーとは

あけましておめでとうございます。夢は元気なうちに世界一周、シンガポール生まれ東京育ちライターのErikaです。 シドニーへワーキングホリデーに来て、約5か月が経ちました。2014年の大晦日は、友人たちとシドニーで年越しをしました。私が今まで...

ワーキングホリデーをするなら断然シドニーをおすすめする6つの理由

私は現在、シドニーへワーキングホリデーに来ています。オーストラリアの中でも、シドニーは物価が高いことでも有名ではないでしょうか。実際に来てみてその通りだと思いました。特に驚いたのは、コカ・コーラ500mlのペットボトル1本あたりの値段が、3...