ボリビアの旅行・観光情報


# トロトロ# ウユニ# ボリビアの観光# ボリビアの海外トピックス

ボリビアの旅行・観光記事一覧

地球に実在する天国!?ボリビア・ウユニ塩湖をおすすめする3つの理由

南米のボリビア西部にある小さな町「ウユニ」。ウユニから車で1時間の場所にあるのが、絶景スポットとして人気を集める広大な塩原「ウユニ塩湖」です。今回は、実際にウユニ塩湖を訪れた旅行会社旅工房のトラベル・コンシェルジュがウユニ塩湖の魅力をご紹介...

人気のウユニ塩湖に行く前に!南米ボリビアの治安情報

南米の国ボリビアというとウユニ塩湖を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?海外観光スポットでも人気が高いウユニ塩湖に行ってみたい人も多いはず。しかし南米は比較的治安の悪い国が多く、地域によって多少の差はあれどボリビアにも治安が悪い所があ...

ボリビア・ウユニ塩湖への行き方は?奇跡のような絶景を求めて

一生に一度は行ってみたいボリビアのウユニ塩湖。ある条件が揃った時のみ見ることができる、奇跡が起こったかのようなボリビアのウユニ塩湖の素晴らしい景色は、一度見たら忘れない強烈な印象を与えます。今回はそんなボリビアのウユニ塩湖の魅力と、行き方を...

ボリビアの新名所、世界一高いロープウェイから見るラ・パスの絶景!

ラ・パスは周囲を山に囲まれており、すり鉢状の地形の底に位置しています。そのすり鉢の一番上にある標高4150mの「世界で一番高所にある町」エル・アルトとラ・パスを結ぶロープウェイが、2014年5月に開通しました。...

天空の鏡張りじゃない「もう一つのウユニ塩湖」をこっそり紹介!

ウユニ塩湖のもう1つの楽しみ方、鏡張りではありませんが、ピンクや緑や白の湖、地熱地帯、温泉に列車の墓場など、砂漠の荒野を駆け抜けながらアンデスの大自然を巡る2泊3日のツアーについてご紹介します!...

誰でも簡単!旅のトラブルをミラクルに変える方法

起きてもいないトラブルを怖がるより、トラブルも楽しむつもりで海外へでかけてみてください。私は今まで十数ヶ国を旅してきましたが、幸運なことに大きなトラブルに巻き込まれたことはありません。強いて言えば…...

インターネットの無力さを「ホンモノ」は教えてくれる

Compathy Magazineライターの濱松です。 多くの人は海外へ行くということに対して、普段とは違う特別な意識を持っているのではないでしょうか。それは、世界一周を経験した筆者も同じです。近年インターネットが普及し、海外の絶景や秘境の...

ウユニの次は「トロトロ」!ボリビアの大秘境まで行ってみた

Compathy Magazineライターの濱松です。 皆さんは、ボリビアと聞いて何を思い浮かべますか? 近年メディアに取り上げられることも多い「ウユニ塩湖」を挙げる人がほとんどでしょう。知名度がグンッと上がり、学生の卒業旅行のシーズンにな...

地球の裏側「ウユニ塩湖」で私が思わず逆立ちをした3つの理由

Compathy Magazineライターの八木彩香です! 世界遺産ランキングでも1位、2位を争う世界最大の鏡「ウユニ塩湖」。口頭で「ウユニ塩湖」と言うと「うゆにえんこ?」と、いきなり何を言っているんだと、頭の上にクエスチョンマークが浮かん...

[世界の名言]長生きするものより、旅をしたものはそれ以上を知る

「長生きするものは多くを知る。旅をしたものはそれ以上を知る」- アラブのことわざ 日本でも「おばあちゃんの知恵袋」という言葉があるように、多くの経験に基づいた細かな工夫や知識のなかには、私たちがインターネットではたどり着くことのできないよう...

[世界の一秒]自然からの贈り物、ボリビアのウユニ塩湖

大自然というのは手厳しい。 時期や時間をあらかじめ調べて行っても、決して予想通りの姿を見せてくれるとは限らない。気まぐれな天気と気温によって、待ち焦がれた一瞬にありつけないことなんてザラだ。旅にかかわらず、人間は、人為でどうにもならない大自...

[世界の一秒]南米ボリビア − ひとりの旅 −

ひとりで旅をすると、ひとりの時間ができて、ひとりで考える。仲間との旅も最高だけど、それでもやっぱりひとりの時間は自分を育ててくれる。 地平線と空の境界線の交わったその先。そこに何があるか分からない。 行くか行かないか、行きたいか行きたくない...

【南米】人々を魅了し続ける神秘の大地「南米」の大自然6選

約46億年前に誕生して以来、今この瞬間も、地球は常に変化し続けています。そして長い年月をかけてたくさんの自然と生命を育んできました。この星にはまだまだ人間がその全貌を知りえない、想像をはるかに超える大自然と生命がたくさんあります。 今回は、...