海外旅行・国内旅行の旅行・観光情報


# 海外旅行のおすすめ・準備・ランキング# Compathyバーチャル旅行ツアー# ヨーロッパ# アジア# オセアニア# アフリカ# 北アメリカ# 南アメリカ# 海外旅行・国内旅行の観光

海外旅行・国内旅行の旅行・観光記事一覧

アカデミー賞授賞式を待ちながら、映画の舞台を歩く – ローマ –

来る3月2日(日本時間3日)に86回アカデミー賞受賞式が開催されます。日本の方は特に宮崎駿監督の『風立ちぬ』の受賞を楽しみにしているかと思いますが、イタリアの映画も16年ぶりの受賞が、期待されています。パオロ・ソレンティーノ監督による201...

テキトーだけど、あったかい。世界の“じもトーク” – by ユイさん from 台湾 –

どの国に住んでいても、自分の国を大好きになってもらうことほど、うれしいことはないですよね。台湾からワーキングホリデーで日本にやって来たユイさん(ちなみに、ユイとは日本でのあだ名)。以前に東京にひとり旅に来てから、すっかり日本に魅せられ、今回...

知っていたら100倍ナポリを楽しめる、Travel Tips!

初海外かどうかに関わらず、イタリアに行くことに、不安を抱く方が多いようです。悪い目に遭った人の話を聞くだけでイタリアに行きたくなくなってしまう方もいらっしゃるとか。 ナポリは、イタリアの中でもとりわけ悪評が際立つ街ですが、長い間ナポリに住ん...

雪国だけどあったかい!? 2014年冬季オリンピックのソチとはどんな場所?

「Hot・Cool・Yours」。まもなく始まる、ソチ五輪のスローガンです。冬季オリンピック、パラリンピックでは、祈りにも似た期待を背負う、数々の注目選手がいます。けれど、そもそもソチってどんな所でしょうか。何がHotでCoolなんでしょう...

ガイドブックから顔をあげよう―本当は誰にも教えたくないナポリ歩きのススメ

こんにちは。イタリア出身のレティです。ナポリ【Napoli】は、イタリア南西部、ティレニア海に臨む港湾都市です。ナポリの風光明媚を表す言葉に、「ナポリを見てから死ね」という言葉があります。ナポリの風光を見てから死んでも後悔しないほど美しいと...

LCC、バス、列車・・・どれが一番いいの?ヨーロッパ周遊における交通事情

Compathy Magazineでも何度か取り上げた、格安航空会社LCC。日本での知名度も徐々に上がってきており、利用者も増えているようです。LCCが一番初めに盛り上がり始めたのはヨーロッパ。しかし、もちろん移動手段は飛行機だけではありま...

新しいヒッチハイク!?「BlaBlaCar」でヨーロッパを旅しよう!

青い空と赤土の平野が、だだっ広く広がる荒野に、親指をグッと押し上げる人影。もしくは、手書きで行き先が書かれた紙を掲げ、地平線まで直線を描く道路に立ち、車を待つ。「ヒッチハイク」という言葉を聞くと、こんな光景が浮かびます。ワイルドでカッコイイ...

ヨーロッパ周遊に役立つ!「easyJet」でオンラインチェックインする方法

こんばんは!以前ご紹介した「easyJetでチケットを予約・購入する方法」ですが、チケット購入後にも、もうひと手間あるのです。今回はそれについてお伝えします! easyJetでオンラインチェックインする方法 オンラインチェックインのメリット...

LCCで安くて楽しいヨーロッパの旅に出よう!- easyJetでチケットを予約・購入する方法 –

こんばんは!以前ご紹介したLCCを使いこなすコツですが、使いこなせるまでの道のりはなかなか遠いのが現状です。いざLCCのサイトを開いてみると、ほとんどが英語。LCCはヨーロッパなど海外で人気に火がついたもので、ウェブサイト自体があまり日本語...

外に飛び出してひとりになると、強くなれる。世界の“じもトーク” – レティ from イタリア –

日本文学を勉強しにイタリアからやってきたレティ。 イタリアでは意外と男性優位の社会だったり、日本と少し重なる部分があるけれど、生活してみると分かる「何気ないこと」から見える異文化。レティはそういった環境とどう向き合っているのでしょうか。 前...

情熱的なのは男だけじゃない!世界の“じもトーク” – by レティ from イタリア –

こんにちは! 今回の「世界の“じもトーク”」は、イタリア出身のレティです。 レティは現在、東京の大学で日本文学を専攻しています。わたしも同じ専攻のため、文学トークで盛り上がりました。記事では残念ながら割愛してしまったのですが、レティの文学の...

世界の”じもトーク” – ラムさん from ベトナム –

日本にいる海外の方は、日頃どんなことを感じ、考えているのだろう。 旅をするのとその国に住むのとでは受け取るものが全く違う。 カルチャーショックを克服し、ちょっとした違和感や驚きを受け入れながらも 自分の生まれ育った国の文化も大切にし続ける、...
1 224 225