シリアの旅行・観光情報


# シリアの宗教# シリアの観光

シリアの旅行・観光記事一覧

歴史を知って何倍も楽しめる!シリアで訪れるべき観光地3選

シリアにはパルミラ遺跡など、様々な歴史を感じられる場所があります。砂漠の中のオアシスに位置する遺跡で、その規模は実際訪れると想像以上だと感じるでしょう。シリアの首都であるダマスカスで旧約聖書の世界を体験するのもおすすめです。...

「シリアより素晴らしい国はない」シリアの今と昔と未来を考える(後編)

シリアを出た難民の人たちは、近隣諸国であるヨルダン・トルコ・レバノン・イラクに行った後に、ヨーロッパを目指します。もちろんすべての人ではなく、「戦争が終われば、すぐにシリアに戻れるように」と近隣諸国での生活を望んだり、今ここに仕事があるから...

「シリアより素晴らしい国はない」シリアの今と昔と未来を考える(中編)

前編では、「平和、豊か、家族」がよく似合うシリアの日常をお伝えいたしましたが、本当に「人に親切にするのが趣味」と言わんばかりの国民性を持つシリアの人たち。しかし現在、人口の半分以上の人が以前いた土地を離れざるを得なくなっています。そうした彼...

「シリアより素晴らしい国はない」今と昔と未来を考える(前編)

僕は青年海外協力隊として2年間、シリアの北部の町マンベジという町に住み、村人と共に生活していました。そしてシリアという国が大好きになったのです。これは僕が珍しいのではなく、シリアを訪れたことのある人は、大好きになることがほとんどなのです。...

ニュースはこうして造られる?イスラム教の国で感じる「違和感」の正体

僕はシリアに青年海外協力隊として2年間の滞在を経て、シリアの治安の良さ、シリア人の親切さを、より多く感じる機会に恵まれました。しかし、日本でのイスラム教のイメージは「怖い」「戦争」「テロ」といったマイナスなものばかりです。...

シリアってどんな国?ニュースでは伝えない騒乱前の平和な国のエピソード

最近、世界遺産パルミラがISに破壊されたり、シリア難民の受け入れについてニュースになったりと、「怖い国」「危険な国」「治安が不安定な国」というイメージがあるのではないでしょうか?実際に体験した、決してニュースでは伝えてくれない「シリアってこ...

海外旅行にいつ行くの?「今でしょ!」~旅立つべき3つの理由~

世界の情勢、物価の上昇、自然災害や環境問題などの影響で、簡単に旅ができる国・地域が減ってしまうリスクにさらされています。こうした事情を考えると、行きたいけどなかなか一歩を踏み出せない人は、いつ旅行に行くべきか? もちろんそれは「今でしょ!」...

「イスラム教=テロリズム」という愚かな過ちは一体どこからくるのか

「イスラムのテロリストが怖い」 「イスラム教過激派と戦うべき」 「イスラム教過激派によるテロ事件を許さない」 このような表現は、もはや日常になってきました。しかし、このように「イスラム」や「テロ」という言葉を簡単に使って、本当にいいのでしょ...

今さら聞けない「イスラム国」って?言葉に含まれる思想とは

「イスラム国」、「ISIS」、「ISIL」。 近頃、毎日のようにテレビやネット上で聞かされ、目にする言葉ですが、そもそもの意味を皆さんは理解していますか? ジハーディスト過激派(イスラーム過激派)は「Al-Dawla Al-Islamiya...