モンゴルの旅行・観光情報


# モンゴルの文化# モンゴルの習慣# モンゴルの観光# モンゴルの海外トピックス# ウランバートル

モンゴルの旅行・観光記事一覧

内陸なのに海の幸まで揃う?モンゴルのおすすめお土産まとめ10選と旅行記ブログ

日本でもモンゴル出身力士が活躍し、注目を集める国モンゴル。お隣ロシアや中国の文化も混在し、街中は多様性に満ちています。今回は、広大な面積を誇るモンゴルを巡りながら購入できるおすすめのお土産をご紹介します。...

世界帝国を築いた英雄チンギス・ハーン!モンゴル高原に立つ!!

かつて世界各地へと勢力を広げる、モンゴル帝国の礎を築いたチンギス・ハーン。世界史の授業などでも馴染みに深い彼の騎馬像が、モンゴル高原の一角にそびえ立ちます。今回は、チンギス・ハーンの歴史も含め、騎馬像の魅力を紹介します。...

都会と自然が混在!ウランバートルの天気・服装情報とおすすめ観光スポット

モンゴルの首都「ウランバートル」。街中には近代的なビルが立ち並び、郊外には雄大な自然が広がっています。今回は広大な国土を持ち、極寒のイメージが強いウランバートルの季節ごとの気候の特徴や服装選びのポイントをご紹介します。...

大草原で民泊できる!?モンゴルの季節ごとの気候・服装と地域別の天気情報まとめ

モンゴルは東アジア北部に位置する広大な内陸国家。季節ごとに寒暖差が激しい気候が特徴のため、訪れる時期に応じて適切な服装を準備することが重要です。今回は、モンゴルの季節ごとの気候と服装、地域別の天気情報について紹介します。...

どこまでも続く大平原の国!モンゴルの魅力を体感できる旅行記 

Compathyには素敵なモンゴルの旅行記があります。大平原とモンゴルの栄光の歴史が感じられる旅行記やモンゴルの人々の暮らしぶりが垣間見られる旅行記など、ぜひご覧になってください。...

6月にアジアに行くなら?意外と近い穴場の「モンゴル」がおすすめ

6月は国民の祝日がないので、長い休みも取りづらいのが現状です。遠すぎる場所に行くのはさらに困難。そこで今回は、日本と同じアジアにある国の中で、6月に行くのにおすすめな場所を紹介します。...

遊牧民にも出会える!草原の国モンゴルの魅力とは?

モンゴルでは現在も、遊牧の生活をしている人たちがいます。Mayuさんはそんな遊牧民の方のところでホームステイをしたそうです。非常に貴重な体験をされており、遊牧民の人たちの生活を垣間見ることができます。...

予定人数を超える大盛況!Compathy旅交流会を開催しました

2016年4月23日に新宿のモンゴル料理店『新 オッと屋』にて、Compathy旅交流会を開催! 今回は、「本格モンゴル料理・ゲル体験 & Compathy旅交流会! 〜伝統音楽 (馬頭琴)・民族衣装・モンゴル相撲も楽しめる!〜」と題し、...

本格モンゴル料理・ゲル体験 − Compathy旅交流会 −

4月23日(土)にCompathy旅交流会開催!今回のイベントは「モンゴル料理店」というユニークできっと楽しい機会になると思います。 下記のようなご興味がある方は是非ご参加下さい!...

もう一つの塩湖も!Compathy旅行記ベスト10

iPhoneにせよ、一眼レフカメラにせよ、とにかく旅中でたくさんの写真を撮りたいですよね。しかし帰国後、その写真を整理するのが大変な作業となることも珍しくありません。 簡単に旅行の思い出の記録を残したい方には「Compathy(コンパシー)...

どこまでも続く大草原!モンゴルで風になる方法とは

日本から4時間半ほどで到着したモンゴルの首都ウランバートル。そこは都会でしたが一時間ほど車で走れば、今までは本や映像でしか見れなかった、青々とした草が風に吹かれ、どこまでも続いている風景が実際に目の前に広がっていました。...

渋谷からモンゴルへ続く一本の道 − 写真家・山内悠が見た完璧な世界とは

渋谷のヒカリエで写真展をしていた写真家・山内悠さんはモンゴルで最先端のライフスタイルを感じたそうです。ある疑問を持っていた写真家・山内悠さんがモンゴルでみた完璧な世界とは一体?...

世界一人口密度が少ない国へは、なんと4時間半で行ける!

世界一人口密度が少ない国は「モンゴル」。人口密度は1km²の中にたったの1.8人ほど。そんなモンゴルへは、日本からの直行便はMIATモンゴル航空のみなのですが、フライト時間はなんと4時間半という近さ。...