「タビ」をするためには
たくさんのお金、たくさんの時間が必要ということは、だれが決めたのでしょうか?

「ヒトリタビ」は危なくて
女性1人では行けないと、いつ決まったことなのでしょうか?

「カイガイ」が日本から遠いという概念は
なぜ当たり前のように受け入れられているのでしょうか?

このような偏見をもって、旅に一歩踏み出せない人が未だに多いのが現状です。

「Compathy Magazine」は「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。
世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。

あなたも「Compathy Magazine」と一緒に、新しい旅の価値観を探してみませんか?