練乳入りで甘い!ベトナムコーヒーの飲み方・入れ方・お土産など紹介

美食の国・ベトナムで長い間親しまれているベトナムコーヒーの歴史、飲み方、現地のカフェや日本でベトナムコーヒーが楽しめるおすすめのお店などをご紹介します。実は、家でも楽しめるベトナムコーヒーの入れ方と合わせて、一度飲んだら癖になっちゃう、美味しいベトナム産コーヒーについて詳しくご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライターの桃です。東南アジア屈指の美食の国・ベトナムは、物価も安くご飯も美味しいバックパッカーには優しい国。

そんなベトナムで長い間親しまれている「ベトナムコーヒー」はベトナムにきたらカフェで一杯飲みたいドリンクの一つ。

ベトナム産のコーヒー豆を独特のドリップ方法で入れたブラックコーヒーに、コンデンスミルクを追加してかき混ぜて飲むんです。

この飲み方が一番美味しさを感じられるとして、ベトナムでは大人気!今回はそんなベトナムコーヒーの歴史や入れ方、楽しめるカフェなどをご紹介します。

 

■目次
ベトナムコーヒーってどんなコーヒー?
やっぱり現地で!ベトナムコーヒーの楽しみ方
ベトナムコーヒーをお土産に!種類別おすすめ
日本でベトナムコーヒーが楽しめる場所
家で楽しむ!ベトナムコーヒーの入れ方

 

ベトナムコーヒーってどんなコーヒー?

ベトナムコーヒーは、ベトナムで広く親しまれているコーヒーのことです。

ベトナムは昔フランス領として統治されており、フランスの東洋のパリと言われるホーチミンや首都ハノイには、ヨーロッパにありそうな建築物が今でも立ち並んでいるのが特徴的。

ベトナムは昔からコーヒー豆の栽培が盛んだったため、コーヒー自体は長い間親しまれてきましたが、さらに、近年ではおしゃれなカフェが急増しています。

まずは、ベトナムコーヒーの歴史、特徴や魅力、飲み方などをご紹介します。

 

ベトナムコーヒーの歴史

ベトナムコーヒーの始まりは、フランスの植民地時代に遡ります。それまでベトナムは、中国の支配下にあり、コーヒーではなくお茶が親しまれていました。

そこにフランスからコーヒー豆がベトナムに入り、だんだんとコーヒー豆の栽培が始まったと言われています。

そこから約130年経った今、ベトナムのコーヒー生産量はベトナムに次ぐ世界で第2位まで上り詰めています。

ベトナムで栽培されたコーヒーはベトナム国内だけでなく、世界中で愛されるようになりました。

 

1 2 ... 10
桃っちょ

桃っちょ

元旅行会社のライター・フォトグラファー。東京生まれ東京育ち(江戸っ子)が第二のふるさとを見つけるために世界中を歩き回ります。潔癖症なので滞在や移動には最善の注意を払います。



関連する旅行カテゴリ

# ベトナムのアルコール・ドリンク # ベトナムの観光 # ベトナム

関連する旅行記事