【インドの物価】食事や観光の予算は?インド旅行で気になる物価の相場を旅行スタイル別に比較!

この記事では、インドで現地の人が日常的に消費する飲食物やレストランの物価をお伝えします。インドは格差が大きい社会のため、ホテルなどの物価は私たち旅する側のスタイルによって変わってきます。具体例をあげますので、読者の皆さんがどのようなスタイルで旅したいか、また旅の予算を決める時の参考にしてくださいね。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


 

■目次
 インドの通貨「ルピー」と物価上昇率の状況について 
 インドの物価が高い地域・安い地域 
 食事(レストラン・カフェ・他外食)の物価 
 飲食物(スーパー・コンビニなどのお店)の物価 
インドを旅するスタイル別の物価情報

 

【バジェットスタイル】:上手に探すと快適で安く泊まれるゲストハウスがあるよ!

このスタイルは、ほとんどのインド人中産階級が旅をする時のスタイルと同じです。宿泊場所は政府立であったり、個人経営のゲストハウスの場合もありますが、中流インド人旅行者とも話ができたり、フレンドリーなホテルスタッフや外国人旅行者とも色々情報交換ができる点がメリットです。

ゲストハウスが多くある場所は観光地です。現地で直接部屋を見せてもらって、交渉して決めるのもいいですが、Agodaやbooking.comなどで日本から予約して出かけることもできます。直前になると安い値段で提供されている場合も多いです。

筆者はまず、ホームページを検索し、次にAgodaなどで比較して予約をしています。コメントなども参考になるので便利ですね。

公式ホームページ:Arya Niwas 

 

宿泊:中級ゲストハウス

前述の超バジェットスタイルとは雲泥の差で、清潔で安価で信頼できるゲストハウスが多いです。部屋数は多くなく、すべての部屋にエアコンがあり、熱いお湯がでるシャワールーム、ルーフトップのレストランがあります。

気になる値段ですが、相場をお伝えしましょう。スタンダードで1100~1950ルピ(1650円~2925円)、Superior A/C Roomsは2250~2950ルピー(3375円~4425円)、Extra Bedが450ルピー(675円)です。一部屋の値段なので、二人で利用すれば半分で済みます。常々筆者が考えることですが、このぐらい宿泊費として出せば、安全で快適な眠りが保証されるということです。

もし、ホテルのルーフトップ(屋上)で食事をする場合は、Breakfastは250ルピー(375円)、Lunchは350ルピー(525円)、Dinnerは450ルピー(675円)ぐらいが目安です。

公式ホームページ:Arya Niwas 

 

1 ... 7 8 9 ... 11
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Compathy Magazine編集部

Compathy Magazine編集部

Compathy Magazineは、「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。 世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。 ■関連する旅行記・旅行計画作成サイト: Compathy



関連する旅行カテゴリ

# インドの物価 # インド

関連する旅行記事