【インドの物価】食事や観光の予算は?インド旅行で気になる物価の相場を旅行スタイル別に比較!

この記事では、インドで現地の人が日常的に消費する飲食物やレストランの物価をお伝えします。インドは格差が大きい社会のため、ホテルなどの物価は私たち旅する側のスタイルによって変わってきます。具体例をあげますので、読者の皆さんがどのようなスタイルで旅したいか、また旅の予算を決める時の参考にしてくださいね。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


 

■目次
 インドの通貨「ルピー」と物価上昇率の状況について 
 インドの物価が高い地域・安い地域 
 食事(レストラン・カフェ・他外食)の物価 
 飲食物(スーパー・コンビニなどのお店)の物価 
インドを旅するスタイル別の物価情報

 

マクドナルドのメニューと値段・物価

牛肉を食べず、菜食主義者が8割以上のインドでマクドナルドというと、あの有名なマックベジですね。 89ルピー(約134円)で、中身はカレー風味に味付けしたジャガイモのコロッケです。アルティキ(Aloo Tikki)と呼びます。ジャガイモ(アル―)のコロッケ(ティキ)という意味で、バンズに少しスパイシーなソース、トマト、スライスオニオン、コロッケが挟まってます。

また普通のハンバーガーは79ルピー(約120円)です。チキン マハラジャ マックセット(インド版ビッグマック)259ルピー(約389円)です。ビーフパティーの代わりにチキンパティーが使われ、ソースはカレー味です。筆者の印象では、100ルピーあればお腹いっぱい食べられるインド的感覚では、この値段は高いだろうなと思いました。

他には、チキンメキシカンラップ ・フィレオフィッシュ・チキンマハラジャマック はどれも単品で124ルピー(186円)で、日本では見かけないベジピザマックパフが1個 20ルピー(30円)です。インドの北、チベット人居住区でモモとして売られているピザまんです。とても美味しいです。日本のマクドナルドと違う点は季節のメニューや照り焼きはありません。

少し値段が変わっていたらごめんなさいね。というのは、インドのマクドナルドは2年前にちょっとした事件があったのです。2017年8月、米マクドナルドは北インドと東インドのマクドナルドを169店舗閉鎖しました。理由は、フランチャイズ契約していたインド側マクドナルドの契約違反や債務不履行によるものでした。でも、翌年、一部の店は再開され今に至っています。その時に値段が少し下がったようです。

 

カフェのコーヒーや軽食の値段・物価

Lovely lunch at Anokhi Cafe in Jaipur. #holiday #trip #india #jaipur #anokhi #anokhicafe #restaurant #restaurantinindia #旅行 #ホリデー #レストラン #インド #ジャイプール #アノキ #アノキカフェ

私たち日本人にとって、カフェはとても落ち着ける空間ですね。ドトールやスターバックスのような空間は私たちの生活の一部になっています。ここではインドのカフェをご紹介しましょう。ほとんどが外国人客で値段も高いですが、清潔感や素材の確かさ、雰囲気がとてもよく、筆者も頻繁にジャイプルのアノキに通っていました。アノキは知る人ぞ知る木型プリントの洋服や小物の店ですが、そばにカフェを併設しています。

オーナーはイギリス人女性で、全粒粉パンや、ひき立てコーヒーなども売っています。メニューはサンドイッチ、サラダ数種、コーヒー・エスプレッソ・紅茶などです。値段はサラダが200ルピー(300円)、コーヒーは75ルピー(約120円)です。観光中にもふらっと入ることができるアノキのようなカフェは旅人にとってありがたい存在です。スパイスで胃がやられてしまった時などにもどうぞ!! 

ついでに言うと、アノキの下は大きな本屋さんで、椅子が備えられていてゆっくりできます。

 

12 3 4 ... 11
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Compathy Magazine編集部

Compathy Magazine編集部

Compathy Magazineは、「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。 世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。 ■関連する旅行記・旅行計画作成サイト: Compathy



関連する旅行カテゴリ

# インドの物価 # インド

関連する旅行記事