【インドの物価】食事や観光の予算は?インド旅行で気になる物価の相場を旅行スタイル別に比較!

この記事では、インドで現地の人が日常的に消費する飲食物やレストランの物価をお伝えします。インドは格差が大きい社会のため、ホテルなどの物価は私たち旅する側のスタイルによって変わってきます。具体例をあげますので、読者の皆さんがどのようなスタイルで旅したいか、また旅の予算を決める時の参考にしてくださいね。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


 

■目次
 インドの通貨「ルピー」と物価上昇率の状況について 
 インドの物価が高い地域・安い地域 
 食事(レストラン・カフェ・他外食)の物価 
 飲食物(スーパー・コンビニなどのお店)の物価 
インドを旅するスタイル別の物価情報

 

【高級スタイル】: インドのホスピタリティーを体験できるよ

インドらしさを体感したい人は、是非一泊だけでもこの高級スタイルを体験して欲しいと思います。インドを旅していると思わぬトラブルや病気になってしまうことがあります。体だけではなく心が疲弊してしまうのです。

観光地での過剰な呼び込みや騙し、安全面などに対する警戒感などが原因のストレスです。そのような時、安心して滞在できる場所と、食事、雰囲気はエネルギーの補給にとても大切です。インドのホスピタリティーの高さを体験できます。

公式ホームページ:HOTEL AMET HAVELI

 

宿泊:上級ゲストハウス(ハベリ)

ハベリというのはインドに昔からある遺跡や伝統的な建物をホテルに改造したものです。マハラジャが住んでいたり、土地の有力者が住んでいた場所で、インドの上流階級の人たちの間では、ハベリを買う動きも昨今盛んになっています。古き良き伝統に浸りながら、インドを旅したい人には、心からおすすめしたいと思います。

ここでは、筆者が2000年から2013年に常宿にしていたウダイプルのアメットハベリを例に、物価をご紹介しましょう。当時は1ルピーが3円でしたので、現在でもそれほど値上がりをした感はありません。長期にわたって滞在するのが厳しいという方は、一泊だけでもされてみたらどうでしょうか? 筆者は五つ星ホテルよりも、このようなホテルをおすすめします。

2019年10月1日から2020年9月30日までの宿泊代(タリフといいます。Tariff )を見てみましょう。GSTという税金が18%~28%加算されます。

Haveli room (Non lake view):4000~5000ルピー (6000円~7500円)+18%tax
Deluxe Room (Lake view):6200~7500ルピー (9300円~11250円)+18%tax
Suite Single / Double (Lake view)9000ルピー  (13500円) + 28%tax

公式ホームページ:HOTEL AMET HAVELI

 

1 ... 9 10 11
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Compathy Magazine編集部

Compathy Magazine編集部

Compathy Magazineは、「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。 世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。 ■関連する旅行記・旅行計画作成サイト: Compathy



関連する旅行カテゴリ

# インドの物価 # インド

関連する旅行記事