至極の大自然!コスタリカの旅行情報まとめ!ベストシーズン、費用、治安、おすすめ旅行記などを紹介!

中米「コスタリカ」は、スペイン語で“COSTA RICA(豊かな海岸)”。その名のとおり、太平洋とカリブ海に恵まれたコスタリカの海岸は美しいですね。一方、内陸には今もアクティブな活火山や、熱帯雨林、“幻の鳥”ケツァールも棲む熱帯雲霧林など、動植物あふれるジャングルが点在します。早速、コスタリカ自然ウォッチング旅行へ!

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライターの”Tomocomté”です。

みなさんすでに中米の国々は旅行しましたか。「コスタリカ」はいかがでしょう。おそらく、この国を訪れる前と後では、印象が大きく変わると思います。

それは何といっても“多様な自然”。「自然ウォッチング」をテーマに、これほど充実できる国も多くないでしょう。

そこで今回は、コスタリカを安全かつ快適に旅行するために必要な情報や、コスタリカ観光を満喫するうえで知っておきたい「コスタリカの自然」についても解説しましょう。

 

■目次
コスタリカ観光の魅力
コスタリカへのアクセス:アメリカかメキシコ経由で行こう!
コスタリカの治安:危険度は?外務省サイトと共に解説
コスタリカのベストシーズン:季節ごとの特徴やおすすめの服装は?
コスタリカ旅行のおすすめ所要日数
コスタリカの物価やお金事情
コスタリカで絶対行きたいスポット
コスタリカのグルメ事情
コスタリカのホテル事情
コスタリカ旅行で気をつけることや気になること
コスタリカ旅行のおすすめブログ・旅行記

 

コスタリカ観光の魅力

 

“絞め殺しの木“なども見られるコスタリカの熱帯雨林

熱帯に発達した森林である「熱帯林」。雨量が多い地域ではこれを「熱帯雨林(熱帯降雨林)」といいます。

代表的な例としては、先日の火災で“世界的危機“とも言われた「アマゾン」。そして、コスタリカにも国や国際機関によって保護された「熱帯雨林」があります。

いわゆる“ジャングル“である「熱帯雨林」に入ると、樹木やつる性植物が入り混じり、1本の木を根元から樹冠(樹木の上部)まで確認することは難しいですね。

イチジクのように“絞め殺しの木”といって、他の木に巻き付きながら、栄養を奪って成長する植物が見られるのも「熱帯雨林」です。

コスタリカでは、カリブ海に面する『トルトゥゲーロ国立公園』などがありますね。

 

“世界で一番美しい鳥“ケツァールが棲むコスタリカの熱帯雲霧林

コスタリカを観光するなら、一度は見たい“世界一美しい鳥”ケツァール。ジャングルに入ればきっと会えると思っている人も多いでしょう。

でも実際には、コスタリカの「熱帯雲霧林」でなければケツァールを見ることはできません。「熱帯林」でも絶えず雲や霧がかかっている場所、それが「熱帯雲霧林」です。

標高もやや高く約1300メートル以上。「熱帯雲霧林」に入ると、標高も手伝って“ヒンヤリ”感があります。

低地かつ高湿度の「熱帯雨林」で感じる“ムッ”とした空気とは違いますね。コスタリカでは『モンテベルデ雲霧林自然保護区』などが有名です。

 

1 2 ... 12
Tomocomté

Tomocomté

コンテチーズの産地フランシュ・コンテ地方在住のTomocomtéです。日本の旅行業界に25年あまり在職していました。その間95か国を訪問。得意とした旅の企画はヨーロッパの田舎やアジア、アフリカ、中南米などの秘境・辺境。世界には知られざる魅力的な場所がいっぱい!皆さんの旅のお役に立てれば嬉しいです。 ■ブログ:「世界を深く知る旅」https://ameblo.jp/le-tourisme-durable/ ■Amazon写真集 :『雪景色に癒されるフランスの田舎』https://www.amazon.co.jp/dp/B07NBV6NZK



関連する旅行カテゴリ

# コスタリカの観光 # コスタリカ

関連する旅行記事