トルコの旅行情報を網羅!治安や費用、ベストシーズンやおすすめツアーなどを紹介!

最近ますます人気が集まる旅先のひとつといえば、トルコ。旅行するにあたり、現地の治安や新しく開港した空港の情報、また観光に適した日数や予算なども気になりますよね!この記事ではトルコに旅行するにあたり、必要と思われる情報をぎゅっとまとめました。旅行中の注意点についても書いているので、ぜひ渡航前にチェックしてみてください。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは、Compathy MagazineライターのZonです。

何度訪れても、いつも新しい発見がある魅惑の国、トルコ。これから旅行を検討されている方もいらっしゃるのはないでしょうか。

日本と文化が全く違うトルコは、旅行するにあたっての注意点がたくさんあります。この記事では、渡航前にぜひ確認しておきたいマナーや、現地の治安や空港の情報、おすすめの観光スポットもたっぷり交えて紹介しています。筆者の視線から見たトルコの魅力も紹介しているので、旅の予習に、ぜひ役立ててみてください!

 

■目次
1.私が感じる、トルコの魅力
2.トルコへのアクセス:イスタンブール空港の直行便が◎
3.トルコの治安:危険度は?女性でも大丈夫?
4.トルコのベストシーズン:季節ごとの服装や安い時期は?
5.トルコ旅行のおすすめ所要日数
6.トルコの物価・お金事情:クレジットカード、通貨、両替など
7.トルコ旅行の費用・予算感
8.トルコで絶対行きたいスポット
9.トルコのグルメ:トルコの食事と言えばケバブ!サバサンド!
10.トルコのショッピング:女子必見!バザールはまさに買い物天国!
11.トルコ旅行で気をつけることや気になること

 

私が感じる、トルコの魅力

トルコの魅力。それはとても一言二言で説明できませんが、人の心を惹きつけてやまない何かがトルコにあるのは確かです。

それは、トルコが辿ってきた歴史の奥深さや、トルコ人の度を超える親切な心、世界三大料理のひとつであるトルコ料理の味わい、都市によって全く違う表情を見せる街並みやトルコ人の生活、東洋と西洋が交わる不思議でどこか懐かしい空気、数え上げるときりがありません。

きっと、一度では理解しきれない複雑で奥深く、そして心地よい魅力が、トルコにはあるのではないでしょうか。

 

– 人の心の温かさ

トルコの魅力のひとつに、トルコ人の心の温かさを挙げないわけにはいきません。

街を歩いていて、ちょっと困ったことがあると、どこからともなく声がかかり、道を案内してくれる(ときには目的地まで案内してくれることも!)、市場に買い物に行くとお店の人がチャイ(トルコの紅茶)を出してくれて、ゆっくり座らせてくれてついうっかり長居してしまう、など旅行中誰もが経験することでしょう。

困っている人がいたら助ける、客を精一杯もてなす、というトルコ人の温かいおもてなしの心に、ついつい緊張が解けて、心地よく感じるでしょう。

 

– 東と西が交わるカオスな雰囲気

イスタンブールは、世界で唯一アジアとヨーロッパにまたがる都市ということもあり、ほかのどの街でも感じることのできない独特の魅力があります。

地下宮殿などの東ローマ帝国時代の遺構やオスマン帝国時代に造られた宮殿やモスク群、シルクロードを通って運ばれてきたスパイスの香りの名残、黒海から地中海に注ぐボスポラス海峡に吹く風、その風に乗って聞こえてくる、モスクから礼拝を呼びかけるアザーンの響き、様々な要素が同じ空間に存在するイスタンブールの雰囲気は、一度この身で体感するとなぜかやみつきになります。

 

– 女子旅にうってつけのスポットが満載

トルコには女性が憧れるスポットがたくさんあります。

奇岩群の広大な大地に浮かぶ気球が魅力のカッパドキアや、真っ白な棚田が美しいパムッカレ、もちろんエキゾチックな雑貨探しが楽しい市場でのショッピングやイスタンブールのような都会でのおしゃれなカフェ巡りなど、女性にとって魅惑的な都市、スポットがたくさんあります。

もちろんこういった観光地は写真映えも抜群。カメラ片手に旅したいスポットが散りばめられているのも、トルコの魅力のひとつです。

トルコへのアクセス:イスタンブール空港の直行便が◎

様々な航空会社を利用してトルコに行くことができますが、やはりおすすめは成田空港から出ているターキッシュエアラインズの直行便を利用すること!成田からイスタンブールまでの飛行時間は約11時間で時間や旅の疲れを大幅に軽減することができます。

成田からの便が到着するイスタンブール空港は、2019年4月に本格的に運用を開始した国内最大規模の新空港です。空港から市内へのアクセスやお土産の情報が満載の新空港に関する記事も参考にしてみてください。

◾️【トルコ・イスタンブール新空港 完全ガイド】市内アクセス・両替ATM・お土産の買い物・ラウンジ/ホテルまで解説!

 

トルコの治安:危険度は?女性でも大丈夫?

Syrian refugees in Turkey

数年前の大規模なテロ事件が記憶に新しいトルコ。治安に関しては、まだまだ不安に思うかたも多いのではないでしょうか。

最近のトルコ、特にイスタンブールでは、テロ事件以来警備がより一層厳しくなり、グランドバザールや大型のショッピングセンター、空港に入るときに必ず荷物検査を受けたり金属探知機で荷物をチェックしてもらわなければならないほど、治安に関しては厳しく監視・管理されています。

各自でしっかりと注意すれば安全に観光することができます。夜の一人歩きは、特に女性のかたは気をつけましょう。トルコ各都市の治安に関する記事も参考にしてみてください。

◾️トルコの治安は良い?悪い? トルコ旅行熟練の筆者が最新状況を外務省・安全情報と併せて解説します!

 

トルコのベストシーズン:季節ごとの服装や安い時期は?

広大な国土を持つトルコは、都市によってベストシーズンが異なります。

例えばイスタンブールでは、チューリップが満開になる春や、紅葉が美しく気温の面でも観光しやすい秋がベストシーズンといえるでしょう。

日本にいるときと同じような服装で観光できるのも魅力です。航空券は夏やゴールデンウイーク、年末年始は高くなる傾向にあります。

トルコ各都市のベストシーズンやおすすめの服装について紹介した記事も、渡航前に参考にして旅の準備に役立ててみてはいかがでしょうか。

◾️【トルコ旅行のベストシーズンを攻略!】旅行に適した時期はいつ?年間の気候や、都市・季節ごとのイベント・ベストシーズンをトルコ旅行通の筆者が紹介!

 

トルコ旅行のおすすめ所要日数

トルコは広いからまずはイスタンブールだけ行ってみたい!というたかは、現地での滞在日数を3日ほどみておくと良いでしょう。

アヤソフィア博物館やトプカプ宮殿など、世界遺産に登録された旧市街に1日か1日半、イスタンブールの繁華街イスティクラル通りやガラタ塔、ドルマバフチェ宮殿などが見どころの新市街に1日、ボスポラスクルーズを楽しんだり、船に乗ってアジア側の街を散策するのに半日から1日みておけば、十分にイスタンブールを満喫することができますよ!

 

トルコの物価・お金事情:クレジットカード、通貨、両替など

トルコの物価は日本の物価と大きく異なります。だいたいの物価がわからないと、どのくらいの予算を組めばいいのか悩んでしまいますよね。初めてトルコに行く人は、両替やクレジットカードがどのくらい通用するのかも心配ではないでしょうか。

トルコでレストランやカフェで食事したとき、水やお土産を買うとき、バスや地下鉄の乗車料金などのおおよその相場を紹介した記事は、旅行前に読めばきっと適切な予算を組めるはずです。ぜひ参考にしてみてください!

◾️【トルコの物価は安い?】観光者必見!食事・お土産・タクシーの2019年現在の最新情報を解説

 

トルコ旅行の費用・予算感

 

– 個人旅行の場合の相場

#18 Lira!

トルコに個人旅行で行くとなると、航空券の手配から現地での交通機関の利用、食事、ホテルの宿泊費、お土産など、すべて自分で管理しないといけませんよね。

シーズンや滞在日数、現地でどんなことをするのかによって予算は大きく異なりますが、こちらの記事を読めば現地でどのくらいの日数や予算が必要なのかわかるはずです。

どの場面でどのくらいのお金の準備が必要なのか、いまいちイメージがつかめないかたは、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

◾️トルコへの個人旅行!気になる予算・費用や日数はどのくらい?トルコ旅行通の筆者が解説します!

 

– ツアー旅行の場合の相場

ツアー旅行を利用した場合、例えばイスタンブールだけを観光するなら5日ほどで行くことができます。

季節にもよりますが予算はだいたい10万円くらいからです。イスタンブール以外にも、カッパドキアやパムッカレなどの有名観光地にも出向いてみたいというかたは観光に必要な日程がもう少し長くなります。

一週間ほどみておけば3都市ほど周ることができるでしょう。予算は16万円くらいからです。はじめてトルコに行くかたは、ツアーを利用した方が要領よく観光することができ、おすすめです!

 

トルコで絶対行きたいスポット

 

– イスタンブール:東西の文化が交わる魅惑都市

ボスポラス海峡によって大陸がヨーロッパとアジアに分かれるイスタンブールはトルコ最大の都市。

ビザンツ帝国時代やオスマン帝国時代の遺産が肩を寄せ合うように残る旧市街は世界遺産にも登録されており、とても一日では観光しきれない魅力がぎゅっと詰まっています。

ガラタ橋の近くでサバサンドを食べたり、新市街のイスティクラル通りでショッピングを楽しんだり、ボスポラス海峡をクルーズしたりと、無限の楽しみ方がある魅惑の都市です。

 

– カッパドキア:奇岩群の大地に気球が浮かぶロマンティックなスポット

アナトリア高原の中央部に広がる奇岩地帯、カッパドキアは、その珍しい大地の形と、空に浮かぶたくさんの気球が魅力の、トルコのなかでも一二を争う観光スポットのひとつです。

カッパドキアの魅力は地上だけではありません。奇岩の中にはキリスト教の壁画が残されていたり、地下には何十メートルにも掘り下げられた地下都市が存在するのです。

大自然の神秘に満ちたカッパドキアは、トルコに来たらイスタンブールと併せてぜひ行っておきたい観光スポットです。

 

– パムッカレ:「綿の城」という名前がぴったりの世界遺産

パムッカレは、何層にもつながる真っ白な石灰棚で有名なトルコの世界遺産です。

パムッカレはトルコ語で「綿の城」という意味で、まさにその名前の通り、辺り一面真っ白な大地が広がる美しいスポットです。

パムッカレは温泉保養地としても知られており、シーズンには多くの観光客で賑わいます。石灰棚の近くにあるヒエラポリスの遺跡群は紀元前190年に始まった都市遺跡!

大浴場や劇場が広範囲に残されています。石灰棚、温泉と併せてこちらも見学しておきましょう。

 

– その他も見所たくさん!モデルコースもご紹介!

イスタンブールやカッパドキア以外にも、トルコには、まだまだ魅力的な都市がたくさんあります。黒海側と地中海側、西側と東側ではまったく表情が違うトルコの各都市は、旅の目的やベストシーズンも都市によって異なってきます。

そんなトルコ各都市の魅力を余すところなく紹介している記事を読めば、「こんなところもあったんだ」という発見があるはず。また、おすすめのモデルコースについても紹介しているので、どのルートで観光しようか迷っている方にはぜひ参考にしてもらいたい記事です。

◾️【トルコの観光おすすめ情報】イスタンブールやカッパドキア以外の観光地も網羅!トルコ通の筆者が紹介する旅行モデルコースも充実♪

 

トルコのグルメ:トルコの食事と言えばケバブ!サバサンド!

トルコに来て絶対に食べたいものといえば、イスタンブールのガラタ橋の名物、サバサンド!

焼いたサバをパンに挟んでレモン汁をかけただけのとってもシンプルなソウルフードなのですが、想像以上に美味しく、パンとサバという斬新な組み合わせにハマってしまうこと間違いなしです。

こちらの記事では、現地でのサバサンドの注文の仕方やおすすめのお店、日本でサバサンドを食べることができる場所も紹介しました。気になったらぜひ現地でチャレンジしてみてくださいね!

◾️トルコで食べたいグルメといえばサバサンド!日本国内のおすすめのお店、レシピもご紹介
 

トルコのショッピング:女子必見!バザールはまさに買い物天国!

トルコには、特に女性が大好きなエキゾチックな雑貨がたくさんあります。

様々な色合いのトルコランプ(モザイクランプ)や模様が美しい一枚一枚手描きの絵皿、貴金属製品や絨毯、敷物、魔除けのお守りナザール・ボンジュウなど、数えればきりがありません。

雑貨だけではなく、スパイスやチーズ、はちみつ、中東名物のバクラヴァや、ターキッシュデライト(トルコの悦び)とも呼ばれるロクムという甘いお菓子など、食に関する買い物を楽しめるのもトルコの大きな魅力のひとつです。

 

トルコ旅行で気をつけることや気になること

 

– ラマダン月は超注意!

トルコではほとんどの人がイスラム教を信仰しているため、ラマダンという月は旅行者は少々注意が必要です。イスラム暦のラマダンの月、イスラム教徒は日の出から日没までの一切の飲食を絶ちます。

観光客向けのレストランは営業していたりすることが多いのですが、一部のお店は営業時間が変更されたりするので注意が必要です。

また、飲食を絶っているイスラム教徒の前で堂々と飲食するのも少し配慮に欠けます。

そういった意味で、旅行者はラマダンの時期のイスラム圏への渡航は気を付けなければならないといえるでしょう。

 

– モスクでは、女性はスカーフを忘れずに!

トルコでは、ほどんどの人がイスラム教を信仰しています。日本では当たり前のことも、トルコでは通用しなかったり、マナー違反と捉えられることもあります。

トルコに旅行する前は、イスラム教についての知識の基本をざっくり押さえておくといいでしょう。

トルコではイスラム寺院(モスク)を観光することも多いかと思いますが、その際には女性は必ずスカーフで頭を覆い、髪の毛や耳が見えないようにしましょう。

男性も、短パンなどの露出が多い服装だと入場できないこともあるので注意が必要です。

【トルコの宗教】宗教信者の割合とイスラム教徒の食生活、モスク見学についてトルコ通の筆者が解説

 

– トルコって英語は通じる?

トルコで使われている言語はトルコ語。日本人にはあまり馴染みのない言葉かもしれません。トルコ語がわからないと、トルコへの旅行が不安になりますよね?

せめて現地の人が英語を話してくれたらいいのに、と思うかもしれませんが、そこは安心してください!空港やホテルのスタッフ、観光客向けのレストランやバザールなどで世界各国からの観光客を相手にしている仕事をしている人は話すことができます。

しかし、それ以外のトルコ人は英語を話せる人は多くはありません。不安なかたは旅行会話本などを持って行ってもいいかもしれません。

 

– トルコのビザって必要?

多くの国にビザなしで渡航できる日本のパスポートですが、果たしてトルコに行く場合はどうなのでしょうか。

数日間の旅行でトルコに行く場合は必要ありませんが、ある一定の滞在日数を超えたり、渡航の目的によってはビザの申請や、現地での滞在許可証の取得が必要な場合があります。

出発ギリギリになって、実はビザが必要だった、必要な書類が揃っていない!ということがないように、こちらの記事も渡航前に確認しておくと安心でしょう。

◾️トルコのビザの種類・申請方法・イカメット(滞在許可証)についてトルコ通の筆者が解説!

 

トルコ旅行のおすすめブログ

All mine :)

いままでトルコを実際に訪れた人は、現地でどのような体験をしたのでしょうか?

Compathy旅行者のおすすめ旅行・ツアーブログを厳選して15本紹介したこちらの記事を読めば、旅のヒントがどんどん得られるはずです。

こんな食べ物があるんだ、こんなルートで観光すれば楽しそう、など、新たな発見がたくさんあるはずです。

実際の体験を写真とともに紹介した臨場感あるブログは、旅行前の予習にぴったりです!ぜひ参考にしてみてください。

◾️トルコの旅行記ブログ:イスタンブールやカッパドキアに行く前にぜひ読みたい!Compathy旅行者のおすすめ旅行・ツアーブログ15選

 

おわりに

ありとあらゆるトルコに関する情報をまとめた記事、いかがでしたか?

特に、いままでトルコに実際に旅行した人が書いたブログは、旅の日程を決めたり、ガイドブックには載っていないようなヒントがたくさんあったりして読みごたえがあります。トルコ旅行の予習になりそうなブログばかりですので、どんな風に旅ができるのか、ぜひチェックしてみてください。

また、イスタンブール空港については2019年春に開港したばかりでまだまだ情報が少ないのが現実です。Compathyの記事を読んで、最新情報を確認してみてくださいね!

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Zon(ぞん)

Zon(ぞん)

トルコ イスタンブールの魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。海とモスクと飛行機が大好き。 >> instagramページ



関連する旅行カテゴリ

# トルコの観光 # トルコ

関連する旅行記事