【デンマークの治安】人気観光エリアの治安は良い?悪いの?デンマークに詳しい筆者が外務省データや体験談を交えて紹介

北欧の人気観光地として知られているデンマークは総人口578万人の小さな国です。今回の記事はデンマークの首都コペンハーゲンや北部に位置する都市オールボー、デンマーク最古の都市オーデンセについての治安や安全性について、詳しくご紹介します。デンマークへの旅行をご検討している方は、紹介する内容を是非参考にしてみてください。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy MagazineのHirokoです。デンマークの治安情報についての寄稿がありましたのでご紹介します!!

世界一国民が幸せな国としても知られているデンマーク王国は、自然豊かでヨーロッパの古き良き建築物が多く残っている国です。

世界各国から、そして日本からの直行便もあるため、日本からの観光客も近年増えてきています。

公用語はデンマーク語ですが国民のほとんどが英語を話すことができるため、日本人でも気軽に旅行ができると評判も高く、他のヨーロッパ諸国と比べると治安が良いことでも知られています。

ヨーロッパはスリや引ったくりなどの犯罪が多いのが現状。楽しく旅を終えるためにも、デンマークを旅行する際に気をつけたいこと・注意点を頭に入れておきましょう。

 

■目次
1.外務省の危険度レベル
2.犯罪/事件などの発生状況と注意点概要
3.デンマークの治安が良い・悪い場所/地域エリアの治安と注意点
4.旅行や留学の滞在や生活における、治安状況と注意点
5.デンマークの夜の過ごし方
6.海外旅行の緊急時に備えた準備と心構え
7.パスポートの紛失・盗難
8.個人でできる犯罪・事件対策について
9.緊急連絡先
10.あわせて読みたい!デンマークの旅行・観光ページ

 

外務省の危険度レベル

海外の安全については、外務省から出ている海外安全ホームページを確認すると、どの地域が危険なのかわかるようになっています。

デンマーク全域で注意喚起や危険情報は出されていませんが、観光客の多いコペンハーゲン市内や移民の多く住むエリアはスリや引ったくりに合わないように十分注意する必要があります。

外務省海外安全ホームページには現地大使館・総領事館からの最新安全情報も記載されているので、あらかじめ確認しておきましょう。また、犯罪率の調査報告には、デンマーク市内の犯罪率は低いと記載されています。

■参考:外務省 海外安全ホームページ(危険・スポット・広域情報)

 

犯罪/事件などの発生状況と注意点概要

様々な目的でデンマークに渡航する日本人が増えてきているようですが、安全な国デンマークでも滞在中に犯罪に巻き込まれる可能性もあると言えます。

移民・難民がデンマークには多く住んでいて、ヨーロッパ諸国とは陸続きで入国できるため、テロや犯罪が必ず起こらないとは限りません。

外務省のWebページではデンマークに関する安全の手引きが確認できるようになっているので、渡航をする際には目を通しておきましょう。

安全の手引きにはデンマークでの犯罪発生状況や、犯罪防犯のための具体的な注意事項が書かれています。

■参考:外務省 海外安全ホームページ(安全の手引)

 

1 2 ... 11
Hiroko

Hiroko

ヨーロッパ最後の秘境と言われているデンマーク・フェロー諸島に在住。趣味は旅行、ハイキング、スノーボード。行ってみたい!と思ってくれるような記事を書くことが目標です。



関連する旅行カテゴリ

# デンマークの観光 # デンマーク

関連する旅行記事