【ブータンの観光】定番〜穴場まで!ブータン観光スポットを徹底的に紹介します!

今や「幸せの国」が代名詞でもあるヒマラヤの王国ブータン。この言葉に通じる「国民総幸福量(GNH)」を先代国王が提唱したのは1972年。既に約半世紀がたちました。かつての“秘境の王国”には観光客もずいぶん増えましたね。では、ブータン観光ときいて、具体的な観光スポットは思い浮かびますか。今回はブータン観光を徹底解説します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

 

■目次
1.幸せの国、ブータン王国の魅力とは?
2.観光都市・パロのおすすめ観光地 / スポット
3.観光都市・ティンプーのおすすめ観光地 / スポット
4.見逃せない!ブータンの地方都市
5.ブータンで体験したいこと

 

見逃せない!ブータンの地方都市

 

プンツォリン

インドからブータンへ陸路で入る南の玄関口プンツォリン。首都ティンプーから、ほぼ真南に150キロです。

いまだ国内の道路網は限られているブータンですが、実は、このプンツォリン~ティンプー間は、1962年に開通したブータン初の自動車道です。

ブータン建築のゲートの向こうはインドの町ジャイガオン。プンツォリンの町は、ブータン人とインド人が行き交い活気があります。

ブータン旅行では、このプンツォリからスタートするのもおすすめです。

トロピカルな標高300メートルから、ヒマラヤを仰ぐ2,400メートルのティンプーまで、ブータンのバラエティ豊かな自然が体験できますよ。

スポット名:プンツォリン(Googleマップ)

 

ウォンディポダン

首都ティンプーから、ほぼ真東に70キロの町ウォンディポダン。標高は約1,300メートル。かつて、古都プナカとブータン東西とつなぐ交通の要でした。

1638年建立のゾンは、ブータンで3番目に古く、プナサンチュー(川)を見下ろす高台に建っていましたが、2012年の電源ショートによる火災で全焼。現在、再建プロジェクトが組まれています。

ゾンのある尾根沿いには、ウォンディポダンの旧市街が広がります。ティンプーから、ウォンディポダンへの途中、標高3,150メートルのドチュ・ラ(峠)があります。

天候が許せば、ブータン最高峰ガンカー・プンスム(7,570メートル)などブータンヒマラヤが望めます。

スポット名:ウォンディポダン(Googleマップ)

 

1 ... 8 9 10 ... 15
Tomocomté

Tomocomté

コンテチーズの産地フランシュ・コンテ地方在住のTomocomtéです。日本の旅行業界に25年あまり在職していました。その間95か国を訪問。得意とした旅の企画はヨーロッパの田舎やアジア、アフリカ、中南米などの秘境・辺境。世界には知られざる魅力的な場所がいっぱい!皆さんの旅のお役に立てれば嬉しいです。 ■ブログ:「世界を深く知る旅」https://ameblo.jp/le-tourisme-durable/ ■Amazon写真集 :『雪景色に癒されるフランスの田舎』https://www.amazon.co.jp/dp/B07NBV6NZK



関連する旅行カテゴリ

# ブータンの観光 # ブータン

関連する旅行記事