【ブータンの観光】定番〜穴場まで!ブータン観光スポットを徹底的に紹介します!

今や「幸せの国」が代名詞でもあるヒマラヤの王国ブータン。この言葉に通じる「国民総幸福量(GNH)」を先代国王が提唱したのは1972年。既に約半世紀がたちました。かつての“秘境の王国”には観光客もずいぶん増えましたね。では、ブータン観光ときいて、具体的な観光スポットは思い浮かびますか。今回はブータン観光を徹底解説します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

 

■目次
1.幸せの国、ブータン王国の魅力とは?
2.観光都市・パロのおすすめ観光地 / スポット
3.観光都市・ティンプーのおすすめ観光地 / スポット
4.見逃せない!ブータンの地方都市
5.ブータンで体験したいこと

 

タクツァン僧院

まさに「ブータン観光のハイライト」。標高2,900メートルの断崖絶壁に建てられたタクツァン僧院。

8世紀ブータンに仏教を伝えたパドマ・サンババ(グル・リンポチェ)が、虎の背に乗り舞い降りた場所といわれています。

建立されたのは1692年。現在の僧院は、1998年の火災後に再建された建物ですが、片道約3時間ハイキングの果てにたどり着いた時の感動は格別です。

標高2,000メートル以上の山道ですので、水分補給と無理せぬペースを忘れずに!タクツァン僧院の観光には、余裕をもって1日は確保したいですね。

スポット名:タクツァン僧院(Googleマップ)

 

パロ銀座

ブータンに“銀座”?「パロ銀座」はいわゆるパロのメイン通りです。観光の途中に、お土産探しなど散策してはいかがでしょうか。

まるで時代劇のセットのように、通りの両側にブータン建築の店やレストランが建ち並び活気があります。通りからは、パロ・ゾンやタ・ゾンも見えますよ。

パロでもホテルが増えましたが、町の中心からはやや離れている場合も多いので、パロの町の雰囲気を味わうには是非おすすめです。

素敵な切手を探しに郵便局に行くのもよいでしょう。

スポット名:パロ銀座(Googleマップ)

 

1 ... 4 5 6 ... 15
Tomocomté

Tomocomté

コンテチーズの産地フランシュ・コンテ地方在住のTomocomtéです。日本の旅行業界に25年あまり在職していました。その間95か国を訪問。得意とした旅の企画はヨーロッパの田舎やアジア、アフリカ、中南米などの秘境・辺境。世界には知られざる魅力的な場所がいっぱい!皆さんの旅のお役に立てれば嬉しいです。 ■ブログ:「世界を深く知る旅」https://ameblo.jp/le-tourisme-durable/ ■Amazon写真集 :『雪景色に癒されるフランスの田舎』https://www.amazon.co.jp/dp/B07NBV6NZK



関連する旅行カテゴリ

# ブータンの観光 # ブータン

関連する旅行記事