【ブータンの観光】定番〜穴場まで!ブータン観光スポットを徹底的に紹介します!

今や「幸せの国」が代名詞でもあるヒマラヤの王国ブータン。この言葉に通じる「国民総幸福量(GNH)」を先代国王が提唱したのは1972年。既に約半世紀がたちました。かつての“秘境の王国”には観光客もずいぶん増えましたね。では、ブータン観光ときいて、具体的な観光スポットは思い浮かびますか。今回はブータン観光を徹底解説します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


 

■目次
1.幸せの国、ブータン王国の魅力とは?
2.観光都市・パロのおすすめ観光地 / スポット
3.観光都市・ティンプーのおすすめ観光地 / スポット
4.見逃せない!ブータンの地方都市
5.ブータンで体験したいこと

 

観光都市・パロのおすすめ観光地 / スポット

ブータンの「空の玄関」パロ。現在、国際空港はパロにしかありませんので、空路でブータンを観光する方は必ず土を踏むことになります。

ブータン国営のドゥックエアで着陸する際は、山に囲まれ迫力満点!運が良ければブータンヒマラヤのチョモラリ(7,314メートル)が見られますよ。

そして、降り立った空港ビルディングはブータン建築、入国係官も民族衣装。一気にブータン旅行の気分が高まります。

パロは、高台から見る田園風景が印象的です。標高は2,300メートル程度ですので、通常は高山病の心配もありませんが、ややゆっくりの動作がおすすめです。

 

パロゾン

ブータン独特の建物である「ゾン(Dzong)」。その建築の美しさからも、ブータン観光にはか欠かせません。

ではソンとは何でしょう。歴史は17世紀にさかのぼります。それは、チベットを脱出し、ブータンで建国を果たした僧侶シャブドゥン・ガワン・ナムゲルが、対チベットでブータン各地に築いた要塞でした。

現在は「県庁」とブータンの国教チベット仏教カギュ派ドゥクパの「僧院」が共存するユニークな施設となっています。

パロ・ゾンは、見晴らしのよい高台にあり、映画「リトル・ブッダ」のロケ地として有名です。ソンからパロ・チュー(川)に架かる屋根付き橋への散策はおすすめです。

スポット名:パロゾン(Googleマップ)

 

12 3 4 ... 15
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Tomocomté

Tomocomté

コンテチーズの産地フランシュ・コンテ地方在住のTomocomtéです。日本の旅行業界に25年あまり在職していました。その間95か国を訪問。得意とした旅の企画はヨーロッパの田舎やアジア、アフリカ、中南米などの秘境・辺境。世界には知られざる魅力的な場所がいっぱい!皆さんの旅のお役に立てれば嬉しいです。 ■ブログ:「世界を深く知る旅」https://ameblo.jp/le-tourisme-durable/ ■Amazon写真集 :『雪景色に癒されるフランスの田舎』https://www.amazon.co.jp/dp/B07NBV6NZK



関連する旅行カテゴリ

# ブータンの観光 # ブータン

関連する旅行記事